浜崎あゆみの自伝小説ドラマ化、沢尻エリカ出演辞退で暗礁に? 松浦勝人会長との恋愛関係告白で物議も配役に注目集まる

沢尻エリカ

浜崎あゆみ(40)と元恋人のエイベックス・松浦勝人会長(54)の恋などを描いた自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(著者・小松成美さん)が、発行から2ヶ月で累計発行部数が16万部突破のベストセラーとなっており、2020年4月期にはテレビ朝日系の土曜ナイトドラマ枠(土曜23時15分)で、連続ドラマ化されることが正式決定したと著者の小松成美さん等が明らかにしています。

<↓の画像は、浜崎あゆみさんとエイベックス松浦勝人会長のツーショット写真>
浜崎あゆみとエイベックス松浦勝人会長のツーショット画像

そして、ネット上などでは誰が浜崎あゆみさん、松浦勝人会長を演じるのかに注目が集まっており、様々な役者の名前が挙げられているのですが、夕刊紙『日刊ゲンダイ』によると、関係者の間では人気女優・沢尻エリカさん(33)が浜崎さん役を演じるのが既定路線と見られているそうです。

沢尻エリカさんは2010年に個人事務所『エル・エクストラテレストレ』を設立し、2011年4月に『エイベックス・マネジメント』と業務提携しており、浜崎あゆみさんと同じエイベックス所属とのことから有力視されていたといいます。

しかし、『日刊ゲンダイ』によれば沢尻エリカさんは『M 愛すべき人がいて』への出演に及び腰といい、“表向き”の理由は「スケジュールの調整がつかない」というものだそうです。

沢尻エリカさんは来年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演し、沢尻さんは重要な役を演じることから、かなりタイトなスケジュールで知られる大河ドラマに出演しながら他の連ドラで主演を務めるのは実際に難しく、スケジュール的に困難というのは事実かと思います。

<↓の画像が、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』出演の沢尻エリカさんの写真>
『麒麟がくる』出演の沢尻エリカ

一方で芸能関係者は、沢尻エリカさんがドラマ出演に及び腰になっている理由は他にもあるとし、「同じエイベックスの所属タレントですが、沢尻と浜崎はどちらも女王様気質で相性がイマイチだというのです。どうやら、沢尻は『M 愛すべき人がいて』も読んでないようですし、知人には『興味ないし……』とこぼしたとも聞いています」と語っています。

こうして『M 愛すべき人がいて』の連ドラ化が暗礁に乗り上げつつあるといい、「会議では『だったら、浜崎さん本人に出演してもらったら?』なんて提案もあったようです。ただ、さすがに今年41歳になった浜崎に“歌手を夢見る少女役”を演じさせるのは難しいでしょう。『改めて新人をオーディションで募集してみたら』という声も出ましたが、全く無名の新人をキャスティングしたら、浜崎さんが力不足と言って、へそを曲げる恐れもあります」と前出の芸能関係者が語っています。

芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄さんによれば、こうした状態にあることから松浦勝人会長が沢尻エリカさんの説得にあたるという話もあるそうなのですが、キャスティングに問題が発生しているとの噂に対してネット上では、

  • こんな小説をドラマ化しないで欲しい。気持ちが悪い。
  • ドラマ化自体に無理があるのでは…沢尻エリカも名前出されて気の毒。
  • ドラマ化しなければいいだけの話では。。観たい人いるのかな。。
  • 浜崎さん側はヘルタースケルター的にしたく、視聴率的稼ぎのために沢尻さんの起用を熱望するでしょうが…沢尻さん側に、特にメリットはないとおもう。
    別に騒動からせっかく復活したので、仕事は選んだ方が良い気がします。
  • 出版された時点で一部のあゆファンにしか受け入れられていない印象なのに、それをドラマ化する意味がわからない。
    女優側からみれば、徳が1つもない。わざわざ泥舟に乗り込む事はしないのでは?
  • 沢尻エリカは賢い。おそらくこのドラマの主役をしても、自分には何もメリットがないと判断したのだろう。
    何せモデルが浜崎あゆみだもん。そんな人の体験談をドラマでやっても仕方ないやろ。
    おそらくこれをドラマにしても視聴率は取れないだろう。それで最初に叩かれるのは主役。沢尻エリカもそれをわかっているのだろうな。
    いずれにしても辞退は賢明だと思います。
  • 求められてた訳でもないのに社長とその社員の2人がこのご時世にデキてた事を暴露して更にドラマ化とか何故に????
    なぜ今急に暴露したかについて社長が「じゃあいつなら良かったんですか?」とか言ってしまうほどおかしな人。
    必要のない事をしても意味ないのでは?他に何もないのかね。というか他の所属アーティストに示しがつくのかね 笑
    自分が彼の立場ならとてもじゃないけど恥ずかしい。

