TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』最終回視聴率20%超え達成! 逃げ恥ロス視聴者続出! 続編化・映画化の可能性あり?

新垣結衣と星野源

女優の“ガッキー”こと新垣結衣さん(28)の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系 火曜22時)の最終回が20日に15分拡大で放送され、平均視聴率が自己最高の20.8%(関東地区)を記録したことが明らかとなりました。

前回の第10話で記録した17.7%から3.7%もアップしており、瞬間最高視聴率も22.7%を記録しています。

『逃げ恥』は、初回平均視聴率が10.2%とそこまで高くない数字だったものの、第2話で12.1%を記録し、2014年に新設されたTBSの火曜ドラマ枠の最高視聴率を更新。

その後も視聴率は右肩上がりで、第3話は12.5%、第4話は13.0%、第5話は13.3%、第6話は13.6%、第7話は13.6%、第8話は16.1%、第9話は16.9%、第10話は17.1%、最終回(第11話)では初回の倍以上となる自己最高の20.8%を記録して有終の美を飾り、全11話の期間平均視聴率は14.5%となっています。

ちなみに、北海道地区の最終回の平均視聴率は25.4%と、6週連続の20%超えとなっており、瞬間最高視聴率も31.0%を記録しています。

最終回では、津崎平匡(星野源さん)が森山みくり(新垣結衣さん)に対して、これまでの「雇用主と従業員」という関係から「共同経営責任者」として関係を構築することを提案し、新たな関係性を築いていく姿などが描かれていました。

また、最終回ではNHK大河ドラマ『真田丸』のパロディシーンがあったり、平匡の同僚・日野(藤井隆さん)の妻として、藤井さんの妻でタレントの乙葉さんがサプライズ出演するなどの演出があり、視聴者の間で大きな話題になっていました。

そして、最終回の視聴率は20%超えを達成し有終の美を飾ったのですが、最終回を終えてネット上では、

  • 今季最高のドラマだった。毎回食い入るようにして見てしまいました。本当に楽しかった。素晴らしいドラマでした。
  • 上手くいった後の方が大変。でもなんとか2人でやっていくという感じの最終回がすごくよかった。甘いだけじゃないリアルなラブコメでした。
  • 夫婦も越えたし20%も越えたし良かったなぁ。
  • こんなに終わっちゃって寂しい!と思うドラマは最近ではなかった。来週から火曜日の楽しみがなくなると思うと本当にさびしい・・・
  • 逃げ恥ロスにはならない…逃げ恥ロスにはならない…(暗示中)
  • 逃げ恥ロスつらすぎる…終わんないでーーー!!!
  • 強く強く続編希望!!!
  • 続編希望です。映画化希望です
  • 映画にすると日常劇じゃ持たなくて、今まででもドラマからの映画化とか、なんか急に海外とかに行っちゃうことが多い気がして…一気にかけ離れて冷めてしまう内容になりそうなので、特番とかにしてほしい

などのコメントが寄せられています。

最終回終了後から「逃げ恥ロス」という言葉が飛び交う事態になっており、続編化を希望する声も多く上がっているのですが、TBSの火曜ドラマとしては異例の大ヒットで、TBS系のドラマとしては昨年10月期放送の『下町ロケット』(日曜21時)以来のヒットですね。

これによって早くも視聴者からは、続編化や映画化を希望する声が多く上がっているのですが、逃げ恥のプロデュースを手掛けた峠田浩プロデューサーは、ニュースサイト『リアルサウンド』のインタビューで「続編や映画化についてもよく聞かれますけれど、いまのところは何も予定はなく、今夜の放送ですべてを出し切るつもりです。」と語っており、現時点では続編化や映画化の可能性は低いとみられます。

しかし、最終回で20%超えをしたことを受けて、今後スペシャルドラマや続編などが放送される可能性は十分あるため、今後の展開に期待したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について