笑点・大喜利の新メンバー決定、林家三平の後任は桂宮治。実力高い落語家の起用に期待の声。画像あり

テレビ番組・映画

笑点・大喜利メンバー

落語家の2代目・林家三平さん(本名=海老名泰助 51歳)が昨年をもって、『笑点』(日本テレビ系 日曜17時30分)の大喜利メンバーを降板し、後任には桂宮治さん(かつら・みやじ 本名=宮利之 45歳)が起用されたことが1日に正式発表されました。

後任発表は1日放送の特番で行われ、5年ぶりの笑点新メンバーとなる桂宮治さんは、23日放送回から初登場となります。

<↓の画像が、落語家・桂宮治さんの写真>
桂宮治(笑点新メンバー)

また、桂宮治さんは2013年から『笑点 特大号』(BS日テレ 水曜19時)の「若手大喜利」に出演するなど、落語家としては有名ながら世間一般の知名度はまだまだ低いことから、顔を売るために今後は、『踊る!さんま御殿!!』『人生が変わる1分間の深イイ話』『1億人の大質問!?笑ってこらえて!』『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』『世界まる見えテレビ特捜部』といった日本テレビの人気バラエティ番組に出演予定であることが発表されました。

この他にも、『ゼロイチ』『スッキリ』『バゲット』『ヒルナンデス!』『シューイチ』『ザ!世界仰天ニュース』など、複数の番組出演に向けて現在交渉を行っているとしています。

<↓の画像は、笑点新メンバーに起用された桂宮治さんの写真>
笑点大喜利新メンバーの桂宮治

林家三平さんの後任に抜擢された桂宮治さんは、落語家になる前には化粧品会社に勤務し、2007年に結婚して2008年に落語家に転身、桂伸治さんの元に弟子入りし、2012年に二ツ目、昨年2月には真打ち昇進を果たしました。

桂宮治さんの落語動画

そんな桂宮治さんが笑点新メンバーとなりネット上では、

  • 不安視していた血縁関係からのレギュラー入りでは無くて安心した。
  • 宮治さんは賑やかな人だから、たい平さんとキャラ被るかな?と思いつつ、面白くなれば良いですね
  • よかったぁ。若手大喜利のメンバーから撰んで欲しいと思ってたから。ほんとはわさびあたりがよかったけど。いやーでもよかった。
  • 思いのほか手堅い人選でよかった。若手大喜利出身で落語も上手い。誰も文句のつけようがないんじゃない
  • 宮治はサイコーに面白い!前座から二つ目に上がったその年にNHK新人落語大賞を受賞してる。キャリア12、3年はザラの賞なのに、たった4年そこそこで。
    本業の落語が素晴らしい分、笑点で売れるのは少し残念。でも芸術協会の代表、そして落語界の顔としてこれから頑張って欲しい。

などの声が上がっています。

林家三平さんの番組降板が発表されて以降、後任の予想も大きく盛り上がり、桂宮治さんの他にも、立川志らくさん、立川談春さん、立川志の輔さん、立川晴の輔さん、柳家わさびさん、柳家喬太郎さん、月亭八光さん、月亭方正さん、瀧川鯉斗さん、柳亭小痴楽さん、林家きく姫さん、春風亭ぴっかりさん、春風亭昇々さん、春風亭一之輔さんなど、様々な落語家の名前が挙げられていました。

林家三平さんを除いた大喜利メンバーの平均年齢が73歳で、番組サイドとしても若返りを図りたいとの思いがあるとされていたことから、比較的若い落語家が起用されるのではないかと予想されていました。

ただ、桂宮治さんは12月に行われた文化放送の定例社長会見にゲストとして登場した際、林家三平さんの後任に浮上していることについて問われると、「若手大喜利には出ているので、5年、10年後に話があればうれしい」と答えていました。

また、週刊誌『女性自身』のWeb版が報じた記事では日本テレビ関係者が、「桂宮治も有力でしたが、元気な芸風と髪型が林家たい平師匠と“キャラ被り”するという理由で今回は見送られるようです」と語っていました。

こうした報道もあり、別の落語家が起用されるとみられていましたが、林家三平さんの後任は桂宮治さんが起用され、ネット上では好意的な反応が多く上がっています。

桂宮治さんは一般的には知名度が低いものの、その実力から春風亭昇太さんが笑点の6代目司会に就任し、新たな大喜利メンバーが加入するとなった際にも、候補の1人として名前が挙げられていました。

桂宮治さんは5人の先輩落語家を抜き、真打ち昇進を果たすほどの実力があり、宮治さんが所属する『落語芸術協会(芸協)』の会長でもある春風亭昇太さんからも太鼓判を押されている方なので、これからの活躍に期待したいですね。

参照元
  • https://www.news24.jp/articles/2022/01/01/081004451.html
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/221501
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2050450/
  • https://www.tokyo-np.co.jp/article/35032
コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!