米倉涼子がドクターX続編やらずホームドラマ挑戦へ? 高視聴率記録も次の主演作は『おしん』?

米倉涼子

人気医療ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系 木曜21時)の第6シリーズが17日からスタートし、初回で今年放送の民放連続ドラマトップとなる平均視聴率20.3%を記録して好スタートを切りました。

『ドクターX』がスタートしてから今年で早7年となりますが、現在も視聴率は20%前後をキープしており、テレビ朝日では『相棒』シリーズと並ぶドル箱コンテンツとなっていて、主演の米倉涼子さん(44)は1話あたり500万円~800万円という破格のギャラを貰っているとも囁かれています。

<↓の画像は、『ドクターX 第6シリーズ』出演者の写真>
ドクターX・第6シリーズ出演者の画像

しかし、24日発売の週刊誌『週刊新潮』は、「『ドクターX』の続編はしばらくやらないらしい」とも業界内で囁かれていると報じています。

さる民放幹部によれば、米倉涼子さんと所属事務所『オスカープロモーション』の幹部など関係者の間では、「来年は続編をやらない方向もありではないか」との話が出ているとし、その理由については、毎年放送することで作品がマンネリ化、視聴者が飽きてしまうという懸念、さらに米倉さんも主人公・大門未知子のイメージで固まってしまうのは避けたいとの意向があるといいます。

また、オスカーの幹部は米倉涼子さんの新境地として、新しい作品への挑戦を秘策として練っているといい、その新境地というのが1983~1984年に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『おしん』なのだとしています。

前出の民放幹部は、「つまり、米倉さんでホームドラマを作り、『おしん』みたいに世界中で見られるよう展開したいということなんです。そのためにネットフリックスなどの動画配信サービスとも連携する。海外でリメイクされるような作品にして、権利ビジネスも手掛ける。彼女はブロードウェイミュージカル『シカゴ』」で3度も主演を務め、アメリカでも認知されていますから。これらがオスカー幹部の構想なのです。」と語っています。

<↓の画像は、ブロードウェイミュージカル『シカゴ』で主演を務めた米倉涼子さんの写真>
ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』主演の米倉涼子

このプランについて芸能評論家の三杉武さんは、「クールビューティ路線を確立した米倉涼子がホームドラマに出れば、真逆のキャラを演じることになります。『家政婦のミタ』で松嶋菜々子は演じるキャラを変えて評価されましたが、米倉涼子はどうキャラ変するでしょうか」と興味を示しています。

米倉涼子さんはドラマなどで自立していて格好良い、気が強い女性の役を演じることが多く、オリコン調査の「女性が選ぶ理想の“オトナ女子”ランキング」では2017年から2年連続TOP10入りするなどしており、特に『ドクターX』で演じている大門未知子のイメージがかなり濃くなっています。

役者としてこうした代表作があるのはいいことですが、1つの役のイメージが強くなってしまうと様々な役柄を演じる機会が減ってしまい、米倉涼子さん自身もイメージを変えるために、昨年10月期には新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で主演を務めました。

また、女優としてさらに成長するために『シカゴ』で主演を務めるなどしているのですが、こうした作品とは全く違うホームドラマに出演することによって、女優としてさらにステップアップしていきそうです。

現時点ではあくまでも構想段階で、これが実現するかどうかは分かりませんが、米倉涼子さんがホームドラマで母親役を演じる姿なども見たいものですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    どの役も上手いから見たい。これからも色々な役に挑戦してもらいたい!黒革の手帳、35歳の高校、ドクターX、幅広い役できる素晴らしい女優さん!

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    米さんにも奥さまは魔女みたいなかわいい役をやれる時代があった
    今は孤高のイメージだから、旦那や子供のイメージが沸きにくいからあんまり当たらない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について