TBSが大規模改編発表。週刊さんまとマツコ放送開始、スーパーサッカーは打ち切り。新番組と終了番組が明らかに

明石家さんまとマツコ・デラックス

TBSが16日、今年4月期の改編説明会を行い、1993年スタートのサッカー情報番組『スーパーサッカー』(日曜24時50分)や、『CDTVサタデー(旧・COUNT DOWN TV)』(土曜24時58分)の打ち切り終了を発表しました。

また、明石家さんまさんとマツコ・デラックスさんによる新バラエティ番組『週刊さんまとマツコ』を日曜18時半枠で放送し、同時間帯に放送の国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)に勝負を挑むことが正式発表されました。

まず、1993年10月から放送の『スーパーサッカー』の打ち切り理由について、TBSの三島圭太・編成部企画総括は、「総合的な判断で。長きにわたって貢献してまいりましたが、一定の役目を終えたということで、スーパーサッカーとしては終了とさせていただきました」と説明しています。

ただ、サッカーに関するニュースは今後も伝えていくとし、「(放送時間が)拡大される『S☆1』などでもサッカーの情報を扱っていくので、引き続き、サッカーファンの方はを『S☆1』をご覧になっていただけたら」としています。

『S☆1(エスワン)』は現在、土曜24時30分~同58分、日曜24時00分~同50分の2枠で放送しているのですが、日曜深夜版の放送時間を10分拡大し、午後0時からの1時間番組になるとのことです。

また、1993年4月スタートの音楽番組『CDTVサタデー(旧・COUNT DOWN TV)』も3月をもって終了し、昨年3月スタートの生放送番組『CDTVライブ!ライブ!』(月曜22時)の放送枠を月曜21時へ移動するとしています。

この改編について瀬戸口克陽・編成局長は、「昨年4月にゴールデンの進出を果たし、この4月はこちらへの注力をしていくということになった」と説明しています。

そして、4月から日曜18時半枠では、明石家さんまさんとマツコ・デラックスさん出演の『週刊さんまとマツコ』を放送するとし、この番組は2人が思う存分喋り倒すことを基本としながら、ある時にはお互いを「会わせたい人」のもとへ行ったり、ある時にはスタッフが提案する「2人が行ったら面白いことが起こりそうな場所」へ行くなど、型に収まらない番組作りを目指すとのことです。

この他に、トークバラエティ番組『バナナサンド』(水曜23時56分)は4月から火曜20時、『アイ・アム・冒険少年』(月曜21時)は月曜19時、『教えてもらう前と後』(火曜20時)は月曜22時へ移動

ダウンタウン・浜田雅功さんMCのクイズバラエティ『オオカミ少年』が金曜19時枠、T.M.Revolution・西川貴教さんと霜降り明星が出演の音感バラエティ番組『オトラクション』が火曜19時枠でレギュラー放送されます。

また、『バナナマンのせっかくグルメ!!』(日曜20時)の“朝版”として、4月から新たに『バナナマンの早起きせっかくグルメ!!』が日曜午前6時枠で放送、『王様のブランチ』の“深夜版”『よるのブランチ』は4月から水曜23時56分枠で放送開始となり、打ち切りと報じられていた『噂の!東京マガジン』(日曜13時)は4月からBS-TBSで放送継続となっています。

TBSの4月期改編率は、全日帯(6時~24時)が19.17%、ゴールデン帯(19~22時)が32.86%、プライム帯(19~23時)が35.36%となっており、ゴールデン・プライム帯の改編率が30%を超えるのは7年ぶりとのことです。

今回の編成方針は「より多くの家族に届く番組を」とし、「2020年度通期(~2021年1月)のTBSテレビのファミリーコア(男女13~59歳)視聴率は、前年度と比べて全日、ゴールデン・プライム帯で0.5ポイント上昇し、視聴者属性の若返りは一定の成果をあげつつあります」と説明しています。

TBSは4月から改革の“第2フェーズ”へと移るといい、重点とするターゲット視聴者層を上下10歳若返らせ、「午前帯とゴールデン帯19時枠を中心に、『新ファミリーコア(4歳~49歳)』で楽しく見られる番組をさらに増やし、タイムテーブルの強化も目指します。4月ドラマも枠の特性に合わせ、魅力的なラインアップを揃えています」としています。

今回の改編のポイントは大きく分けて2つあり、1つ目は朝の帯番組の強化、2つ目はゴールデン帯の入口の強化で、月・火・金・日曜は新バラエティ番組を入口に配置したとのことです。

