関口宏がサンデーモーニングで問題発言と炎上…TBS内でも批判噴出か。津波警報・注意報に苦言、謝罪で物議。画像あり

テレビ番組・映画 事件・事故・トラブル

サンモニ司会の関口宏

報道番組『サンデーモーニング』(TBS系 日曜午前8時)で、司会の関口宏さん(78)が問題発言をしていたとしてネット上で炎上状態になっており、TBS内からも批判が噴出していると『東京スポーツ』(東スポ)が伝えています。

16日放送の番組では、日本時間15日13時ごろに南太平洋のトンガ諸島付近にある海底火山で大規模噴火が発生し、その影響で太平洋岸の各地で津波警報・注意報が発令されたことを伝えました。

また、気象庁が今回発令した津波警報・注意報について、地震による通常の津波とは断定していないことを伝え、それでも津波警報・注意報が発令したことについて関口宏さんは「今回のこと何だかよく分かりません」などと語り、専門家が今回の津波について解説を行っていました。

その後、新型コロナウイルスに関する話題に移りましたが、画面上では津波警報・注意報が常に表示され、画面左側で「岩手に津波警報 逃げて」と呼びかけ、画面右上は日本地図で警報・注意報が出ている地域を表示している状態でした。

それにより番組内で掲示したパネルの文字と日本地図が一部重なっており、これに対して関口宏さんは、「画面がどうしても、津波の警報を出すために日本地図をあそこへ出さなきゃなんないんでしょうか? ちょっとこれは見にくいかもしれませんが…今日はちょっとお許しください」と、地図表示が邪魔だとして苦言を呈していました。

<↓の画像が、津波警報・注意報を表示していた画面の写真>
関口宏がサンデーモーニングで津波警報に苦言、炎上画像

この発言が視聴者等の間で物議を醸し、

  • 公共メディアとして、災害に関する情報と警戒を呼びかけることは使命では
  • 危険の可能性がある場合は報道を続けるのが基本じゃない。この人のトンチンカンな発言はMCとして失格
  • 津波は1mでも恐ろしいのに、それを理解してないんだね。こうした認識の人をMCに任せているTBSの危機管理能力等はどうなっているの
  • 国民の命より番組優先。耳も遠いようでMC として機能出来ない。さっさと降板するか番組そのものをやめて欲しい
  • 自分の発言にどんな反響が返ってくるか予想できなくなったんだね。老いた老いたと言われてる田原総一朗やビートたけしよりもよっぽどまずい状態
  • 気象庁が当初「津波の心配はありません」と発表しながら、全くの未知の津波(従来の津波とは言い切れない現象)が気象庁の記録上で初めて発生して、原因も今後の状況も分からないのに津波情報のテロップ消せる訳無いでしょ。
    コロナよりも、いつどの位の高さで来るか分からない津波の情報を伝えるのは、報道機関の義務でしょに…
    それを画面が見にくいからって消そうとするのが信じられない。東日本大震災での津波の被害の惨状を忘れたのか?

などの批判が殺到し炎上状態になっていました。

16日放送『サンデーモーニング』物議を醸しているシーン

東スポによれば、テレビ局関係者の間でも関口宏さんの発言を巡って物議を醸しているとし、東スポの取材に「津波がやってくるという情報を常に流すことを視聴者に謝罪をするのはおかしい」と話したとしています。

また、「他局と同様にTBSでも災害情報等がある場合は常に画面に掲示している。それを“邪魔者扱い”したのだから、局内からは怒りや呆れ声が出ている」とした上で、TBS関係者も今回の件について、「災害などに臨機応変に対応して番組の進行をできない人が、司会を務めるのはいかがなものか。局内のあちこちから大ブーイングが起きている」と怒りをあわらにしているとのことです。

トンガ沖で発生した大規模噴火によって、津波被害の心配は無いと気象庁は当初発表していましたが、それから数時間後に相次いで津波が観測されたことで、16日未明に太平洋沿岸に津波警報・注意報を発令し、日本の各地でも1メートル前後の津波が到着していることが確認されていました。

気象庁はその後行った会見で、海外の火山噴火によって日本まで津波が到達した例は過去確認されていないとし、「メカニズムについては分からない」などと語っており、今後も海面変動などによって津波が到達する可能性も決してゼロとは言えない状況で、気象庁が津波警報・注意報を全て解除したのは16日の14時でした。

それにも関わらず、関口宏さんは16日午前の番組放送中に表示していた日本地図に文句を言ったことで炎上し、TBS内からも批判が噴出しているそうですが、『サンデーモーニング』を巡っては人気コーナー「週刊御意見番」を担当していた元プロ野球選手・張本勲さんだけでなく、関口さんの言動も以前から問題視されていました。

また、最近では高齢のせいもあってか記憶力、理解力等が落ちている様子で、司会進行をまともに行えていなかったり、会話のテンポが遅くてゲストとのトークが噛み合っていない事もあるため、関口宏さんもそろそろ番組を降板した方がいいのではと言われています。

そうした中で今回のような発言が飛び出したため、再び番組を辞めるべきといった声も噴出する事態となっているのですが、TBS内でも問題視されているのが事実であれば、番組終了もしくは関口宏さんも“勇退”となる可能性がありそうですね。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3932465/
  • https://npn.co.jp/article/detail/200018830
  • https://npn.co.jp/article/detail/200014665
  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220115/k10013432611000.html
  • https://www.mbc.co.jp/news/article/2022011600053950.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjEyMjEyODI4

    昭和のやり方では通用しないと自覚せよ!
    さもなければ、老害としか言いようが無い。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwMDo0MT

    こんな番組、観ないのが一番いい。「津波より関口さんの話」と考える馬鹿がいたら、それはもう被害を受けても自己責任だ。

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    年寄りは自分は正しいと思い込みすぎている!
    もう、とっくに時代は変わってるのに!

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!