筧美和子が主演ドラマ降板で代役は奥仲麻琴に…理由は新型コロナ感染者と濃厚接触。ネットで同情の声相次ぐ

筧美和子と代役・奥仲麻琴

朝日放送テレビ(ABCテレビ)で21日からスタートするドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』(日曜23時55分~24時25分 全6話)で、主演に起用されていた女優・グラビアタレントの筧美和子さん(かけい・みわこ 26歳)がドラマを降板し、代役を奥仲麻琴さん(おくなか・まこと 27歳)が務めることが明らかになりました。

発表によれば、筧美和子さんは別の仕事現場で共演者に新型コロナウイルスの感染が確認され、筧さんは濃厚接触者に指定されたそうです。

筧美和子さんもPCR検査を受け、その結果は陰性で体調に異常は無いものの、2週間の自宅待機が必要なことや、ドラマの撮影がスタートする前だったため降板が決定、代役を立てて予定通り放送することになったとのことです。

<↓の画像は、主演降板となった筧美和子さんの写真>
筧美和子

代役に起用されたのは、筧美和子さんと同じく芸能事務所『プラチナムプロダクション』に所属する奥仲麻琴さんで、2015年1月までアイドルグループ『PASSPO☆(ぱすぽ)』(2018年9月解散)で活動する傍ら、『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系)でヒロインを務めるなど女優としても活動していました。

<↓の画像は、代役を務める奥仲麻琴さんの写真>
元PASSPO奥仲麻琴

『PASSPO☆』脱退後は、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』など、複数のドラマや映画などに出演していますが、連ドラ主演は今回が初となっています。

筧美和子さんに代わって奥仲麻琴さんが主演するドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』は、電子書籍配信サイト『コミックシーモア』で連載中の同名オリジナル漫画の実写化で、原作は大学生の男女4人の四角関係を描いたラブストーリーですが、ドラマでは設定をオフィスラブに変更しています。

ABCテレビでは21日から、テレビ神奈川では23日から火曜23時台に放送し、ABCテレビで放送終了後には『Tver』や『GYAO!』にて無料で見逃し配信されます。

キャストは主演の奥仲麻琴さんのほか、岐洲匠さん(きず・たくみ 本名=田中諒 23歳)、鈴木ゆうかさん(旧芸名・本名=鈴木優華 24歳)の出演が発表されています。

<↓の画像は、『ももいろ あんずいろ さくらいろ』出演の岐洲匠さん、鈴木ゆうかさんの写真>
『ももいろ あんずいろ さくらいろ』出演の岐洲匠&鈴木ゆうか

筧美和子さんの代役に起用され、すでに撮影に参加している奥仲麻琴さんは、「今回急きょの参加ということで不安でいっぱいでしたが、周りのキャストさんやスタッフさんたちに支えてもらいながら撮影に参加させていただいております。お話の展開の速さで読んでしまうのもあっという間でした!それぞれの恋愛模様を見守ってください」とコメントしています。

そして、ドラマ放送直前の主演交代発表に対してネット上では、

  • これは気の毒な話。せっかくの主演なのにかわいそう。本人の体調は良好だけど濃厚接触で降板って辛いだろうな。
  • 陰性の待機明けの収録じゃダメだったのか?コロナで仕事一本無くすとは、お気の毒に。
  • かわいそうだなぁ。主演をこんな形で人に譲らなきゃいけないって。こんな状況なのに、待ってもらえず代役立てられてしまうって、やりきれないよなぁ。
  • 延期せずに代役とは厳しい処置だな。これじゃ、正直に接触状況伝えるだけ損だって空気になりそうだね
    コロナにかかったり濃厚接触しても、黙っていた方が得だって状況はなるべく作らない方が良いと思うのだけど。放映日の問題とかもあるのかもしれんけどさ
  • 運が悪かったと言えるけど、その別の仕事現場の陽性者はめちゃくちゃ責められてそう、、、、、コロナってこういうところも怖いね
  • 普通は陰性になるまで待つけど、やっぱ主演俳優級じゃない人が主演すると、こうなるのかな。なんか製作サイドの現実を見たような。
  • このご時世的には「やむなく」って感じだけど筧さんとしてはめちゃくちゃへこむだろうな。。そんなもんかぁ~って思っちゃいそう。
    代役の子に申し訳ないと思いつつ、本心は悔しいでしょ。制作サイドの方は、バタバタと思いますが筧さんのケアもお願いします。
    仕事仲間として大事にして下さい。家から出れないってのも、余計なこと考えちゃってストレスなんだから

などの声が上がっています。

リアリティ番組『テラスハウス』への出演がきっかけで人気が急上昇した筧美和子さんは、グラビア活動だけでなく女優としても活躍し、昨年も10本近くのドラマに出演していたのですが、『ももいろ あんずいろ さくらいろ』で恋愛ドラマ初主演となっていたほか、ラブシーンに初挑戦するということで注目を集めていました。

ドラマ発表時に筧美和子さんは、「こういった大人のラブストーリーの作品をやらせていただくのは初めてなので、たくさんの挑戦が待っていると思います。一つ一つ丁寧に、そして楽しんで作っていきたいと思います。甘酸っぱく刺激的な時間を皆さんにお届けできるよう精いっぱい頑張ります。“ももあん”ぜひ、楽しみにしていてください。」とのコメントを発表しており、今年1発目の出演作が主演ということで相当気合いが入っていたのではないかと思います。

しかし、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に指定されたことで降板が決定、代役は同学年で事務所の先輩である奥仲麻琴さんが起用され、現時点で筧美和子さんはコメントを出していませんが大きなショックを受けているとみられます。

主演作からの降板は精神的ダメージが大きいと思いますが、今後また別の作品で活躍する姿を見せてほしいです。

一方、代役に起用された奥仲麻琴さんは連ドラ初主演で、大きなプレッシャーを感じているとみられますが、今後の仕事に繋がるような良い演技を見せてくれることに期待したいですね。

参照元
  • https://www.oricon.co.jp/news/2183484/
  • https://mantan-web.jp/article/20201216dog00m200037000c.html
コメントを残す