小島瑠璃子の仕事減少、番組視聴率低迷でタレント生命の危機? 露出減の理由と今後、中国進出を計画も…

小島瑠璃子

マルチな活動で人気を集めているタレントの“こじるり”こと小島瑠璃子さん(こじま・るりこ 26歳)が現在、ピーク時に比べて仕事が減少し、タレントとしてピンチを迎えていることを週刊誌『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が報じています。

デイリー新潮によれば、小島瑠璃子さんは2015年4月スタートの情報ワイドショー番組『サタデープラス』(TBS系 土曜午前8時)で、関ジャニ∞・丸山隆平さんと共にMCを務めているのですが、番組の視聴率が伸び悩み、4月スタートの裏番組『土曜はナニする!?』(フジテレビ系 土曜午前8時30分)に早速数字を抜かれてしまったとのことです。

『土曜はナニする!?』は、“ぐっさん”こと山口智充さんがMCの『にじいろジーン』の後番組として4月からスタートし、MCは南海キャンディーズ・山里亮太さん、元テレビ朝日でフリーの宇賀なつみアナウンサーが務めており、初回平均視聴率は6.9%と好視聴率を記録、その後も5~6%台で推移しているといいます。

<↓の画像は、『土曜はナニする!?』MCの山里亮太さん&宇賀なつみアナの写真>
南キャン山里亮太&宇賀なつみアナ『土曜はナニする!?』MC(にじいろジーンの後番組)

一方の『サタデープラス』は、平均視聴率が4%台を連発しているような状況といい、それによってこれまで何度かテコ入れとして、番組内容や出演者のリニューアルが行われており、今年3月をもってMCの1人だった小堺一機さんが降板、さらに4月からは「食」「音楽」「青春」「感動」などのテーマを扱うスポーツ生バラエティ番組となり、スポーツ関連の話題を取り上げる内容となりました。

<↓の画像は、『サタデープラス』MCの丸山隆平さん&小島瑠璃子さんの写真>
サタプラMCの丸山隆平&小島瑠璃子

しかし、民放プロデューサーは『サタデープラス』について、「内容を変えたことで小堺一機がMCを離れましたが、丸山隆平と小島瑠璃子の2人がそのまま残りました。この2人が噛み合わないというか、こじるりの元気のなさが気になりますね。」と指摘しています。

また、小島瑠璃子さんは2015年のテレビ番組出演本数が女性トップの429本本まで伸ばしたものの、2016年は413本で2位、2017年は291本で10位、2019年は271本で9位と低迷し、昨年ついにTOP10圏外にまで落ち込み、かつての勢いを完全に失っているとしています。

その原因については、「MCなどに起用されるようになると、ギャラが変わってくる。ギャラが上がれば、使いづらくなりますからね。こじるりも『サタプラ』のMCに就任したことでギャラが上がり、使いにくくなったと言われています。どの局も緊縮財政ですからね。」と語っています。

ギャラの上昇などもあり、2012年からMCを務めていたスポーツニュース番組『S☆1』(TBS系)を2017年3月に降板、2013年4月から曜日レギュラーを務めていた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を今年3月で降板になったようです。

そして、レギュラー番組が減少しメディア露出が減少することによって、「旬は終わった」というイメージが業界内でも拡がり、番組制作会議でも名前が挙がらなくなるそうで、「こじるりももう26歳ですからね。彼女に代わる存在としては、藤田ニコルと滝沢カレン、そしてファーストサマーウイカ、“みちょぱ”こと池田美優、“ゆきぽよ”こと木村有希……。いくらでもいますよ」と、小島瑠璃子さんの代わりになるタレントは多くいるとしています。

ただ、小島瑠璃子さんは2009年の『第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得、これによって大手芸能事務所『ホリプロ』に所属しており、事務所入りの経緯が同じ榊原郁恵さん、堀ちえみさん、井森美幸さん、山瀬まみさん、佐藤仁美さん等のように、今後また人気が上昇する可能性はあるとしています。