月曜は19時台に『有田プレビュールーム』を放送していましたが、4月から『アイ・アム・冒険少年』に変更、火曜日は『この差って何ですか?』→『オトラクション』、金曜は『爆報! THE フライデー』→『オオカミ少年』となります。

日曜夜は『週刊さんまとマツコ』を入口に、19時台に『坂上&指原のつぶれない店』、20時台に『バナナマンのせっかくグルメ!!』、21時台はドラマ枠の日曜劇場という流れで、「日曜日の縦流れを強化。日曜日はずっと苦戦をしていましたが、ようやく他局と肩を並べられる状態になりました。さらにそこに弾みをつけたい」とTBSはコメントしています。

そして、TBSの大規模改編発表を受けてネット上では、

  • TBSテレビといえば、派手な改編をする割にコケる印象が・・・
  • 平日の昼間と土曜日のゴールデンタイム、またドラマ枠設けてほしい
  • 恐らくスペシャル乱発で、テレビ朝日の月曜・火曜と同様に原形の放送時間がわからなくなるパターンか?
  • 最近の民放各局は、「入り口強化」で6時半や6時45分からG帯の番組を始めたりするが、大して意味ないよ!視聴者にとってはどうでもいい。
  • なんかますますバラエティー色が強くなったね。スーパーサッカーやCDTVが終わって巨人一色のスポーツバラエティーであるS☆1が拡大されるしね。そのうち朝から晩までバラエティ一色になるのかもね。
  • バナナサンドはゴールデンに行って欲しくない!深夜で出来ていた内容が出来なくなってしまう。ただのトーク番組に成り下がりそうだな。
  • 今のテレビ業界は同じようなタレントが出ていて新鮮味が全くない!今回の編成も全く魅力が無い!ますますTBS離れが進むよな
  • 我が家ではだんだんTBSから遠ざかって行く、これからは高年層が多い世の中になるのに若者中心とは如何なものでしょうか?
  • やべっちFCも終わり、スーパーサッカーも終わり、地上波からサッカーファンのための番組が無くなっていくね。
    S☆1なんてプロ野球ファン、それも巨人ファンのためだけのスポーツバラエティー番組だから、サッカーファンの視聴者は確実に減るだろうね。
  • やべっちも終わりスパサカも終わり…まぁ予算と視聴率の関係っていうのは分かるけどもう少し考えて欲しい
    地上波のサッカー番組がどんどんなくなるのは寂しい
  • さんまとマツコのコンビってのが凄いね。しかも、さんまが6時半って。どうでもいいけど坂上の番組なんて終わらせればいいのに。
  • 坂上の潰れない番組は潰さず、新番組の『週刊さんまとマツコ』って30分番組なの?TBSお得意の不定期隔週で1時間半になったり、2時間半になったりするパターンかな

などの声が上がっています。

各時間帯の視聴率は、民放では日本テレビとテレビ朝日がトップ争いを繰り広げており、2019年度(2019年4月~2020年3月)の平均視聴率は、日本テレビが3冠を達成し、2位がテレビ朝日、3位がTBS、4位がフジテレビ、5位がテレビ東京でした。

<↓の画像は、2019年度の各テレビ局の視聴率一覧の写真>
テレビ局の視聴率・2019年度視聴率一覧

2020年の年間視聴率(世帯視聴率)も、日本テレビが全日帯とゴールデン帯で2冠、テレビ朝日がプライム帯でトップに立つ結果で、TBSは民放3位という状態が続いています。

ただ、TBSはドラマが好調で、各時間帯に放送のドラマが上位にランクインしており、昨年放送したドラマのタイムシフト視聴率(録画視聴率)は上位を独占し、1位が『半沢直樹』、2位が『テセウスの船』、3位が『私の家政夫ナギサさん』、4位が『恋はつづくよどこまでも』と『MIU404』、6位が『お金の切れ目が恋のはじまり』となっていました。

そのため、ドラマ以外のバラエティ番組などで数字が取れるようになれば、年間視聴率のトップ争いに食い込む可能性が高まり、現時点で新番組のラインナップや、長寿番組の打ち切りに対して不満の声が多く上がっていますが、今回の大改編がどのような結果を生むのか注目ですね。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/16/kiji/20210216s00041000298000c.html
  • https://www.oricon.co.jp/news/2184616/
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20210216/geo21021614250020-n1.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/16/kiji/20210216s00041000314000c.html
  • https://natalie.mu/owarai/news/416508
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について