唐田えりか&剛力彩芽『極悪女王』で体重10キロ増加。太って体当たり演技披露も肉体改造に限界か…画像あり

テレビ番組・映画 事件・事故・トラブル 噂・疑惑
  • 4

唐田えりか&剛力彩芽

ピン芸人・ゆりやんレトリィバァさんが初主演するドラマ『極悪女王』(Netflix 来年配信予定)に、女優・剛力彩芽さんと唐田えりかさんも出演し、役作りのために体重を10キロも増やし、体当たりの演技を見せていると週刊誌『フラッシュ』が報じています。

1980年代に悪役プロレスラーとして活躍したダンプ松本さんの半生を描いたドラマ『極悪女王』は、現時点で正式発表されているキャストは主演のゆりやんレトリィバァさんのみですが、剛力彩芽さんがライオネス飛鳥さん役、唐田えりかさんが長与千種さん役を演じることが週刊誌の報道で明らかになっています。

<↓の画像左がライオネス飛鳥さん、右が長与千種さんの写真>
元クラッシュギャルズ・ライオネス飛鳥&長与千種

フラッシュによれば、『極悪女王』の撮影は7月からスタートし、東京都内で剛力彩芽さんと唐田えりかさんの姿をキャッチしたとしています。

この日は、唐田えりかさんと剛力彩芽さんが路上でぶつかるシーンを何度も撮影し、唐田さんは転んでは起きという体当たりの演技を繰り返していたとのことです。

撮影は和やかな雰囲気で行われ、剛力彩芽さんが唐田えりかさんに何か話しかけると、大声で爆笑する場面もあったそうですが、芸能関係者は撮影現場について、「唐田さんの付き添いで、マネージャーと一緒に所属事務所の社長が頻繁に来るんです。事務所側としては“普通のマネジメント”かもしれませんが、あの不倫騒動後の本格復帰作だけに、スタッフたちは唐田さんサイドに非常に気を遣わねばならず、ピリピリしているそうです」と明かしています。

<↓の画像は、唐田えりかさんと剛力彩芽さんの2ショット写真>
唐田えりか&剛力彩芽『極悪女王』撮影現場画像

また、制作スタッフを悩ませているのは出演者の“体重問題”とし、主演のゆりやんレトリィバァさんは筋力トレーニングやプロレスの訓練を行い、体重を65キロから93キロまで増量させたことを告白しています。

一方の剛力彩芽さんと唐田えりかさんは、今年1月から肉体改造を開始したといい、「互いに10kg近く増量しましたが、2人とも“目標体重”までは届いていません。もともと体型が細いこともありますが、食べても体重が増えてくれないそう。剛力さんに関しては、トレーナーも『あと5kgが限界では……』とお手上げでした。」と、前出の芸能関係者が撮影の舞台裏を明かしています。

<↓の画像が、『フラッシュ』撮影の唐田えりかさん、剛力彩芽さんの写真>
唐田えりかと剛力彩芽が激太り?ドラマ極悪女王の撮影現場隠し撮り画像

また、「本格的なプロレスシーンはこれからで、まだ時間はありますが、スタントを起用する可能性も浮上しています」とした上で、「この作品のメインキャストには実績ある役者が少なく、2人としても『自分たちが頑張らないと』という思いが強いそうです。なんとか、増量してくれるのではないでしょうか」と語っています。

この報道を受けてネット上では、

  • 元々痩せてる女優を起用して、太ってくださいというのはどうなんだろう。仕事を受ける方も健康面などもっと考えた方がいいと思う
  • プロレスに敬意がある人のキャスティングとは思えない。見た目だけじゃなく、声も動きも似せれるとは思えない。
  • わざわざ本当に太らなくても顔も身体も特殊メイクすればいいんじゃないのかな。
    仮に元の体重が48キロだとして、そこから15キロ増量なんて無理があるよ。しかも、それで目標体重に届かないなんて。再び減量するのも身体に負担がかかるし
  • そもそも女優半分モデル半分と言う方に何故にプロレスラー役でオファーしたの?
    太れないというか、ずっとモデル体型でいた人にハリウッドの俳優張りに瞬時に太って痩せてなんて、そんな自由自在にできないでしょ。
    唐田さんと揃って話題性だけを追う制作側の意図が何だかなーという感じ。別に見なくていいや。
  • こういうのって女優さんたちを無理に増量させてまでやる必要あるのかな?元々がたいが良かったり、ぽっちゃり目な女優さんたちに鍛えてもらってやればいいのに。
    細身な2人は仕事が無かったら受けたんだろうけど、明らかに元々太れなさそうな人たちにオファーするっていうセンスがよくわからない。
    ゆりやんもどんなに苦労して鍛えて痩せたか分かる分、本人が納得して受けた仕事とはいえ体が心配で仕方ない。
  • これは話題だけでなんとかしようとしてる作品?スキャンダル女優とダイエット成功した芸人キャスティング。それで太らせようって…。
    元々線の細い感じがするから難しいんじゃない?でもある程度ガタイよくないとおかしい。そもそもキャスティングミス。

などの声が上がっています。

唐田えりかさんと剛力彩芽さんのキャスティングを巡っては、以前からネット上で物議を醸しており、細身でモデル活動もしている2人をわざわざ起用したのは、単に話題作り目的なのではとの指摘も少なくありません。

唐田えりかさんは2年前に、俳優・東出昌大さんとの不倫スキャンダルをスクープされ、これが原因で芸能活動をしばらく休止し、昨年から女優業を再開させましたが、メディア露出は激減しています。

一方の剛力彩芽さんは、実業家・前澤友作社長との交際報道後にイメージが悪化、そうした中で2年前に芸能事務所『オスカープロモーション』から独立しました。

『極悪女王』は、放送作家・脚本家として有名な鈴木おさむさんが企画・プロデュース、脚本を担当している作品で、鈴木さんにも批判の矛先が向かうなどして物議を醸していますが、ゆりやんレトリィバァさんの主演が発表された際には、「体を鍛えたゆりやんさんに会い、うわ、ダンプ松本だ!と思いました。主役を決めるオーディションの時のゆりやんの芝居。涙、迫力、忘れられません。白石監督の演出によりきっと世界中の人が興奮できる物語になるはずです!」「ゆりやん主演の『極悪女王』で、Netflix世界一を取ります!」とのコメントを出していました。

<↓の画像は、ゆりやんレトリィバァさんのビフォー・アフター写真>
ゆりやんレトリィバァ激太り・役作りで太る前と後のビフォーアフター画像

現時点では、プロレスファンからも疑問や批判の声が上がっていて、前評判は最悪と言っても過言ではない状況ですが、出演者それぞれが良い演技を見せてくれることに期待したいです。

参照元
  • https://smart-flash.jp/entame/192703
  • https://www.news-postseven.com/archives/20220720_1775288.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzcyNDA1MjI3

    心から哀れを感じる

  2. 2
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    だから鈴木おさむは嫌いなんだよ。

  3. 3
    匿名
    ID:MTk4OTkwMTkw

    唐田えりか 可愛ーい

  4. 4
    匿名
    ID:MTkyMzI0NTk2

    剛力相変わらず態度でかそう

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!