これに対してネット上では、

  • 小島瑠璃子がどうこうというより、番組の内容が面白くない。フジも同じ。結局はMCよりも番組の内容が大事。
  • 正直この人の良さがわからない…。出てるとなんだかうんざりしちゃって、チャンネル変える人の1人。
  • きゃんきゃん騒がしいイメージが強すぎて好きになれない。
    それに大したコメント言える訳でもなく…正直いって若さだけで今まできたが、これからはかなり厳しくなると思う。
  • 性格の良し悪しは知らないが、あのテンションは耐えられずチャンネル替えてました。
    元気印を売りにしていたからキャラ変すると需要が無くなるかも。
  • こじるりは使う側・制作サイドには重宝され人気なのかも知れないが、視聴者にはアンチが居るのが事実。器用に熟してる感がね…謙虚さも無いしなぁ。
    まっ、スカウトキャラバン優勝者ならば、会社に楯突かなければ大丈夫かな?ホリプロだもんな
  • 性格の悪さと無神経さが露呈してしまって好感度ダダ下がりなので、これからはTVの露出が、もっと減っていくと思う。
    元々明るさだけ取り柄で何の芸もないタレントさんだったからね仕方ないね。
  • 個人的には不倫前のベッキーに感じていた嫌悪感を今こじるりに感じてます。
    正直、ベッキー並みの大スキャンダルを起こして早く失脚してほしいと思ってます。
  • こじるりの何がダメって、品がないのよ。強気でしっかりものキャラだけど、うるさいし、言葉も態度も雑だから見ていて鬱陶しい。
    長続きするタレントさんて、例えば井森さんにしても郁恵さんにしても明るいけど雑ではないんだよね。

などの声が上がっています。

小島瑠璃子さんはトーク力があって物怖じもせず、総合的なバラエティ力の高さから一気にテレビ番組への出演が増えていった印象ですが、支持する声がある一方で、言動の“あざとさ”などが原因でアンチも多く、好感度はあまり高くはありません。

視聴率などメディア調査を行っている『ビデオリサーチ』が毎年2回行っている『テレビタレントイメージ調査』を見てみると、テレビ番組出演数が女性トップになった2015年も、上位20人の中には入っていませんでした。

ちなみに、当時女性タレントで上位に入っていたのは、ベッキーさん、ローラさん、イモトアヤコさん、柳原可奈子さん、ハリセンボンなどです。

2016年以降のランキングにも一度も登場しておらず、女性タレントではイモトアヤコさん、いとうあさこさん、渡辺直美さんが上位常連となっており、ホリプロ所属では女優の綾瀬はるかさん、石原さとみさん、深田恭子さんの3人が上位にランクインしていますね。

また、認知度・関心度を掛け合わせた値でランク付けする『日経エンタテインメント!』による『タレントパワーランキング』でも、これまで上位にランクインしたことは一度も無く、あまり良い評価を受けていないことがうかがえます。

小島瑠璃子さん自身も今後の芸能活動に不安を感じているようで、今年は中国に移住し中華圏でも活動を行っていく予定だったと語っています。

12日深夜放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演した際、中国進出を計画した理由を聞かれると、「中国語が合っていたという感じ。日本から近いから、日本の仕事をやりながら交互にできるかなと思って。あと、ハリウッドでウケる顔ではないなと思って。」などと説明しています。

また、これまでの芸能生活と今後については、「こっから持久戦。パーツを組み終わって、あと何キロ、タイヤを擦り切れないで走れるか。組み立てる作業を15歳から25歳までガンガンやって。組み上がったけど、これどのくらい走るんだろう……という感じなんですよ。10年前から組み上げてるので、これ合ってるのか?大丈夫か?とりあえず走ってるなぁ……みたいな感じなんですよね」などと語り、こうした思いからもう一度ゼロから再スタートを切りたいとのことです。

小島瑠璃子さんは頭の回転が早くて機転も利くなどと評価されており、現在自分が置かれている状況などを冷静に分析することも出来ているようなので、今は低迷しているものの様々な活動を経て、今後また盛り返していきそうな気もしますが、いくらでも代わりがいると言われる厳しい芸能界で、生き残ることは出来るのかどうか今後に注目ですね。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05221100/
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/13/kiji/20200513s00041000163000c.html
  • https://sirabee.com/2020/05/13/20162324528/
  • https://npn.co.jp/article/detail/5487799
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTc2

    未来の勝間和代

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMzQ5OTQy

    ハリウッドも考えてたってこと!?
    は~~~~~~???日本で何もなしとげてないのに?
    アカデミーにノミネートされたことすらないのに!?
    てか演技してた!?
    勘違いも甚だしいな!
    中国なんて美人さんいくらでもいるしちんちくりんのこじるりが売れると思うか~?
    勝負できたとしても親日の台湾くらいでしょ
    調子のってるね~

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について