M 愛すべき人がいての追加キャスト、第1話あらすじ紹介。田中みな実アナ等も出演、浜崎あゆみをイジメる秘書役挑戦

M 愛すべき人がいて出演の三浦翔平&安斉かれん

歌手・安斉かれんさんと俳優・三浦翔平さんがW主演し、4月18日からスタート予定の新ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系 土曜23時15分)の追加キャストが発表され、元TBSでフリーの田中みな実アナウンサー等の出演が明らかになりました。

『M 愛すべき人がいて』は、ノンフィクション作家・小松成美さんが歌手・浜崎あゆみさん、エイベックスの松浦勝人会長らに取材を行い、誕生に秘められた出会いや別れを描いた自伝的小説が原作で、テレビ朝日とAbemaTVの共同制作でドラマ化し、安斉かれんさんがアユ、三浦翔平さんがレコード会社『A VICTORY』のプロデューサーであるマックス・マサを演じ、脚本は鈴木おさむさんが担当します。

<↓の画像が、W主演する三浦翔平さん、安斉かれんさんの写真>
三浦翔平&安斉かれん『M 愛すべき人がいて』ドラマ共演

<↓の画像は、松浦勝人会長と浜崎あゆみさんの写真>
浜崎あゆみとエイベックス松浦勝人会長のツーショット画像

ドラマでは、1990年代の音楽業界を舞台に、アユとマサの“純愛”や鬼トレーナーによるシゴキ、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、アユとマサの恋を阻む強敵たちとの戦いを描くとされ、「ドキドキハラハラする要素満載のジェットコースター・ラブ作品」としています。

そして、今回発表された追加キャストは、マサの右腕となるオリジナルキャラの流川翔役を『GENERATIONS from EXILE TRIBE』と『EXILE』のメンバー・白濱亜嵐さんが演じ、流川は明るくてチャラい子犬キャラから、悪だくみに利用されたことで変わっていってしまい…という複雑な役どころになっているといいます。

田中みな実アナは、眼帯姿の謎めいたマサの秘書・姫野礼香役を演じ、礼香はマサを愛するあまりに暴走し、既婚者のマサが離婚するのを長年待ち望み、マサに対する強い執着心から、マサが肩入れするアユに対して様々な手を使ってイジメるという役どころとなっていて、アユを念頭に置いて「見えるな~。黒い未来が」「彼女、しぶといですよ、ゴキブリみたいに」と語ったり、アユに直接「人を不幸にする手ね。泥棒の手をしている」と言い放つシーンなどがあるとのことです。

また、福岡から上京したアユが最初に所属する芸能事務所社長・中谷役を高橋克典さん、アユとマサの最大にして最凶の敵となる『A VICTORY』の社長・大浜役を高嶋政伸さん、大浜の秘書・吉田明日香役は田中道子さんが起用されています。

<↓の画像は、『M 愛すべき人がいて』メインキャストのビジュアル写真>
ドラマ『M 愛すべき人がいて』出演者、田中みな実や白濱亜嵐らのビジュアル写真

アユが上京後に初めてできた友人で、歌手を目指している玉木理沙役を久保田紗友さんが演じ、紗友はマサが肩入れするアユへの嫉妬心から、壮絶な嫌がらせを始めるライバルになる存在です。

ダンスを得意とするボーカル&ダンスユニット『ONEPIXCEL』のメンバーで、アユのライバルとして理沙らとイジメに加担する西谷真理役を傳彩夏さん、アユのマネージャー・野島美香役は河北麻友子さん、アユの祖母・幸子役を市毛良枝さん

アユと幸子が身を寄せる東京の親戚・椎名里美役を上野なつひさん、マサが通うバーのマスター・佐山尚樹役を水江建太さん、『A VICTORY』の売り上げに大きく貢献し、絶頂期を極めている人気プロデューサー・輝楽天明役には新納慎也さんが起用されています。

