天竺鼠・瀬下豊がワイドナショー出演、松本人志の後輩擁護発言も物議。不倫&妊娠中絶で炎上も…早期テレビ復帰で波紋

テレビ番組・映画 不倫・浮気 事件・事故・トラブル
  • 2

天竺鼠の川原克己&瀬下豊

不倫や過去の妊娠・中絶強要などを週刊誌『週刊文春』に報じられ、2ヶ月間活動を自粛していたお笑いコンビ『天竺鼠(てんじくねずみ)』のツッコミ担当・瀬下豊さん(42)が、26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でテレビ復帰を果たし、ネット上で物議を醸しています。

<↓の画像が、不倫などを報じられた天竺鼠・瀬下豊さんの写真>
天竺鼠・瀬下豊(セシタマン)

瀬下豊さんは3月に、20代女性・A子さんとの不倫スキャンダルを週刊文春にスクープされ、すぐに謝罪コメントを出し、妻からも許しを得たとして活動を継続していました。

最初の報道から3週間後に再び週刊文春が、過去に瀬下豊さんと不倫関係にあった女性たちの告発記事を出し、その記事では元タレントの30代女性・B子さんが、2014年から不倫関係にあったことや、2015年10月頃に妊娠が発覚したことを激白しています。

A子さんが瀬下豊さんに妊娠を伝えたところ、「堕ろしてくれ。育てる金がない。俺に家族がいるのを知って不倫したお前も悪い。嫁がお前を訴えて負債を抱えることになる」「大阪に安くて身分証も必要ない医者がいる。こっちで堕ろしてくれないか」などと言われ、人工妊娠中絶手術を受けたそうです。

また、瀬下豊さんのファンだった30代女性・C子さんは、2012年にSNSを通じて知り合い、車や公園、カラオケ店などで関係を持つなどし、アザが残るほど強く噛まれたり、壁に叩きつけられたり、失神するほど強く首を絞められるなど、様々な暴力を振るわれたと告発しています。

瀬下豊さんは週刊文春の取材に、B子さんの妊娠・中絶は事実だと認めた一方で、C子さんに対する暴力的な行為は「噛んでほしい、首絞めてほしいと頼まれて付き合っただけ」と弁明した上で、「芸人に見切りつけようかな。次出たら芸人辞めると決めていた。目茶苦茶やってきたからまた出てくるだろうし。今回ばかりは笑えないですしね」と、芸人引退を示唆していました。

しかし、引退はせずに2ヶ月間活動を自粛し、6月21日に同期の『かまいたち』『藤崎マーケット』とのお笑いライブ『かま天マーケット』で活動を再開、そして26日放送の『ワイドナショー』でテレビ復帰も果たしました。

スーツ姿で登場した瀬下豊さんは神妙な面持ちでカメラに向かって、「自分ごときが時間を使ってすみません。関係者各位、ファンのみなさまに多大なるご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げて謝罪しました。

<↓の画像は、ワイドナショーでテレビ復帰した天竺鼠・瀬下豊さんの写真>
天竺鼠・瀬下豊『ワイドナショー』出演画像

活動自粛期間中の生活を聞かれると、最初の1ヶ月は自宅から一歩も出ずに、家族に食事を作るなどしていたとし、その後は外に出て息子が野球をしている河川敷の草むしりなどをしていたそうです。

不倫報道に対する家族の反応については、第1報の時点で妻は「ああ、撮られたんや」ぐらいのリアクションで、それほど驚いていなかったそうですが、第2報はその内容から驚いていたと明かし、子供にこの問題を伝えるのはシンドかったといい、妻が遠回しに明るく子供たちに話をしたとのことです。

そして、週刊文春の直撃取材を受けた際、芸人引退を示唆した理由についても語り、「記事の内容を聞いた時に、『子供がいるのでちょっとキツい』なと。『どうすれば記事は出ないんですか』と。テンパっていたので。例えば『一般人に戻ったとしたら(記事は)出ないんですか』という風に言ったんです。(本気で芸人を)辞めようとは思っていませんでした。仕事を辞めると言っても、記事を出すのかなという思いから、パッと出てしまった」と説明しています。

報道から2ヶ月が経っての活動再開については、このタイミングでの復帰は自身も早いと思ったと正直に明かしつつ、活動を自粛していても状況は何も変わらないと考え、今自分にできることをやろうと思っているとしています。

これらの発言を受けて、『吉本興業』の先輩である『ダウンタウン』の松本人志さんは、どこまでフォローしたらいいのか分からないとした上で、第2報は瀬下が売れていない時の話。過去を掘り起こすのは、スキャンダルとしては“ルール違反”なんじゃないかなどと持論を展開し、後輩を擁護していました。

天竺鼠・瀬下豊さん出演の26日放送『ワイドナショー』の動画

瀬下豊さんの活動再開、松本人志さんの擁護などに対してネット上では、

  • チャンネル変えた。この番組で禊ぎさせるの辞めてほしい
  • 身内にだけは甘いな
  • マイルールの押し付けするとか さすが松本さん
  • 被害女性からしたら年月は関係ないよね。テレビで頻繁に見るようになって、怒りや恐怖が蘇って気持ちが公に出たんだろうなと思う
  • 松本の擁護感が気持ち悪かったわ。赤ちゃんを堕胎さしてるのに年数なんて関係ない
    エゴで作ってエゴで殺すなんて、何年前にやろうが酷い事に変わりないわ
  • 嫌悪感しかなかった。すぐチャンネルを変えた。ワイドなショーは二度と見ないし、ダウンタウンの番組もこれからは見ない。
  • 父親押ししてたのに不倫はアカン
  • 子供がいるのに平気で中絶強要出来るとか人間性を疑う。妊娠や胎児を何だと思ってるのだろうか。
  • 一歩も出ずご飯作ってたって、買い物は嫁に行かせてたんですね
  • お好きにどーぞ。需要があるかは別問題。
  • もうこの人じゃ笑えない 自分に需要があると思って表に出てこられる根性が不思議で仕方ない
  • もうどう足掻いても無理じゃないかな。遊び方がエグ過ぎた

などの声が上がっています。

ネット上ではこの他にも、不倫スキャンダルで1年7ヶ月にわたり活動自粛していた『アンジャッシュ』の渡部建さんを引き合いに出し、渡部さん以上にゲスな行為をしていたにも関わらず、たった2ヶ月で活動を再開させ、テレビ番組にも出演したことに疑問の声が上がっています。

瀬下豊さんはかねてから女癖が悪いことで有名で、それを自らネタにしていたこともあって、単なる不倫スキャンダルであればダメージはそこまで大きくなかったとみられます。

しかし、いくら過去の話と言っても妻と結婚し、長男(14)と長女(11)が誕生後に、浮気相手の女性を妊娠、中絶させていたことまで明らかとなった以上は、いくら松本人志さんらが擁護したとしても、以前のようにテレビ番組に出演するのは難しいかと思います。

また、瀬下豊さんは週刊文春の取材に対して、「目茶苦茶やってきたからまた出てくるだろうし」と語っており、今後また大きな爆弾が投下される可能性もあるので、起用する側も慎重になるのではと思いますが、世間から猛バッシングを受けながらも、今後どういった活動で再起を図るのか見ものですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    どうしてお笑い芸人って擁護が下手なんだろ。番組では泣くほど叱って、裏でフォローしたほうがいいのに、ベッキーのときから何も学んでいない。ゲスを潰したい側はやり易いけどな。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    あの岸田下げの安倍政権大好き自民党番組ね

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!