今年の24時間テレビ41視聴率&募金額発表。みやぞんゴール場面で瞬間最高記録も大幅ダウン…

みやぞん

25・26日に放送された今年の『24時間テレビ41』(日本テレビ系)の平均視聴率が発表され、全体(25日18時30分~26日20時54分)の番組平均視聴率が15.2%(関東地区)だったことが明らかになりました。

今年のチャリティーランナーに抜擢され、トライアスロン形式で水泳(1.55km)、自転車(60km)、長距離走(100km)に挑戦したANZEN漫才・みやぞんさんが、無事にゴールを果たした番組の最終パート(26日19時~20時54分)の平均視聴率は27.6%、25日夜に放送されたSexy Zone・中島健人さん主演のスペシャルドラマ『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』の平均視聴率は16.2%でした。

瞬間最高視聴率は、番組終了約10分前の26日20時45分に記録した34.7%で、みやぞんさんが最後の長距離走で100kmを走り、日本武道館でゴールテープを切った場面で記録しています。

<↓の画像が、ゴール後のみやぞんさんの写真>
24時間テレビ41チャリティーマラソン、ゴール後のみやぞん

24時間テレビ41チャリティーマラソン、ゴール後のみやぞん&相方・あらぽん
(左は相方・あらぽんさん)

番組内で発表された募金総額(中間発表)は「2億6,787万5,910円」で、昨年の中間発表時の募金総額「1億2,902万958円」(寄付金総額[最終発表]:6億99,15万3,512円)の倍以上となる数字を記録しています。

なお、昨年の『24時間テレビ40』ではピン芸人・ブルゾンちえみさんがチャリティーランナーを務め、番組平均視聴率は歴代2位タイの18.6%(今年は歴代22位)、番組最終パートの平均視聴率は28.4%、瞬間最高視聴率は40.5%を記録していました。

今年の『24時間テレビ41』では、ジャニーズ事務所の5人組グループ『Sexy Zone』がメインパーソナリティーに初挑戦し、チャリティーパーソナリティーは女優・木村佳乃さん、番組パーソナリティーをサンドウィッチマン、スペシャルサポーターを坂上忍さん、ウッチャンナンチャン・南原清隆さん、番組サポーターを野性爆弾・くっきーさん、24時間テレビサポーターを徳光和夫さん、間寛平さん、総合司会は水卜麻美アナ、羽鳥慎一アナが務めました。

そして、今年の『24時間テレビ41』に対してネット上では、

  • ジャニタレとか司会やめて欲しい。本当のチャリティをして欲しい
  • みやぞんは頑張った。それは事実。でも企画には賛同しないし、番組も見なかった。
  • 日テレの“みやぞんへの拷問”が終わりました。無事に終わってよかった。みやぞんさん、お疲れさまでした。
  • 平成とともに、24時間テレビは終了でいいと思う。
  • 番組を見てる人も募金した人も、ほぼほぼジャニーズ見たさだけの人でしょ
  • 視聴率もよくおまけに出演者にギャラ発生。最高のウマウマ番組ですね
  • 今は被災やチャリティへの募金がいろいろな企業等の取り組みで気軽にできるようになり、その行先も選択して行える。24時間テレビの存在意義はなくなってきているのでは?ギャラがどうのこうのと言っていますが、この番組にかかる費用をすべて募金に回してはいかがですか?
  • 最高気温39度、160km33時間のトライアスロン。24時間テレビの企画はただの公開体罰。時代が求めてない。今年7月の最高気温30.1度の日、滋賀県の中学校で生徒が部活中に『校舎周囲を80周走れ』と顧問から指示され、途中で倒れて救急搬送された。日テレは危険だ、時代遅れの指導だと批判していた。それなのにこの企画は一体…来年はやらなくていい。視聴率伸びなくて当然。
  • それでも平均15%取るということは、なんだかんだで観てる人が結構いるんだな

などのコメントが寄せられています。

今年は番組の平均視聴率が前年と比較して3%以上のダウンとなっていますが、それでも平均視聴率は15%以上も記録しており、中間発表時の募金総額についても昨年の倍以上となっており、チャリティー番組としては成功と言える数字なのではないかと思います。

しかし、ネット上の反応を見る限りでは、例年と同様に批判の声が多く上がっています。

特に今年チャリティーランナーに抜擢されたみやぞんさんが合計160km以上のトライアスロンに挑戦し、26日の昼頃には最高気温が37度まで上昇しており、マラソンをするにはかなり危険な気温となっていたことから、いくら安全に走行できるよう最善の配慮をしているとしても、もしもの事を考えて止めるべきという声が圧倒的多数となっており、番組開始前から心配の声が多く上がっていました。

また、番組のラストでタイミング良くゴールできるように、時間調整を行っていたのではないかという疑惑もあり、こうした部分も批判が寄せられる原因となっています。

チャリティーマラソンは番組のメイン企画であるため、視聴率や募金を集めるためには必要不可欠となっているのかもしれませんが、視聴者が心配になるような企画を人気タレントに挑戦させるのは、そろそろ考え直す必要があるように感じますね。

参照元
  • https://biz-journal.jp/2018/08/post_24552.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTAxNDE5MTQx

    何だか、芸能人の挑戦だぁなんだで、チャリティーって感じしなかった。

  2. 2
    匿名
    ID:MzcyNTAzMzQy

    24時間テレビ自体は、毎年感動と勇気をもらいます

    でも、ジャニーズの司会や、パーソナリティーのギャラには疑問を感じてます

    みんな、ボランティアでやって欲しい

  3. 3
    匿名
    ID:ODI4NTI4NzAw

    感動をありがとう!と毎回毎回…わざわざ障害者ひきだして挑戦させて…確実に障害者を下にみてるからだね。毎日毎日普通に生きることが健常者より難しい中がんばってる人に難題を与えてがんばれ!がんばれ!とえらそうに。そんなに応援するならテレビ局で何人もの障害者を雇用するとか、その後をとことん追うとか…しかもジャニーズの自分をよく見せようよく見せようとかっこつけたがるコメントや姿に気分悪い。それにくらべ女芸人は素敵だった。障害を全く思わせないつきあい方には関心した。

  4. 4
    匿名
    ID:MjEwMDgyOTM5

    なんか年々おもしろくない24時間テレビになってきよる

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について