今年の絶対に笑ってはいけない放送とタイトル内容を正式発表。アンジャッシュ渡部建も出演に批判続くが…画像あり

ダウンタウン

毎年恒例の年越し特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の「絶対笑ってはいけない」シリーズが、今年も大晦日に放送されることが正式発表され、今年のタイトルは『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』に決定したことが明らかになりました。

今年放送の『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』は、ダウンタウンの浜田雅功さん、松本人志さん、月亭方正さん、ココリコの遠藤章造さん、田中直樹さんの5人が、一攫千金を夢見る大貧民に扮し、舞台となるラスベガスならではのショーやイベントを体験する内容で、5人が手持ちのお金を賭けて財産を増やすような仕掛けも用意されているとのことです。

<↓の画像が、『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』出演のガキ使メンバーの写真>
絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!

コロナ禍の撮影で感染対策には最大限配慮しながら、お馴染みとなっているバス移動による演出などもあり、バスでホテルへ向かう道中には、超大物タレントが胸キュンドラマに挑戦したり、人気女優がまさかのネタを披露するといいます。

また、ホテルオーナー役を超大物女優が演じ、超大物俳優は魅惑のステージパフォーマンスを披露、ガキ使メンバーが潜入する人気オーディション番組ではまさかのVIPが審査委員長として登場し、国民的アスリートはオリジナルゲームに挑戦するなど、今年もお馴染みの常連ゲストに加えて多彩な豪華ゲストが登場し、“アノ男”による強烈ビンタもあるとしています。

番組収録を終えたガキ使メンバーはそれぞれコメントを発表し、ココリコ・田中直樹さんは「例年に増してお尻がすごく痛くて…ちょっとメンバーに関しても不信感みたいなものが芽生えた部分も…。」と意味深に語り、一方のダウンタウン・松本人志さんは「僕は田中とはむしろ逆で、やっとみんなのこと、ちょっとだけ好きになれそうな気がしましたね、少しね。」とコメント。

また、ダウンダウン・浜田雅功さんは「頑張ってやりましたけど、今年はスタジオ収録が無くてオンエア前にお客さんの反応が分からないので、どういうふうに見られるのかなっていうのは楽しみです。」と語っています。

そして、ついに今年の『笑ってはいけない』放送、タイトルが正式発表されネット上では、

  • 渡部本当に出るの?カット希望
  • 渡部が出るなら絶対見ないわ 気持ち悪い
  • 多目的トイレが出た瞬間電凸
  • 渡部のシーンは全カットでもっと5人の雑談シーンを増やしてほしいわ
  • 最近はマンネリ化 初期の頃が面白かった。今年はこんな状況だから初期のように温泉旅館を貸し切ってメンバーでやってほしかった。渡部のシーンは本編ではカットしてほしい
  • コロナ一色で終わる2020年。最後くらいテレビを囲んで笑って終わりたいのに…なんで不潔極まりない渡部を観ないとあかんの。
    わざわざ水を差すようならことをしないでもいいでしょとテレビ局に言いたい。普通に面白かったじゃアカンのか。なんで芸能人の禊の場やねん…。
  • 今年の大晦日は波乱状態のまま迎えるのか…1年の締めくくりとして後味が悪すぎる。
    せめて渡部のシーンはカットしてもらえないものだろうか
  • もし渡部が出演するようであれば本当に残念。釈明謝罪会見もせず、芸人という立場を上手く利用しているのが許せない。そんな渡部に頼ろうとするガキの使いも理解出来ない
  • 渡部のシーンは放送しない方がベスト。袴田・原田も悪いが今回だけは笑えないし、これだけネットで情報が漏れたら身構えて番組を見てしまう。
  • 今年は仕事が無い大御所は出たがるだろうね その意味では例年より豪華になりそう

などの声が上がっています。

週刊誌『フラッシュ』や『東京スポーツ』(東スポ)の報道によれば、今年の『笑ってはいけない』は、日本テレビの生田スタジオでの撮影が中心になっていたといい、バスが走行していた場所は『よみうりランド』や『読売ジャイアンツ球場』の駐車場で、11月18日・25日にスタジオと外ロケで収録が行われたとのことです。

今年は初のコロナ禍での撮影となり、撮影開始前には参加者全員がPCR検査を受けるなど、感染拡大防止対策を徹底していたといいます。

<↓の画像が、フラッシュ撮影のバスと撮影風景の写真>
絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!のロケ現場

そんな番組に仕掛け人として、不倫スキャンダルで芸能活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建さんが登場することが『週刊女性』の報道で判明しており、ネット上では現在も渡部さんの出演に反対する声が殺到しています。

これによって本編からカットされるのではないかとも囁かれているのですが、ダウンタウンや番組制作サイドがどのような判断をするのかに注目が集まっています。

また、今年も様々な豪華ゲストが登場すると発表されており、事前に情報を入手した東スポによれば、大物監督とガキ使メンバーの異色コラボ、カジノならではのリアルセレブオークション、そしてプロレスラー・蝶野正洋さんも登場するといい、今年は例年以上の盛り上がりとなるかどうか注目で、大晦日の放送が楽しみですね。

参照元
  • https://mdpr.jp/news/detail/2322959
  • https://hochi.news/articles/20201126-OHT1T50371.html
  • https://www.cinematoday.jp/news/N0120114
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2445687/
  • https://smart-flash.jp/entame/122859
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY4ODA2NzIy

    どうせこの笑ってはいけないって収録放送なんでしょ?だったら、まだまだ時間はあるわけ何だし、面白かったら流せばいいだけだし、面白くなかったらcutして放送すればいいだけの話なんだからほっといてやれば?

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    これで出したら、松本はワイドナショーで常識的な発言をしても説得力が……。

  3. 3
    匿名
    ID:MjM1NDA3NTUy

    別にどうでもいい。面白いなら構わないし、つまらないならいらないし。
    確かに最低なスキャンダルだったけど、渡部だけが悪かったという問題でもないわけだし、芸人なんだから笑いで勝負してくれれば別に。

コメントを残す