長澤まさみが月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』で主演、東出昌大&小日向文世と共演へ! 詐欺師役挑戦しコスプレ姿も披露

長澤まさみ

視聴率低迷が続いているフジテレビ系の月9ドラマ枠(月曜21時)で、女優・長澤まさみさん(30)が11年ぶりに主演することが明らかになりました。

長澤まさみさんが主演するのは来年4月期放送の『コンフィデンスマンJP』で、長澤さんは今作で信用詐欺師(コンフィデンスマン)役を演じます。

長澤まさみさんが月9で主演するのは、2007年4月期に“山P”こと山下智久さんとW主演した『プロポーズ大作戦』以来11年ぶりで、連ドラ主演も2012年10月期放送の深夜ドラマ『高校入試』(フジテレビ系)以来となります。

現時点で発表されている共演者は、俳優の東出昌大さんと小日向文世さんで、3人の信用詐欺師たちが金融、不動産、美術、芸能、美容など、毎回それぞれの業界を舞台に、壮大で奇想天外な計画によって、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る姿を描いた痛快エンターテインメントコメディー作品となっています。

<↓の画像が、『コンフィデンスマンJP』に出演する3人の写真>
『コンフィデンスマンJP』メインキャスト

『コンフィデンスマンJP』は1話完結型のオリジナル作品となっており、今年公開された映画『探偵はBARにいる3』や『ミックス。』のほか、堺雅人さん主演のドラマ『リーガル・ハイ』、杏さんが主演した月9『デート〜恋とはどんなものかしら〜』など、数多くのコメディー要素を含んだ作品を手掛けている脚本家・古沢良太さんが脚本を担当します。

このドラマは月9としては初の「コンゲーム」を題材としており、相手を信用させてから詐欺行為をする信用詐欺、取り込み詐欺師たちが、相手をだましだまされ、ストーリーが二転三転するジャンルで、『ミッション・インポッシブル』シリーズや『オーシャンズ11』シリーズなどが有名です。

長澤まさみさんが今作で演じる主人公の詐欺師・ダー子は、毎回とんでもないターゲットと常識外れの計画を持ち込むリーダー的存在のコンフィデンスウーマンで、天才的な知能と抜群の集中力によって、難解な専門知識も短期間でマスターできる才能を持っている一方、天然で常識外れ、いい加減で詰めが甘い性格をしており、そうした抜けた部分からどこか憎めないキャラクターとなっています。

<↓の画像が、ダー子役を演じる長澤まさみさんの写真>
『コンフィデンスマンJP』出演の長澤まさみ

また、ダー子は様々な業界の職業人に扮し、ハニートラップの才能は無いもののターゲットの懐に入り込むことを得意としており、ドラマの中ではキャビンアテンダント、秘書、海外の大物女優などになりすまし、コスプレ姿も披露しているそうです。

ダー子の詐欺師仲間で、真面目で小心者の若手詐欺師・ボクちゃん役を東出昌大さんが演じ、ボクちゃんは人をだますことを得意としている一方で、お人好しな性格からだまされることも多いため、詐欺師を辞めて地道にまっとうな生活を送りたいと心の底から思っているものの、ダー子にいつも丸め込まれてしまうという役柄です。

<↓の画像が、ボクちゃん役を演じる東出昌大さんの写真>
『コンフィデンスマンJP』出演の東出昌大

同じく詐欺師仲間のリチャード役を小日向文世さんが演じ、リチャードは変装テクニックが超一流で、生まれながらの品の良さを活かし、どのような職業人にもなりすまして相手をだます百戦錬磨のベテラン詐欺師という役です。

<↓の画像が、リチャード役を演じる小日向文世さんの写真>
『コンフィデンスマンJP』出演の小日向文世

主演の長澤まさみさんは、「私自身も、今が女優として重要な時期にさしかかっていると感じていますので、“今を頑張らなくして、この先はない”という覚悟で挑みます。過去より、未来より、今を頑張りたいです。」と意気込みを語っています。

そして、このドラマに対してネット上では、

  • 楽しそうなドラマだね。主人公、峰不二子っぽい女性なのかな
  • 東出さん大丈夫?演技、この人声がな
  • かなり無理があると変装になるだろう事は予想がつくものの、コメディーだからまあいいかくらいで普通に面白そう
  • 相手役がなあ、もうちょっと若いイケメンが良かった
  • 古沢良太さん脚本だからとりあえず初回は観る!
  • スタイル抜群の2人のいろんなコスプレが見れるだけでありがたい。海月姫飛び越して宣伝早いね
  • 主演 長澤まさみ、脚本 古沢良太、すごく楽しみ!メインにコヒさんいるなら安心だ
  • これは見ます!!棒演技だけど、東出昌大。芸達者なコヒさん。2人とも好きだわ。これって毎回ゲストで誰か出てこないのかな??4月のドラマの方が盛り上がって、1月の月9はなんか微妙にならないかい?
  • 東出昌大はヘタだけどあの変な雰囲気にハマればハマるからなー。桐島やごち、寄生獣やあなそれは良かったし、楽しみにしとく

などのコメントが寄せられています。

来年1月期の月9ドラマが映画化もされた東村アキコさん原作の『海月姫(くらげひめ)』に決定し、芳根京子さんが主演を務めることが11月に発表されたばかりで、その1ヶ月後に4月期の作品が早くも正式発表されるとは驚きましたが、9月の時点でニュースサイト『サイゾーウーマン』は、長澤まさみさんが4月期の月9主演に内定し、古沢良太さんのオリジナル作品になる予定だと伝えていました。

これまで様々な人気作を手掛けている古沢良太さんが脚本を手掛けることに加えて、ここ数年でさらに演技の幅を拡げている長澤まさみさんが久しぶりに連ドラ主演を務めるため、放送開始後は大きな反響を呼びそうですね。

11年ぶりの月9主演に抜擢された長澤まさみさんは、来年1月20日公開の主演映画『嘘を愛する女』で高橋一生さんと共演し、同6月1日公開の『50回目のファーストキス』では山田孝之さんW主演するほか、2019年公開予定の木村拓哉さん主演映画『マスカレード・ホテル』でヒロインを務めるなど、来年以降も映画をメインに出演していくようで、久しぶりの主演ドラマではどのような演技を見せるのか注目です。

また、月9ドラマは視聴率低迷が続いていますが、『コンフィデンスマンJP』はどれ程の視聴率を記録するのか注目したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について