佐々木希のドラマ『デイジー・ラック』エンディングダンス話題、逃げ恥・恋ダンスの二番煎じと批判の声も…

『デイジー・ラック』出演者

2月末に第1子妊娠を発表し、今秋に出産予定の女優・佐々木希さん(ささき・のぞみ 30歳)が主演のドラマ『デイジー・ラック』(NHK 金曜22時)が20日からスタートし、この作品に出演している佐々木さんをはじめ、夏菜さん(28)、徳永えりさん(29)、中川翔子さん(32)がエンディングで披露しているダンスが視聴者の間で反響を呼んでいるようです。

『デイジー・ラック』は、2016年10月期に実写ドラマ化され大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(略称:逃げ恥)の原作者・海野つなみが、2000年~2001年にかけて連載していた同名人気漫画が原作となっています。

この作品では、30歳を迎えようとする女性たちの繊細な心の揺れ動きを描いており、2014年に行われた海野さんのデビュー25周年記念イベントでは、「ファンが選ぶいちばん好きな海野作品」に選出されています。

<20日からスタートしたドラマ『デイジー・ラック』>
NHKドラマ『デイジー・ラック』

実写ドラマでは、佐々木希さん、夏菜さん、中川翔子さん、徳永えりさんの4人が幼馴染の役を演じ、その他に劇団EXILE・鈴木伸之さん、桐山漣さん、磯村勇斗さん、長谷川朝晴さん、井上苑子さん、浅香航大さん、矢野聖人さん、栁俊太郎さん、MEGUMIさん、芦名星さん、とよた真帆さん、小林隆さん、片平なぎささん等が出演しています。

『デイジー・ラック』のエンディング主題歌には、歌手・Crystal Kayさん(クリスタル・ケイ 32歳)の約1年ぶりとなる新曲『幸せって。』が起用されているのですが、エンディングでは同曲に合わせてメインキャスト4人がダンスを披露しています。

<↓の画像は、ドラマ『デイジー・ラック』エンディングダンスの写真>
『デイジー・ラック』エンディングダンスの画像1枚目

『デイジー・ラック』エンディングダンスの画像2枚目

ニュースサイト『シネマトゥデイ』によれば、初回放送後には視聴者から「可愛かった!」「ダンス覚えたい」といった声が上がっていたほか、早くも男性キャスト版のダンス映像にも期待する声が上がっているとしています。

そして、この報道に対してネット上の反応を見てみると、

  • そんなに激しくないし恋ダンスよりもイージーそうだし、ちっちゃい子供も真似しやすいだろうなと思った。そういうところがNHKらしいのかな
  • 佐々木希も妊婦さんだし、あれくらいが見るにもちょうど良い!もうちょい激しかったらちょっと心配になっちゃうかも。
  • 恋ダンスの二番煎じでしょ
  • 結局は恋ダンスの下位互換でしかない
  • ダンスというより、みんなの体操に近いような、、、
  • ひなぎく会(メインキャスト4人の女子会の名称)で演技の練習したほうがいいわ
  • テレビ局としては第2、第3の恋ダンスみたいな感じで続いていきたいんだろうね。馬鹿の1つ覚えと言ったら悪いけど、1回世間がいいって反応するとうんざりするくらいテレビは続けるからしばらくはドラマのエンディングで出演者が踊るんじゃない?
  • 見てみたけど、クオリティが学園祭レベルでした。佐々木希の顔ちっちゃ!って思っただけ。多分出演者も、これでは恋ダンス勝てんだろ…って内心思いながら撮影したことでしょう
  • 完全に二匹目のドジョウを狙っているのが見え見えなものにどれだけ世間が食いつくか?

などのコメントが寄せられており、好意的な意見が寄せられている一方で、冷ややかな反応も多く見受けられます。

1年半前に大ヒットした『逃げ恥』のエンディングでは、星野源さんの楽曲『恋』に合わせて出演者たちが“恋ダンス”を披露したことで大きな反響を呼び、YouTubeなどには数多くの「踊ってみた動画」などが投稿され社会現象にもなりました。

恋ダンスによってドラマの注目度が上がり、視聴率アップにも大きく貢献したとみられており、『デイジー・ラック』の原作者が『逃げ恥』と同じ海野つなみさんということもあって、『デイジー・ラック』でも出演者たちによるダンスをエンディングに入れたのかもしれませんね。

『逃げ恥』のエンディング曲『恋』のミュージックビデオ

ちなみに、『デイジー・ラック』のエンディングダンスで振り付けを担当したダンサー・Kozueさんは自身のインスタグラムに、とよた真帆さんや井上苑子さんら他のキャストと撮影した写真を投稿しているので、今後別バージョンのダンス映像がエンディングで流れるのではないかと思います。

これも『逃げ恥』と同じパターンで、NHK側が『逃げ恥』の恋ダンスを意識している可能性はかなり高そうですね。

ネット上では「二番煎じ」などと揶揄する声が多く見受けられますが、出演者たちがエンディングでダンスを披露するというのは、2011年4月期放送の『マルモのおきて』(フジテレビ系)の「マルモリダンス(マルモリ体操)」など、これまでにも様々な作品で行われていますし、丸パクリのダンスというわけでもないため、そこまで批判しなくても…と思います。

現時点では『デイジー・ラック』のダンスに賛否両論ありますが、今後の展開や反響など引き続き注目していきたいですね。

参照元
  • https://www.instagram.com/p/Bhs04x-lOpV/?taken-by=kozue_yo61o
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMTQy

    躍りは全く必要性がないけど本編は良かったよ
    みーるは超絶美人なのに素人っぽいから演技うまいからはおいといて、あってるように思った
    共演者もみんな可愛かった

  2. 2
    匿名
    ID:MzUzNTc2Mjgw

    さて、妊婦が行うダンス、流行りますか、流行りませんか

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について