Mステ放送枠移動でタモリ司会降板や番組終了説も浮上…視聴率低迷で内容リニューアルは終わりの始まり?

タモリ

1986年にスタートした長寿音楽番組“Mステ”こと『ミュージックステーション』(テレビ朝日系 金曜20時)が、10月から放送時間が1時間遅い21時からの放送となり、初の放送枠移動ということもって視聴者からは困惑や非難の声が多数上がっていますが、番組司会者・タモリさんの番組降板説が新たに浮上しています。

テレビ朝日は10月に金曜ゴールデン帯(19~22時)の大改編を実施し、19時台に放送のアニメ『クレヨンしんちゃん』と『ドラえもん』は土曜16時30分~の放送となり、10月から19時台には高嶋ちさ子さん、長嶋一茂さん、石原良純さん、サバンナ・高橋茂雄さん出演の『ザワつく!金曜日』が放送されます。

20時台には、マツコ・デラックスさんと有吉弘行さん出演の『マツコ&有吉 かりそめ天国』が深夜からゴールデン昇格、21時台にMステが放送となります。

<↓の画像は、Mステ司会のタモリさん、並木万里菜アナウンサーの写真>
Mステ司会のタモリ&並木万里菜アナ

Mステの小田隆一郎ゼネラルプロデューサーは放送枠移動について、「時間帯が1時間遅くなり、かつ前枠の番組が変わることで、Mステを見て下さる視聴者の方々の層が大きく様変わりすることになると思います。(中略)一方で、今まで同様にこの番組をご愛顧して下さる視聴者の皆さんの“Mステイメージ”を壊す訳にもいきません。(中略)我々スタッフのテンションは今、あがってます!創業から33年にして訪れた初のお引越しを刺激的なチャレンジと捉え、日々、熱い議論を交わしています!」などとコメントしています。

10月からは「より楽しく、より豪華な生音楽番組」を目指し、特別なコラボパフォーマンスやカバーなどに加えて、俳優やスポーツ選手など普段は音楽番組に出演しないVIPゲストをスタジオに招き、アーティストと貴重なトークをしたり、生投票システムやSNSなどデジタルメディアとの連動など、生放送ならではの企画を実施していくそうです。

テレ朝は番組リニューアルに相当な気合いが入っているようなのですが、番組視聴者からは冷ややかな反応が多々上がっています。

しかし、かつては平均視聴率が2ケタをキープしていたMステも、ここしばらく1ケタの視聴率で推移しており、出演者によって多少数字の変化はありますが平均視聴率はだいたい6~8%程度と苦戦しています。

ちなみに、同じ生放送の音楽番組で谷原章介さん司会の『うたコン』(NHK 火曜19時30分)は、高齢者層も意識したアーティストも毎週ゲストに迎え、平均視聴率は9%前後で推移しており、若干ですがMステを上回っています。

<↓の画像は、『うたコン』出演者の写真>
うたコン

そのため、Mステの枠移動やリニューアルなど、テコ入れはある程度仕方がない部分もあるのですが、1986年の番組スタートから33年にわたって金曜20時に放送されてきただけに、視聴者の視聴習慣を乱し、逆にリアルタイム視聴率がダウンする恐れもあります。

突然の放送枠移動によって今後を不安視されるMステでは、タモリさんの動向にも大きな注目が集まっており、ニュースサイト『日刊サイゾー』の記事ではテレビ局関係者が、「『笑っていいとも!』が終了して以来、仕事量をセーブしているタモリさんですが、そろそろ本格的に勇退するのではないかと囁かれ始めています。」と語っています。

1982年10月から放送がスタートした『笑っていいとも!』は、国民的お昼の番組とも言われていましたが、放送開始から31年半後の2014年3月末をもって終了し、番組終了の前からタモリさんの出番が減るなどの明らかな異変が起きており、「もしかしたら今後の『Mステ』についても、同様にタモリの出演時間が減る可能性はあるでしょう」と同関係者は憶測しています。

さらに、もしタモリさんがMステを降板するとなれば、Mステは終了するのではとも囁かれているそうで、「30年以上も続いている番組の場合、大きなきっかけがないとなかなか番組を終わらせることができない。視聴率という点では、すでに継続させる理由もないし、生放送の音楽番組というだけで、予算もかなりかかる。テレビ朝日としても、終わらせるきっかけを探している面もある。リニューアルと言いつつも、店じまいの準備と捉えている関係者も少なくないでしょう」と語っています。

タモリさんの降板やMステ終了については、現時点であくまでも憶測、噂に過ぎない話ではありますが、タモリさんも今年で74歳となりますし、新たな企画の登場などでタモリさんとアーティストのトークも減少しており、タモリさん自身もそろそろと考えていたとしてもおかしくなさそうです。

もしMステから降板や番組終了となれば、タモリさんの出演番組は『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系 金曜24時20分)、『ブラタモリ』(NHK 土曜19時30分)の2本だけとなり、タモリさんの姿を見る機会がさらに減ってしまうのは寂しいものがあります。

Mステは今年で33周年を迎え、タモリさん司会のままでせめて40周年までは放送を続けてほしいですが、果たして今後どうなるでしょうか…。

参照元
  • https://www.cyzo.com/2019/09/post_215058_entry.html
  • https://www.oricon.co.jp/news/2143159/full/
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTg1NjM1NDA4

    ゴールデンの歌番組は貴重だから終わって欲しくないけど、ゲストも少ないし、面白くない。
    大して人気のないジャニーズの救済番組。

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTc2

    いまcd氷河期だからね

  3. 3
    匿名
    ID:MjE2OTMxNDA=

    タモリさんは、お疲れ気味だよ。ブラタモリ見て気づいた。やっぱり70過ぎると体調は大きく変わるらしいからタモリさんも例外ではないのだ。もういいよ。タモリさんの好きな仕事に集中させて、タモリさんに楽しく生きてもらいたい。勿論タモリさんが、Mステを是非というなら別だけど。はっきり言って、タモリ倶楽部だけでいいんじゃない。あんな面白い番組他に無い。タモリさんに、沢山のことを身をもって教えて頂いた。タモリさんを利用したり使い捨てにしようという輩が、テレビ業界にまだ潜んでいるならゆるせない。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について