NHK大河ドラマ『麒麟がくる』放送開始日延期決定。沢尻エリカ降板で川口春奈に交代、撮り直し作業が間に合わず…

麒麟がくる

薬物事件を起こした女優・沢尻エリカ容疑者(33)が降板し、川口春奈さん(24)が代役に起用されたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の放送開始日が、2週以上送れることが決まったと『サンケイスポーツ』(サンスポ)が報じています。

『麒麟がくる』は6月3日から撮影がスタートし、11月中旬の時点で来年3月放送の10話程度まで撮影済みでしたが、第1話から終盤まで登場するメインキャストの沢尻エリカ容疑者が16日、自宅で合成麻薬・MDMAを所持した容疑で逮捕され、NHKは21日に降板を正式発表しました。

<↓の画像が、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』降板の沢尻エリカ容疑者の写真>
『麒麟がくる』降板の沢尻エリカ容疑者

同時に代役には川口春奈さんを起用したことを発表し、早速12月から撮り直し作業に入ると各スポーツ紙が報じていたのですが、サンスポによれば、当初予定していた放送開始日の来年1月5日には間に合わず、放送開始が来年1月19日以降に決定したとのことです。

<↓の画像が、代役に抜擢された川口春奈さんの写真>
川口春奈

サンスポの取材によると25日に、複数の出演者の所属事務所にNHKから『麒麟がくる』放送開始日変更に関する通達があったといい、撮り直し分の撮影は12月初旬からスタートする予定となっているものの、「このスケジュールでは、2週間遅れで済むとはとても思えない」と話す関係者もいるため、放送開始が1ヶ月遅れの来年2月スタートになる可能性もあるとしています。

これに対してネット上の反応を見てみると、

  • トータルはその分短くなるのかな。1時間半短くなるってかなりだよね。
    毎週5分くらい伸ばせないのかな。ほんとに迷惑な話だな。視聴者にとってもね。
  • 絶対その分減らさないで欲しい。頼みます。演者もまわりも力入れて頑張ってるんだから最後までいいもの見たい
  • まー、1ヶ月遅れでも放送できるようで良かったね。しかし、スタッフも他の俳優さん達もいい迷惑だよなぁ。
    沢尻1人にこんなに振り回されて。6月からやってた事が水の泡だったわけだからね。
  • 川口さん出演場面の共演者となる、ほかの俳優さんや女優さんのスケジュールも合わせる必要あるし、深夜の撮影とか、いろいろな方が大変な思いで撮影して、よく2週間遅れでスタートさせると思う。
  • 大河ドラマの途中で本編の代わりのスペシャルとかやってたからそれを無くせば同じ回数で済むかな…
    元々、オリンピックでどういうスケジュールだったのか分からないが、何とか調整出来そうな気がする。
    だいたいいつも何回かあまり進展のない内容も薄い回は大河にあったりしたからそこを何とかしたら大きく変わらないかもね。
  • ラジオでナイナイの岡村隆史さんが言っていたけど、ロケをしたところの撮り直しってなったら本当に大変。
    季節や天候もあるし、それに何より他の俳優さん達には、OKテイクになった、もう一度同じ芝居をしなければいけない。
    多少の遅れで、よく放送まで漕ぎ着けられそうになったよ。
    大変でしょうけどスタッフ演者の皆さんが一つになって是非乗り切って欲しいです。
  • さすがに1カ月分も話を圧縮するのは痛すぎるから、なんとか1カ月もかからないよう、NHKはなんとかするとは思うが。
    このところ不満の残る大河作品が続いてて、久々の王道大河作品の登場に、昔からの大河ファンの人たちは首を長くして待っているところに、この有り様。気の毒としか言いようがない。

などのコメントが寄せられています。

NHK大河ドラマは拘束時間が非常に長いことで有名で、撮影開始時期は前年の4月~9月ごろ、クランクアップは翌年の10月前後となっており、1年以上かけて全約50話の撮影を行います。

2016年に週刊誌『フラッシュ』が報じた記事によれば、NHK大河ドラマは撮影終了後に、スタッフを含めて全関係者が撤収してから翌日の撮影開始までに「8時間空ける」という規則があるといい、そのため撮影が2時間遅れれば翌日の撮影開始も2時間遅れとなり、これによって出演者は大河以外のスケジュールを入れることが出来ないそうです。

NHK大河ドラマに出演するには、こうしたルールを受け入れる必要があるとされ、それに加えてギャラも民放局のドラマに比べて低く設定されていることから、NHK大河ドラマに出演することで箔が付き、翌年以降のギャラアップやCMオファーなどが見込めるものの、役者にとってはデメリットが多々ある作品と言われています。

そうした作品でメインキャストとして発表されていた沢尻エリカ容疑者が突然逮捕され、現在NHKは大混乱状態になっています。

NHK大河ドラマは作品によって全50話、全45話前後とまちまちで、途中にスペシャル回などを上手く挟めれば何とか調整できそうな気はしますが、沢尻エリカ容疑者の登場シーンは全て一から撮り直しとなり、その分出演者や制作陣の負担が増え、スケジュール変更も強いられることになるので非常に辛いものがありますね…。

何とかモチベーションを上げ、これから急ピッチで撮り直し作業を行い、当初から予定していた通りの話数、内容を放送できるようにしてもらいたいところですが、今回のトラブルによって半年近い撮影に影響が及んでしまったことから、内容が薄い回などは省略して上手くいい作品に仕上げてほしいものです。

【11/26 12時30分】
NHKが26日、『麒麟がくる』の放送開始日を2週間延期し、来年1月19日からスタートすることを正式発表しました。

なお、現段階での放送回数は未定としています。

参照元
  • https://smart-flash.jp/showbiz/geino/12541
  • https://hochi.news/articles/20191117-OHT1T50050.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    nhkは好きではないが、今回は同情する

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4NzExMTg0

    もはや視聴者は美人ながんばり屋ならだれでもいいよ

  3. 3
    匿名
    ID:MTkyMjkyNjE0

    西内まりやに相談してる川口春奈
    仕事ぶっ飛ばさないかい?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について