小林麻耶アナに異変で洗脳疑惑も…グッとラック!降板&事務所契約終了の裏側でトラブル、生島ヒロシも心境語る

小林麻耶アナウンサー

元TBSでフリーの小林麻耶アナウンサー(こばやし・まや 41歳)が12日、情報番組『グッとラック!』(TBS系)を降板するとともに、所属していた芸能事務所『生島企画室』との契約終了が発表され、その理由を巡って様々な情報、憶測が飛び交い、大きな波紋を呼んでいます。

小林麻耶アナは12日午前6時頃から、夫でタレント・整体師の國光吟さん(くにみつ・あきら 芸名=あきら。 37歳)とYouTubeで生配信を行い、その中で突然、「私、昨日午前中に、突然番組の降板を言い渡されて、今日、番組に出演できなくなりました」と番組降板を発表。

さらに、自身が担当していたファッションコーナーのスタッフからイジメを受け、火曜日に予定していたロケに参加しなかったことを明かし、「イジメから守ってくれなかった飯尾社長、そして番組降板を突然言い渡し、今日生出演をさせないという判断を下さりました正木さん、ありがとうございました」と笑顔で語っていました。

小林麻耶アナが番組降板を発表した動画

その後生放送された『グッとラック!』に小林麻耶アナの姿はなく、番組内でも小林アナの不在は一切触れられることなく終了し、『生島企画室』はその後公式サイト上で、小林アナとの契約終了を発表しました。

契約終了の理由については、「慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為」と説明しました。

<↓の画像が、生島企画室が発表のコメント全文の写真>
小林麻耶アナが事務所クビ、生島企画室のコメント全文

この一連の流れに対してネット上では様々な憶測が飛び交い、小林麻耶アナが『グッとラック!』のスタッフからイジメを受けていたと主張していることで物議を醸していたのですが、TBS側は各メディアの取材に対して、「小林さんと番組との間で日程的に合わないことがあり、小林さんは番組から離れることとなった次第です」と説明し、スタッフのイジメに関しても「事実ではありません」とキッパリ否定。

また、番組司会の落語家・立川志らくさんとの意見の相違に関しても、「そうしたことが要因となった事実も一切ございません」と、番組降板とは関係ないと回答しています。

『スポーツニッポン』(スポニチ)の取材によれば、小林麻耶アナは9日夜に翌日予定していたロケ内容に対して「これは無理、あれはやりたくない」、「ロケに行きたくない」と言って拒否し、最終的にロケが中止になったことから番組降板が決定、11日にTBS側から事務所に降板を伝えたそうです。

小林麻耶アナは以前から仕事をドタキャンしたり、夫の國光吟さんが付き人として仕事現場に同行し、番組に口出しするなどしてトラブルになっていたといい、『中日スポーツ』は最近の小林アナについて、「普段は礼儀正しく、少し天然で明るいキャラクターだが、夫と一緒に仕事の際は片意地を張ることが多く、事務所サイドも手を焼いていた」と伝えています。

<↓の画像は、小林麻耶アナと夫・國光吟さんの2ショット写真>
小林麻耶アナと夫・國光吟

『サンケイスポーツ』の取材によると、小林麻耶アナはここ最近、事務所から言われた仕事を一度受けながら、突然「聞いていない」と言って突っぱねることもあったといい、感情の起伏があまりに激しいことから事務所に入ってから約1年半の間に、マネージャーが4人代わったとのことです。

そして、夫の國光吟さんが小林麻耶アナのマネージャーのように番組ロケ現場に同行するようになり、スタッフに対して「神のお告げでここはやめた方がいい」「そこは運気が悪い」などと語り、ディレクターに演出の変更を要求することもあったといい、小林アナも「そうだよね」などと同調し、番組制作に支障をきたしていたことで番組側から「ご主人は来ないでほしい」と伝え、2週間ほど前から國光さんは“出禁”扱いとなっていたそうです。

そうした中で、10月29日の生放送中に立川志らくさんが「母親がいないとね。子供にとって不幸なこと」と発言し、これに対して小林麻耶アナは怒りをあらわにし、目に涙を浮かべながら反論する場面がありました。

その後のCM中に小林麻耶アナは、國光吟さんがいないことを寂しがり、動揺しながら「誰か私のことを抱きしめてくれませんか」などと言っていたそうです。

このように様々な裏情報が報じられる中で、13日朝に放送のラジオ番組『生島ヒロシのおはよう定食/一直線』(TBSラジオ)に、『生島企画室』の会長で元TBSアナウンサーのタレント・生島ヒロシさんが出演し、小林麻耶アナの番組降板、事務所との契約終了について言及しました。

生島ヒロシさんは今回のトラブルについて、「本当に残念なことになってしまった。特に『グッとラック!』のスタッフの期待は大きく、プロデューサーも配慮してくれた。どうして、こういうことになったのか。僕に知らせると心配すると配慮があったのかな」と残念がっています。

<↓の画像は、生島ヒロシさんと小林麻耶アナの写真>
生島ヒロシと小林麻耶アナウンサー

また、小林麻耶アナがYouTubeの生配信で番組降板を発表すると共に、スタッフからのイジメや事務所社長が守ってくれなかったと訴えたことについて、「内容は後から聞いたんですけど、そこまで言うのかなと驚いちゃいました」と困惑したことを明かしています。

