堺雅人主演の『半沢直樹』続編はスペシャルドラマで放送か!?先延ばしになっている理由とは!?

堺雅人 半沢直樹

俳優の堺雅人さん(40)が主演を務めた『半沢直樹』(TBS系)は、最高視聴率が42.2%(関東地区)を記録し、これは2013年の年間視聴率でNHK紅白歌合戦に次いで2位と言う輝かしい成績で、また昨年の流行語大賞には、ドラマ中で決め台詞として使われていた「倍返し」が選ばれるほどの社会現象となり、そしてドラマ終了後してすぐから続編化を望む声が多く出ていますが、続編の噂は出るものの具体的な話はまだ進んでいないと言われています。

そんな中、4月期から同ドラマの原作者である池井戸潤氏のドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)が始まり好評なため、同ドラマの続編を望む声が日増しに大きくなっている。

あまりに続編との間隔が開いてしまうと、視聴者がしびれを切らし続編に対する期待の声も減っていきかねませんが、果たして現段階で関係者はどのような考えをしているのでしょうか…。

それには、さまざまな事情で話が前に進まないこともあるのですが、堺さん側としては続編を放送する危険性も十分に考慮に入れているといいます。

それは過去に続編で失敗したケースは数え切れないほどあるためで、仮に『半沢直樹』が期待したような数字が取れなければ、堺さんに責任が問われかねず、また、役者はヒットドラマが出たら出たで、『何をやってもあの役にしか見えない』と言われることもあり、続編出演に対し慎重になっているのだとか。

ですが、連続ドラマではなく、「2時間スペシャル」での放送の可能性は高いそうで、我々はそれを気長に待たなければならない…。

これにネットでは、

  • もうこういう記事が信じられなくなった。公式さんが続編決定と言わない限り信じません!
  • ここまで面白いドラマなので本当にどうすれば一番の形か・・・視聴者は来年でもいいので連続ドラマという形を一番望んでいます。スポンサーやテレビの政治に屈しない制作者が本当に面白いと思える作品を期待しています
  • これだけ騒がれれば、キャスティング、主題歌なし等の「半沢直樹」の、後付の、理由がなくなる可能性だってある。少し落ち着いて、番組構想をねれるようになってからでいいのではないかと思います。
  • 別に続編なんていらない
  • 前の仁みたいに続編が尻すぼみになるとせっかく上げた価値がまた下がる。堺の事務所は賢い選択をしてる

などのコメントがありました。

堺さんの所属事務所は現段階で、堺さんのスケジュールが一杯で続編の話は白紙状態であること、堺さん自身が続編に対して『半沢直樹』の映画化には興味がないことを明かしています。

そして今回はスペシャルドラマの話が出ていますが、堺さんサイドはTBSが今期放送しているドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』が『半沢直樹』と同じ原作者・池井戸潤さんの作品であることや、主要のスタッフが同じであることでTBSに対して不満を持っており、『半沢直樹』の続編の話が進むのはまだまだ先になりそうです。

最悪の場合、続編の話は幻で終わってしまうかもしれないですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について