実写映画『るろうに剣心』新作で武井咲ヒロイン降板? 理由は育児に専念? 週刊女性が裏事情報道も…

佐藤健&武井咲

佐藤健さん主演の実写映画『るろうに剣心』シリーズ第4弾の製作が決定し、本格的に動き始めていることを25日発売の週刊誌『週刊女性』が報じており、キャストの変更が迫られていることも伝えています。

『るろうに剣心』は1994年~1999年に『週刊少年ジャンプ』で連載され、アニメやゲーム化などされ、2012年と2014年に実写映画化されたことで再び大きな注目を集めることになり、昨年9月からは新シリーズがスタートし話題になりました。

<↓の画像は、昨年から新章がスタートした『るろうに剣心』の写真>
るろうに剣心・北海道編

物語は明治時代初期の日本を舞台に、実際の歴史的な事件など史実や実在の人物を登場させながら、「人斬り抜刀斎」として恐れられる伝説の刺客・緋村剣心(ひむら・けんしん)が、明治維新後に「不殺」(ころさず)を誓って流浪人として旅を続けながら、宿敵たちとの戦いを繰り広げ、贖罪(しょくざい)の答えや新時代での生き方を模索していく姿を描いた作品となっています。

2012年8月に、演出家・映画監督の大友啓史監督によって実写映画化され、主演は佐藤健さん、ヒロインは武井咲さんが演じ、その他に吉川晃司さん、蒼井優さん、青木崇高さん、綾野剛さん、窪田正孝さん、須藤元気さん、江口洋介さん、香川照之さんなど人気役者が顔を揃え、作品自体の評価も上々で、最終興行収入は30.1億円を記録しました。

<↓の画像が、佐藤健さん主演の実写映画『るろうに剣心』の画像>
実写版『るろうに剣心』1作目

2年後の2014年8・9月には、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の2作品が連続公開され、2作目が52.2億円、3作目が43.5億円と、共にヒットを記録していました。

実写版『るろうに剣心』2作目・3作目

続編には新たに、伊勢谷友介さん、神木隆之介さん、土屋太鳳さん、小澤征悦さん、滝藤賢一さん、中村達也さん、高橋メアリージュン、福山雅治さん、藤原竜也さんらが出演していました。

この3作品で興行収入は約126億円に上り、ついに期待されていた4作目の製作が決まったようなのですが、『週刊女性』の記事でスポーツ紙の記者は、「昨秋から動き始めたかったようですが、9月にヒロインである薫役の武井咲さんが妊娠を発表。11月には原作者の和月氏が児童ポルノ所持容疑で書類送検された。主演の佐藤健さんも朝ドラ『半分、青い。』の撮影に入ってしまいました。そういったこともあって製作がストップしてしまったんです」という裏事情を明かしています。

また、今秋から撮影がスタート予定だったそうなのですが、まだキャスティングが完全に決まっていないことから台本も完成していないといいます。

なお、すでに衣装製作は始まっており、ロケ地の確保など着々と本番に向けての準備は進められているといい、キャストについては降板者が出ることも覚悟の上で挑むようです。

映画配給会社の関係者は、「1作目に出演していた村田充さんは神田沙也加さんとの結婚後、現在は病気療養を理由に俳優業を休止中。すべての作品に出演してきた武井さんは今年3月に出産したばかりでまだまだ子育てに追われているでしょうからね。思い切って配役を変える案も浮上しています」と語っています。

<↓の画像は、魚沼宇水役を演じた村田充さんの写真>
『るろうに剣心』出演の村田充

<↓の画像は、神谷薫役を演じた武井咲さんの写真>
『るろうに剣心』出演の武井咲

芸能プロダクション関係者によると、武井咲さんは今年3月に長女を出産したばかりで、今は子育てに専念したいと思っているものの、所属事務所『オスカープロモーション』側は1日も早く復帰させたいと考えているため、2人の間では意見のすれ違いが起きているといい、現時点ではまだ『るろうに剣心』の4作目に出演するかどうかの最終的な返事はしていない状態とのことです。

そして、この報道を受けてネット上では、

  • 武井咲は演技下手だし要らない べつに芸能界にも復帰しないでいい 演技力も容姿も代わり以上が沢山いる
  • アクション身体能力抜群の清野菜名が来そう 佐藤健と『半分、青い』でも共演してる
  • 村田充の役はレギュラーキャラじゃないから実質1人だな
  • 村田さん演じたのって宇水じゃん。台詞無し&一瞬で切られた扱いから、欠かせないキャストになったなんて宇水さん大出世じゃん
  • むしろ弥彦をどうするかだよ
  • 田中 偉登 さんは18歳になり身長も172cmと、数cmですが佐藤健さんより高くなられたようです。確かに弥彦を演じるのは無理ですね…
  • 色々すっ飛ばして北海道編なら弥彦問題も解決だな 薫も老けたていでキャスト交代できる
  • 武井咲を別の女優にかえても問題ないでしょ。そっちの方がよかったってなりそう。佐藤健が山崎賢人にかわるとかなら大問題だけども。
  • 武井咲はヒロインの立場でもあるから、変えたらダメなんじゃないかな〜。そんなに違和感なかったと思ってるから不評なのが残念。昔のNANAみたいに宮崎あおいから市川由衣にダウングレードしたみたいにならなければいいけど…
  • 映画は何度も見たけど、神田沙也加の旦那さんが出ていたなんて気付かない。佐藤健と江口洋介が変わらなければ、別にいいかな。

などのコメントが寄せられています。

『るろうに剣心』の配給元『ワーナー・ブラザース』は、続編の映画化について「そのような事実は把握しておりません」と『週刊女性』の取材に答えているので、そもそも第4弾が製作されるのかどうかも怪しいのですが、『サンケイスポーツ』などは続編製作は決定していると報じています。

また、武井咲さんは夏に仕事復帰を果たしてCM撮影や雑誌の撮影などの仕事を行っているといい、女優復帰作は『るろうに剣心』シリーズの最新作とも伝えられていることから、出演となる可能性は高いのではないでしょうかね。

もし出演できなかった場合でも問題ないといった声も多く、最悪の場合交代してしまっても大丈夫そうではありますが、武井さんは一応ヒロインですし、『るろうに剣心』はヒットしている作品なので、今後の仕事のことも考えると最終的には出演となりそうな気がします。

とりあえずは現時点で続編製作に関する正式は発表は無いため、今後の発表に注目したいところで、前作から4年以上が経ちキャスティングもどうなるのかも注視したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について