そして、「せっかくある才能はもったいないなと。夫婦間のこととかよくわかりませんが、本当に能力が高く、才能がありますし、生放送における瞬発力とか、アナウンサーとしての可能性は大きいものがある」「今のままだと僕なんかも残念で残念で仕方がない」「本来の麻耶ちゃんにグレートリセットしてほしいと心から願います」と語っていました。

ネット上では今回のトラブルに対して、

  • 番組の降板だけなら、発言に問題があっておろされたのかな?って思うけど、事務所も解雇となると。。。
    恋のからさわぎから知ってたし、妹さんのこともあるし、少し心配。テンションといい、話す内容といい、大丈夫かな。。
  • 生放送をすっぽかし番組と所属社長のせいだと言われれば、即刻降板と解雇は当然の処置ですよ。
    言い分があるなら穴を開ける前に交渉すべきで常識的に考えて、もう地上波では需要なしですね。
  • せっかく立ち直りつつあったのに残念。もともとメンヘラな感じだったけど、安定してたからよかったなと思っていたが、怪しい男と結婚してからまたおかしくなったイメージ。立ち直ってほしい。
  • 可哀想に心の隙間に入り込まれたんだね。もうこっちの世界には帰ってこれないかも。
  • 旦那が厄介な存在のような気がしますね。youtubeでも情緒不安定というか気味が悪いレベル。
    本来の姿は知らないけれど、収録ドタキャンの翌日に契約解除したということは、事務所側からしてもどうしようもない感じだったんだろうな
  • 旦那の洗脳や入れ知恵が裏にあることは容易に想像される。旦那はテレビに出たとき、終始奇妙な笑顔をしていたが、どうも気味悪く感じていた。
  • うかつには使えない爆弾芸人だな。何を当然暴露するか分かったモノじゃねぇな。それともスピリチュアル旦那のマインド・コントロールか?。
  • X Japanのトシさんみたいですね。心が弱っていた時に入り込まれて、洗脳された。今は教祖、旦那の言葉しか信じられないないのでしょう。
    洗脳を解くのは容易ではない。貴乃花の時もだけど、本人はそう思ってはないのだからね。
    全てに気が付いて、トシや貴乃花のように正気になり復帰するのか。周りに親身になって、マインドコントロールを解いてくれる人がいればいいけど。
    旦那からしたらいい鴨。単純だから騙しやすい。

などの声が上がっています。

『グッとラック!』からの降板を巡っては様々な憶測が飛び交っていましたが、現時点で各スポーツ紙などが伝えている情報を見る限りでは、小林麻耶アナと國光吟さん側に大きな問題があった可能性が高いようで、番組降板や事務所との契約終了も時間の問題だったのかもしれません。

『東京スポーツ』(東スポ)によると、以前から小林麻耶アナは事務所の間で「事務所を辞める・辞めない」「番組を降板する・降板しない」で揉め、『グッとラック!』を降板になりかけたこともあったといい、その際には番組プロデューサーが間に入って降板は回避されたものの、10日の番組ロケをドタキャンしたことが決定打となって降板が決定したとしています。

また、このトラブルに対してTBSの上層部は激怒しているといい、小林麻耶アナを番組に起用するのはNGというのが共通認識で、今後は出入り禁止になる可能性が高いようです。

この他にも、今回の騒動がきっかけで、小林麻耶アナと國光吟さんのスピリチュアルな活動が再びクローズアップされており、國光さんによる洗脳、マインド・コントロールが背景にあるのではとの憶測も飛び交っています。

以前から小林麻耶アナの結婚、その後の変化を心配する声は多く上がっており、SNSやブログなどでも怪しい言動が目立ったことで、いつか大きなトラブルを起こすのではないかと懸念されており、予想されていた通りの展開を迎えてしまったという感じです。

小林麻耶アナはYouTubeの生配信で一方的に番組降板を発表、番組スタッフからのイジメなどを主張し問題視されているほか、國光吟さんもその前の生配信動画の中で立川志らくさんの言動に激怒し、「あのMC、どうかしてますよ。ダッサ」「何ごまかしてんだよ、男らしくない。自分が正論言ってると思ってんじゃねぇよ。全然トンチンカンなこと言ってっから」などと語っており、こちらも物議を醸しています。

國光吟さんが立川志らくさんに激怒している配信動画

こうした夫婦の言動によって、テレビ局側がトラブル発生を懸念して起用を控える可能性は高く、テレビから完全に姿を消すのも時間の問題となりそうですが、そうなることによってより夫婦の絆が深まっていき、よりおかしな方へ向かっていきそうで今後が心配になりますね。

参照元
  • https://www.chunichi.co.jp/article/153112/
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/13/kiji/20201113s00041000123000c.html
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20201113/geo20111305000009-n1.html
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2400096/
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2398872/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4ODUxMTc5

    こんな人を
    コメンテーターとか無理無理!
    一般人でもわかること。

    問題起こるだけ!

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4ODUxMTc5

    ご主人、
    10歳くらい年下?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について