TBSドラマ『Heaven?』第1話視聴率発表。あらすじと視聴者の反応…石原さとみ、福士蒼汰等の演技に問題あり?

石原さとみ

石原さとみさん主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系 火曜22時)の第1話が9日に放送され、初回平均視聴率が10.8%(関東地区)だったことが明らかになりました。

9日までにスタートした夏ドラマの初回平均視聴率は、上野樹里さん主演の『監察医 朝顔』(フジテレビ系 月曜21時)が13.7%、大泉洋さん主演の『ノーサイド・ゲーム』(TBS系 日曜21時)が13.5%となっています。

TBS系火曜ドラマ(火ドラ)では今年1月期に深田恭子さん主演『初めて恋をした日に読む話』(はじこい)、4月期に吉高由里子さん主演『わたし、定時で帰ります。』(わた定)が放送され、“はじこい”は初回平均視聴率が8.6%、全10話の期間平均視聴率が8.5%、“わた定”は初回9.5%、全話平均が9.7%でした。

また、昨年放送の作品を見ると、1月期放送の吉岡里帆さん主演『きみが心に棲みついた』は初回9.4%、全話平均7.7%、4月期の杉咲花さん主演『花のち晴れ』が初回7.4%、全話平均8.3%、7月期の綾瀬はるかさん主演『義母と娘のブルース』は初回11.5%、全話平均14.2%、10月期の有村架純さん主演『中学聖日記』が初回6.0%、全話平均9.6%でした。

石原さとみ主演の『Heaven?』は火ドラ枠では1年ぶりの2ケタスタートとなっており、まずまずの数字と言えそうです。

このドラマは、1999年~2003年に青年漫画雑誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載された佐々木倫子さん原作漫画『Heaven?』(全6巻)の実写化で、原作の主人公・伊賀観たちを振り回す風変わりなレストランオーナー・黒須仮名子が主人公に変更されています。

<↓の画像は、石原さとみさん主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の写真>
TBSドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』

ストーリーは、三流のミステリー作家でもある謎多き女性・黒須仮名子が、「自分が心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という欲求を満たすことを目的に、フレンチレストラン「ロワン・ディシー(この世の果て)」を開業するにあたり、7人の個性豊かな従業員を自らスカウトし、そこで繰り広げられるドタバタ劇を描いたコメディドラマとなっています。

仮名子にスカウトされる従業員役には、原作の主人公で真面目な性格をしていて営業スマイルができないフレンチレストラン勤務の伊賀観役を福士蒼汰さん、元・美容師見習いで無邪気な性格の川合太一役を志尊淳さん、牛丼屋店長の堤計太郎役を勝村政信さん、人に言えない秘密を抱える一流シェフの小澤幸應役を段田安則さん、資格取得を趣味とする元・銀行員の山縣重臣役を岸部一徳さんが演じます。

他に、見習いコックの月川陽平役を大重わたるさん、高遠大地役を松本ししまるさん、「ロワン・ディシー」近くの石材店店主で店の常連客・鱸克雄役を田口浩正さん、仮名子の友人でエッセイストの和田英代役を内田慈さん、常連客の小枝繁役を矢柴俊博さん、幹みのり役を上田遥さん、謎の紳士役として舘ひろしさんが出演しています。

<↓の画像は、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』登場人物の相関図写真>
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』人物相関図画像

9日放送の第1話あらすじは、フレンチレストランで働く伊賀観は営業スマイルもできず、仲間や客からも全く評価されていない中で、店に現れた黒須仮名子は才能を高く評価し、「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」と言って、自身のレストラン従業員にスカウトします。

そんな仮名子の言葉に心を打たれてレストランに向かったところ、店は駅や繁華街、住宅街からも離れた墓地の中にあり、それも他にスカウトされた従業員たちは自分以外フレンチ未経験という素人ばかりで、なぜ仮名子は素人ばかりを集めたのか、果たしてこれで4日後に店をオープンすることは出来るのか…という展開でした。

そして、第1話終了時点での視聴者の感想を見てみると、

  • 時代遅れなメイクにファッション。どうしてこういうタイプの役を選ぶのでしょうか?
    石原さとみのタカビーな役、嫌いです。ドラマも面白くなかったし、1話脱落。
  • 個人的には面白かったが、配役は新鮮さがない。校閲ガールみたいだなと思った。リアリティゼロだが、私はすきかな。
  • 石原さとみの演技が今までと変わらず高飛車で不快感しかなかったです。
    最後まで観て「見る価値なし」でした。もう少し品のある演技して欲しいな。残念です。
  • 空振りにつぐ空振り。しんどかった。そして途中で寝てしまった。
    でも、もう一回見てから今後を決めようと思う。まさかこれが続くなんてことはないよね。
  • 原作は好きだけど、幽体離脱みたいな吹き出しもう少し何とかならない?
    原作の字体変えた独特の一言は漫画なら面白いが、実際に霊魂みたいな映像込みでやらなくても良いと思う
  • 壁の張り紙や遺影の写真がサンシャイン池崎(イエーイと遺影をひっかけた?)、岸部一徳さんが相棒の右京さんの口ぐせ「一つよろしいですか?」を連発したり、志尊くんが夢屋まさるにしか見えなかったりと、小ネタや個性派俳優さんを集めたのはいいけど、なんかガチャガチャして終わった。
    せっかくの個性派俳優さんたちが活きてない感じ。
  • 石原さとみさん、レストランというよりキャバレー用の化粧、服装、勘弁してください。
    冨士眞奈美路線に変更するつもりかな。中年おばさんみたいです。福士蒼汰さんの棒読み演技、ガックリ。
  • ノリが古臭くて、笑いどころがわからなかった。心の声の演出がしつこすぎてきつい。
    石原さとみもワンパターン、福士蒼汰が棒。来週は見なくていいかなって感じです
  • 前作高嶺の花に続き作品に恵まれないね。今回は脚本というより演出。
    ただでさえ福士さんが大の苦手なところにきて、あのキャンキャンうるさい男の子…こりゃリタイヤまっしぐらかも。楽しみにしてたのに残念。

などと厳しいコメントが数多く寄せられています。

特に多いのが石原さとみさんの濃いメイクと派手な衣装、演じている高慢、高飛車で傲慢な雰囲気の主人公が受け付けないといった声、さらに福士蒼汰さんのセリフが棒読みで演技が硬いとして、“棒演技”と揶揄する声も見受けられます。

石原さとみさんは近年主演した作品では、昨年1月期放送の『アンナチュラル』(TBS系)などで高い評価を受けた一方、同7月期放送の『高嶺の花』(日本テレビ系)で演じた役柄では酷評され、視聴率にも大きな影響を及ぼしており、『アンナチュラル』は全話平均11.1%だったものの、『高嶺の花』は9.5%と期待を下回る結果でした。

また、福士蒼汰さんはイケメン俳優として高い人気を得ていますが、演技の方は微妙だと言われており、これまで主演した作品では良い結果を残せていないものが多く、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』も放送開始前から不安視されていました。

第1話終了時点では、視聴率が大コケ、爆死となりそうな気配が漂っていますが、まだまだスタートしたばかりなので、今後どうなっていくのか引き続き見守っていきたいですね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMjEy

    マイリトルシェフとランチの女王に既視感

  2. 2
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    石原さとみも女優さんだけど上手い印象がない
    B級ドラマでも深キョンのドラマは見ようかな。

  3. 3
    匿名
    ID:MjE3NTUzNDM=

    つまんなかった!
    石原さとみ可愛いし、福士蒼汰見たさに見たけど。
    本当つまんなかった!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について