などのコメントが寄せられています。

『M 愛すべき人がいて』の配役を巡っては様々な憶測が飛び交っており、『日刊ゲンダイ』は沢尻エリカさんが既定路線としていますが、『NEWSポストセブン』や『リアルライブ』は、浜崎あゆみさん役の最有力候補として5月デビューの新人歌手・安斉かれんさん(あんざい・かれん 20歳)が浮上しているとしています。

<↓の画像が、エイベックスの新人歌手・安斉かれんさんの写真>
エイベックスの新人歌手・安斉かれん

安斉かれんさんはエイベックス内では「ポストあゆ」「第2の浜崎あゆみ」と期待されているとされ、これからエイベックスは本格的なゴリ押しを開始するのではないかと予想されています。

そのため、エイベックスは安斉かれんさんを『M 愛すべき人がいて』で華々しく女優デビューさせ、主題歌も担当するのではとも囁かれており、安斉さん自身も浜崎あゆみさんのことをかなり意識し、公式ツイッター上では浜崎さん関連のツイートを連日リツイートするなどしています。

一方の元恋人・松浦勝人会長役に関しては、『NEWSポストセブン』の記事で音楽業界関係者が「松浦さん役は様々な名前が挙がっています。」とした上で、「松浦さんの繊細でアンニュイなイメージに合い、エイベックスとも関係のある人が候補でしょう。三代目J Soul Brothersの岩田剛典さん(30歳)が有力視されています」と語っています。

<↓の画像は、松浦勝人会長と岩田剛典さんのツーショット写真>
岩田剛典とエイベックス松浦勝人会長

松浦勝人会長と岩田剛典さんは以前からかなり仲が良く、度々SNSにツーショット写真などが投稿されているため、俳優としても活躍している岩田さんが抜擢される可能性はかなり高そうです。

浜崎あゆみさん役に関しては、沢尻エリカさんと安斉かれんさんが有力視されている状況ですが、『M 愛すべき人がいて』は10代後半から20代にかけての浜崎あゆみさんと松浦勝人会長の恋愛などが描かれているため、沢尻さんよりも安斉さんの方がビジュアル的にはマッチしているかと思います。

<↓の画像は、交際当時の浜崎あゆみさんと松浦勝人会長の写真>
浜崎あゆみと元彼氏のエイベックス松浦勝人会長

しかし、安斉かれんさんは現時点で一部でしか知られていない新人歌手で、演技経験も無いことから視聴率は大コケしそうですね。

ネット上ではそもそもドラマ化しないで欲しいとの声も多く、物議を醸している問題作ですが、果たしてドラマでは浜崎あゆみさん、松浦勝人会長役は誰が演じるのか注目したいところです。

参照元
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/263551
  • https://www.news-postseven.com/archives/20190831_1442202.html
  • https://npn.co.jp/article/detail/71107429/
  • https://7gogo.jp/Sad_tiUL-SzN/28
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909040000708.html
6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    あゆの最近の劣化具合がやばすぎる。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    沢尻エリカとばっちり

  3. 3
    ID:MjEyNDYzNjg2

    沢尻?新人オーディションしたらいいのに。
    無名でもいいじゃん。

  4. 4
    匿名
    ID:MzAyMTY3NDQw

    浜崎あゆみの外見と行動の劣化ぶりは、ようやく当人の腐った人間性に追いついたって感じ。

  5. 5
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    ドラマにしないのが一番の策だと思う

  6. 6
    匿名
    ID:ODI4NTM5NTU5

    エリカ様がこの役受けたらひく。
    こんなダサい仕事はしないと信じたい。
    沢尻さん安室ちゃんファンだしね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について