有田哲平が実写ドラマ『わにとかげぎす』で本田翼と共演、連ドラ初主演へ! ネットでは演技力を心配する声、相方・上田晋也は…

有田哲平

お笑いコンビ『くりぃむしちゅー』の有田哲平さん(46)が、7月期放送の深夜ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系 水曜23時56分)で連ドラ初主演することが明らかになりました。

『わにとかげぎす』は、『行け!稲中卓球部』、「ヒミズ』、『ヒメアノ~ル』などの作品で知られる漫画家・古谷実さん原作の同名漫画を実写化したもので、古谷さんの作品は過去に映画や舞台化されていますが、連続ドラマ化されるのは今回が初となります。

『わにとかげぎす』は、独身で女性経験無しの警備員・富岡ゆうじが主人公の作品で、これまで人生を無駄に過ごしてきたことに気付いた富岡は、自分を変えるために友達作りに奮闘するものの、人生放浪者を自称するホームレスのオヤジが出現したり、「お前は1年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状が送られてくるなど、様々なアクシデントによって人生が一変していき…という内容です。

富岡の前に新人警備員として現れ、ある事件に巻き込む花林雄大役を賀来賢人さん、雨川勇役を吉村界人さん、その他に淵上泰史さん、村上淳さん、ホームレスのオヤジ役を光石研さんが演じます。

また、富岡に一目惚れする小説家志望の女・羽田梓役を本田翼さんが演じることが決定しています。

<↓の画像が、実写ドラマ『わにとかげぎす』のワンシーン>
有田哲平が主演のドラマ『わにとかげぎす』、くりぃむ有田と本田翼が共演のシーン

有田哲平が主演のドラマ『わにとかげぎす』、くりぃむ有田と本田翼が共演、床ドンシーン

そして、『わにとかげぎす』の実写ドラマ化、有田哲平さんが連ドラ初主演を務めることに対してネット上では、

  • 天才バカボンの上田の情けない演技でもヤレヤレだったのに・・・。なんで有田を主演に?
  • 原作の漫画見たら有田に合いそう。演技できたらの話だけど
  • 漫画けっこう好きだから、興味あるけど、なんとなく期待もてず、、
  • 本田翼演技下手くそすぎてなー
  • 見たいけど、相手役が本田翼かぁ、、演技が下手なのが気になって入り込めないんだよね、、

などのコメントが寄せられています。

有田哲平さんが連ドラで主演を務めるといった話は以前、一部週刊誌によって報じられていたのですが、深夜ドラマと言えど本当に主演を務めるというのは少し驚きです。

有田哲平さんは過去にドラマや映画に出演した経験はあるものの、しっかりと演技が出来るのか少し不安ですし、ヒロインを演じる本田翼さんも演技が微妙だと言われているため、果たしてどうなるか…。

ちなみに、有田哲平さんの相方・上田晋也さんは、昨年3月と今年1月に「金曜ロードSHOW!」枠(金曜21時)で放送の実写ドラマ『天才バカボン〜家族の絆』(日本テレビ系)で主演を務め、1回目は平均視聴率12.2%、2回目は9.5%を記録。

上田晋也さんの演技に対して「上田の演技がキツイ」という批判の声がある一方で、「意外とおもしろかった」という反応もあるなど賛否両論となっていました。

どちらかと言うと、有田哲平さんの方が演技が出来そうな雰囲気がありますが、果たして視聴者からはどのような反応があがるのかに注目したいところです。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について