川越達也シェフ『お願いランキング』でテレビ復帰に批判殺到。水800円や年収発言で大炎上の過去も活動再開の理由は…

川越達也シェフ

料理家でタレント・歌手活動も行っていた“川越シェフ”こと川越達也シェフ(かわごえ・たつや 46歳)が、3年ぶりにタレント活動を再開させ、23日23時35分から放送の『お願い!ランキング年末特別編 復活!美食アカデミーSP』(テレビ朝日系)に出演することが明らかになりました。

今回の特番では、川越達也シェフが出演しブレークした企画「美食アカデミー」が復活し、この企画は川越シェフら美食家たちが、様々な企業や店が開発した商品やメニューは本当に美味しいのか、味だけでなく見た目やコストパフォーマンスなども考慮しながら忖度なしにジャッジし、10点満点で採点してランキング化する内容となっています。

<↓の画像が、3年ぶりに番組登場の川越達也シェフの写真>
『お願いランキング』出演の現在の川越達也シェフ

2009年10月に番組がスタートして以来、名物企画となっていた「美食アカデミー」が3年ぶりの復活となり、審査員の川越達也シェフの出演も決まったそうで、川越シェフはこの3年間何をしていたのか、3年の沈黙を経てこのタイミングで復帰を果たした理由も明かしています。

<↓の画像が、23日放送『お願い!ランキング』出演の川越達也シェフ等の写真>
美食アカデミー出演の川越達也シェフらの最新画像
(左からパティシエ・向井聡美さん、川越達也シェフ、ショコラティエ・斉藤美穂さん、アンジャッシュ・渡部建さん)

川越達也シェフは現在の生活について、「僕は今、長野で子育てをしています。信じられないと思いますが、2人の娘の父親になりました。今は家族中心と子育てのためにしばらくレストラン業をお休みしておりましたが、長女が3歳になったらレストランを再開しようと思ってました。今、東京の中目黒でオープンの準備をしている最中です」「そういった事業も約3年ぶりです」と近況を報告しています。

また、3年ぶりとなる『お願い!ランキング』の「美食アカデミー」出演について、「今回呼んでいただけたのも素直にうれしかったですし、楽しかった!こういうことを長くやらせてもらっていたなぁと、噛み締めながら10品を堪能しました。3年間は長いようで短かったのですが、腕も舌も落ちていなければいいなあと思っています(笑)。歳をとると好みも多少変わりますし、生活も変われば好き嫌いなども変化します。この3年間は充電期間だったと思っていただければ、ありがたいですが、『アイツ、ブランクあったな』と思われないよう頑張りました。」などとコメントしています。

そして、川越達也シェフのテレビ復帰に対してネット上では、

  • アクア800の人か
  • メッキが剥がれた人のイメージしかない
  • 古市が居るから用無し
  • 家に客が来ると黙って水を出し、客の帰り際に肩を掴んで800円を請求するあの川越さん?
  • シェフならシェフだけしてればいーのに。子ども小さいならテレビなんて出ないで家にいてあげれば。
  • テレビ局がこの人を使いたがる理由はどこかにあるんだろうな。視聴者は必要としていないのに
  • え?充電期間だったの?てっきり年収発言で干されたものだと思ってた。この人の「辛口ジャッジ」とやらを楽しみにしてる人、いるんだね。
    この人が何言おうと自分で美味しいと思ったものを買って食べるし、何より「イヤなら見るな」の精神でこの番組も見ないけど。
  • この人…世間の評判全く知らないのかな??????
    出れば叩かれるに決まってるのに、まして今は子供もいるんだから、父親が世間から嫌われてるのを知って悲しくならないかな?
    凄い鈍い神経なんだろうな…。
  • 本人のコメントからTV復帰意欲を感じますが、世の中の人は居なくても困らなかったし、不快もなかった。今更感が半端ない。
    2人の子どもさんまだ小さく、手もかかるでしょうから、長野の山中でゆっくり家族とお幸せに。

などと厳しい声が多く上がっており、テレビ復帰に対して喜ぶ声はほとんどありません。

川越達也シェフは今年8月放送の『爆報! THE フライデー』(TBS系)で、顔出し登場はしなかったものの声と写真だけで近況を明かしており、2016年に3度目の結婚をして娘が誕生後、長野で子育てをしていたことを明かし、現在は東京・中目黒に店をオープンするための準備を進めているとしていました。

それから2ヶ月後の10月には週刊誌『女性セブン』が、川越達也シェフの再始動計画が着々と進んでいることを報じており、川越達也シェフは中目黒と銀座に新たな料理店をオープンするそうで、「中目黒は川越さんがオーナーで、銀座はプロデュースですね。中目黒店は創作フレンチです。」と再始動計画を知る関係者A氏が証言しています。

<↓の画像が、『女性セブン』撮影の川越達也シェフの写真>
川越達也シェフのプライベート私服画像

また、川越達也シェフはかつてイタリアンレストランを営んでいましたが、フレンチに転向した理由については、「川越さんといえば創作イタリアンが代名詞ですが、『隣の店舗がイタリアンだから、イタリアンはやめて』って、テナントの大家さんから言われたそうですよ。それで銀座も創作フレンチにしたそうです。実は川越さん、駆け出しのころは大阪のフランス料理店で働いた経験もある。今回は自分で腕を振るうわけではないけど、フレンチの知識もかなりのものです」と語り、川越シェフが自身の料理を振る舞うわけではないようです。

A氏はさらに「今度の店は、ひっそりとやりたいみたいです」と語っていたのですが、『お願い!ランキング』でテレビ復帰を果たしたということは、新たにオープンする店に客を集めるために、今後も様々なバラエティ番組などにも登場するつもりなのかもしれません。

そんな川越達也シェフは2013年のインタビュー記事で、『食べログ』のような飲食店のレビューサイトについて「くだらないです」とバッサリと切り捨て、「年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあるが、 そういう人たちには高級店の企業努力や歴史がわからない」と持論を展開しました。

また、自身の店で客が頼んでもいない水を提供し、その値段が「800円」と非常に高かったとの批判が口コミサイトに書き込まれたことについては、「当たり前だよ!いい水出してるんだもん。1000円や1500円取るお店だってありますよ。そういうお店に行ったことがないから『800円取られた』という感覚になるんですよ」と発言しました。

これらの発言が問題視され大炎上騒動に発展し、これによってメディアへの露出が減少することになり、しばらく表舞台から姿を消し、川越達也シェフの店も休業状態となり、2017年に『週刊文春』の直撃取材を受けた際には、「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがなくて。家庭のことと子育てもありますし、出来ることなら世の中の人から、僕の存在は忘れてもらいたいくらいです」「もう認知していただいたりとかはいいんです。」と語っていました。

こうした発言をしていたにも関わらず、『お願い!ランキング』でテレビ復帰するというのは明らかに矛盾しており、ネット上でも同様に批判的な声で溢れかえっているのですが、果たして今後も積極的にメディアに露出していくつもりなのでしょうかね…。

参照元
  • https://www.oricon.co.jp/news/2151199/
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/17/kiji/20
  • https://www.news-postseven.com/archives/20191010_1468164.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    あのうさんくさい笑い方が本当に嫌い

  2. 2
    匿名
    ID:MjExMDc3OTky

    調子こいて消えた人や

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について