4月18日放送予定の第1話あらすじは、1993年に祖母と福岡から上京しアユは、ギャラが良い東京で売れれば家族の生活が楽になると意気込むも現実は甘くなく、高校に通いながらエキストラのような小さな仕事をする日々を送っていました。

そうした中である日、共に歌手を目指している友人の理沙から、六本木のディスコでカリスマプロデューサーのマサが次世代のスターを探していると聞き、一緒にクラブへ通い始めます。

そして、マサが部下・流川翔に対して「いいと思うやつを連れてこい!」と指示を出し、フロアにいた理沙とアユに声を掛け、マサの前に連れて行くのですが、顔だけを見て切り捨てていくマサのやり方にアユは反抗的な態度を取ってしまいます。

しかし、マサは自分に堂々と意見をしてきたアユに心を動かされ、その翌日にアユに電話をして…というストーリー展開になっているのですが、追加キャスト発表などを受けてネット上では、

  • これは視聴率コケそう
  • 共演者はベテラン俳優だし興味が湧いたけど…
  • あゆが美化されたお話でしょ?見る価値あるのかな
  • どっちにしても見るつもりはないけど、この後も話題の人どんどんぶち込んでくるんだろうな
  • 迷作、ギャグドラマで逆に来クールドラマの中で話題になりそう。あゆ役の娘のぶすくれた顔も含めて、内容もツッコミ所満載だね
  • なんだろう。この訳の分からないドラマは。あゆ大好きだった分ショック。もう過去を売り物にするのやめて欲しい。
    ずっと長瀬智也に向けての歌と思っていたりしたのにな…。社長の愛人の歌とかもう聴きたくない
  • 要するに、原作通りのドラマ化では、引きがなく数字が見込めないから、まったくの別物のドラマに仕立てようって話ですね
  • 田中みな実?見たくないわー。あの鬱陶しい感じすごくイヤ。こんなドラマ低視聴率でコケてしまえ。脚本が鈴木おさむっていうのがまたお寒い。
  • 田中みな実の演技には期待はしていないが、役どころはピッタリハマッているみたいだね。
    彼女のありのままで演技が出来るメリットを生かして、頑張って欲しいものだね。
    小悪魔みな実と意地悪みな実と、普段の自分を出し切れば、案外、女優としてもやっていけるかもね。
  • 田中とあゆ役は除いて、こんなしょうもないドラマによくこれだけのキャスティングができたな。それに一番驚いた。
  • 出演する俳優たちはどんな気持ちなんだろう。プロだから魅せてくれるとは思うけど、こんな茶番ドラマ。。元あゆファンですが複雑。

などのコメントが寄せられています。

各出演者が演じるキャラクター設定などを見る限り、オリジナルキャラクターも加えてかなり脚色しているようで、鈴木おさむさんがテレビ朝日で脚本を担当した『奪い愛、冬』『奪い愛、夏』のように、ドロドロの愛憎劇なども盛り込まれた昼ドラマのような内容になるのでしょうかね。

浜崎あゆみさんをモデルとしたアユ役の安斉かれんさんでは引きが弱いことから、田中みな実アナ演じる秘書は原作で少ししか登場しないものの、ドラマでは登場頻度を増やすとの話が2月時点で週刊誌『週刊新潮』が報じていたのですが、その他のキャストも深夜ドラマにしては豪華な感じです。

しかし、ネット上では相変わらず冷ややかな反応が多く見受けられ、いくらキャストが豪華でもそれが数字に反映されるかどうかは微妙なところですが、ドラマ化する以上は出演者の演技や鈴木おさむさんの脚本によって、原作抜きに楽しめる作品になっていることに期待したいです。

参照元
  • https://www.tv-asahi.co.jp/m-ayumasa/
  • https://mdpr.jp/interview/detail/1981549
  • https://mdpr.jp/news/detail/2002698
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    天下のバーニングなのにしょぼい役ばっかり
    三浦翔平はこれでいいのか

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    みたい?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について