深田恭子が降板の主演ドラマ、出演者や内容決定も放送延期か。代役の女優探すも予定通り放送は困難?

深田恭子

女優の“深キョン”こと深田恭子さん(38)が「適応障害」で芸能活動を休止し、7月期放送予定の主演ドラマ(タイトル未発表 フジテレビ系 木曜22時)からの降板を発表しましたが、代役がまだ決まっていないことから、放送延期も検討されていることが分かったと『日刊スポーツ』が報じています。

深田恭子さんの主演ドラマはまだ正式発表されていませんでしたが、5月28日に制作発表を行い、近日中に撮影をスタートさせる予定だったといいます。

しかし、昨年春から体調を崩しがちだったという深田恭子さんの体調が5月に入ってから再び悪化し、それを受けて所属事務所『ホリプロ』はドラマからの降板を申し入れ、制作サイドはすぐに代役探しを始めたそうです。

『日刊スポーツ』によれば、7月スタートのドラマは通常、6月初旬までには撮影をスタートさせるといい、「6月から4ヶ月ほどスケジュールが空いていて、深田さんの代役という重責に耐えられる女優さんとなると限られます。代役が決まるのが遅れれば、押さえている共演者のスケジュールを組み直さなければなりません。放送開始時期を遅らせることも視野に入れて調整しています」と関係者は話しているとしています。

また、7月に予定通り東京五輪が開催されるかどうかでも状況が大きく変わるとし、「五輪が予定通りなら、五輪特番を新たに編成してスケジュールを埋めることも可能ですが、五輪が中止になるとそれも難しくなる。早い代役決定が必要です」と語っています。

一方で『スポーツ報知』は、予定通りドラマの放送をスタートさせるために、来週にはクランクインする予定とし、制作サイドは代役候補として30代の独身女優を複数人ピックアップし、出演オファーを出しているといいます。

同紙が関係者に話を聞いたところ、深田恭子さんが主演予定だったドラマは「会社をテーマにした恋愛ドラマ」で、深田さんは30代後半のOL役を演じる予定だったとしています。

これらの報道を受けてネット上では、

  • 今のフジのドラマなんか大したもの出来ないのだから、過去の名作を再放送してる方がよっぽど視聴率も稼げる。
  • 昔の良いドラマ再放送希望。4~5年ドラマ作らないでいけるって。過去の名作放送する方が視聴率取れるんちゃう?
  • この際、深田恭子さんのドラマは体調が回復するまで無期限延期にして、古畑任三郎の再放送してくれないかなあ。
  • 無理に代役を探して作るなら、木曜10時は昔この時間帯にニューヨーク恋物語やってたことだし、田村正和さんが亡くなったこともあり、それを追悼でやったら。
  • 無理に作るより、連ドラでも2時間ドラマでも映画でもいいので再放送すればいいと思います。むしろ、そのほうが視聴率取れそうだし。
  • 延期になるとまた本人に負担やプレッシャーになるのでは?全く本人のことを考えてないよね。
  • 延期、名作の再放送が最上の選択です。ただでさえ視聴率の取れない時間帯だし、代役では結果が見えてる。
  • はじ恋もルパンも深キョンだからあり得ない設定も楽しめ引き込まれた。無理して代役にしてもたぶんつまらないドラマになると思う。
    深キョンワールドは代役では無理。別のドラマにするか、10月公開の映画の為に『ルパンの娘』の1stシーズンでも再放送したらいいのでは?

などの声が上がっています。

深田恭子さんが主演するはずだったドラマの内容、その他の出演者に関しては、ニュースサイト『日刊大衆』がさらに詳しい情報を伝えています。

ドラマ制作会社関係者はドラマの内容について、「恋愛経験に乏しいアプリゲーム会社の社長と、田舎から出てきた貧乏な青年と恋に落ちるというようなストーリー」とし、深田恭子さんの相手役は、ドラマ『恋はDeepに』や『恋はつづくよどこまでも』に出演のイケメン俳優・渡邊圭祐さん(27)だったといい、他にも船越英一郎さん(60)の出演を予定しているそうです。

<↓の画像は、ドラマに出演予定という渡邊圭祐さん、船越英一郎さんの写真>
渡邊圭祐と船越英一郎

役のイメージに合う女優がクランクインまでに見つかれば、予定通り放送をスタートさせることも可能ですが、関係者はこの作品について、「ドラマは“深田さんの魅力ありき”の作品だといいますね。深田さんの魅力を全面に押し出して、彼女の可愛らしさ、魅力を楽しむ“ザ・深キョンドラマ”だと言われています。台本も、最初から深田さんを想定した“当て書き”でしょう。深田さんありきで企画されたドラマですから、代役を立てるとなってもかなり難しいのではないでしょうか」とも語っています。

深田恭子さんは年齢を感じさせない可愛らしさを武器に、ドラマなどでは天然が入った少し抜けた感じの可愛らしい女性を演じることが多く、新作ドラマも深田さんの魅力を感じられるようなキャラクター設定、内容となっていたのであれば、代役探しはより難しそうです。

ドラマの放送開始まですでに2ヶ月を切っており、無理に代役を見つけて微妙な仕上がりになるくらいならば、やはり放送を延期して別の作品を放送した方がいいかと思います。

ネット上では、同枠で放送された深田恭子さん主演の『ルパンの娘』など、過去作の再放送でいいのではとの声も多く上がっています。

『ルパンの娘』は、今年10月15日から劇場版が予定通り公開予定となっているので、宣伝を兼ねての再放送も検討されていそうではありますが、フジテレビはどういった対応をするのかに注目したいところですね。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105270000791.html
  • https://hochi.news/articles/20210527-OHT1T51259.html
  • https://taishu.jp/articles/-/94643
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/05/27/kiji/20210526s00041000648000c.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    夏フジテレビ木22時だけパート1の「ルパンの娘」を再放送した方がいい
    深キョン降板したドラマは別の女優さんを探して、代役主演見つかったら今秋か来年に放送したらどう?

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4NzEzNjc5

    木10か火9を廃止にした方が良いと思う

  3. 3
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    何も気にせずゆっくり休んでずっと待ってるから美味しいもの食べて元気になって

コメントを残す