フジテレビに視聴者から批難殺到!!ゴルフ『41stフジサンケイクラシック』生中継を途中で打ち切り!

41stフジサンケイクラシック 松山英樹

フジテレビがまた視聴者から批判を浴びる事態になっています。

フジテレビといえば、先月28日も同局で放送された『世界柔道2013』の男子66キロ級決勝の試合中に中継を中断し、海老沼匡選手の一本勝ちの瞬間を放送出来ず、その後の『めざましテレビ』内でVTRの映像を流し批判が殺到しました。

そして今回は、今月8日に放送された『41stフジサンケイクラシック』の最終日の放送で起きた。

松山、谷原秀人、S・J・パク(韓国)とのプレーオフ2ホール目の途中、「最後までお届けするのは厳しいかもしれません」と地上波生中継を打ち切り、後番組の「みんなのKEIBA」が始まって20分過ぎころ、松山選手のウイニングパットだけを放送した。

フジテレビは松山人気を当て込み、大々的に番宣をしていただけに、いくらプレーオフという展開になったとはいえ、肝心のクライマックスを放送しなかったことに、視聴者やゴルフファンからは不満が漏れた。

コラムニストの木村和久氏はツイッターで、「プレーオフ2ホール目って、あと5分の中継だったのに。自社のイベントの放送放棄するテレビ局ってなんなの?」と不満をつづっている。

ゴルフジャーナリストの早瀬利之氏は。
「ゴルフ大会を中継するにあたって、プレーオフを想定するのは当たり前のこと。フジは見通しが甘かったとしか言わざるをえません。

ましてや、自社主催のトーナメントですから、スタート時間を早めるなど、方法はいくらでもあった。

せっかくの生中継がこれでは、ズサンとしか言いようがない。

フジはバレーボールや競馬には力を入れても、ゴルフ中継は軽視していると思われても仕方ありません。

大会を会社の宣伝に利用して、プロアマ戦を重視しているだけなのでしょう」と語っている。

これにネットでは、

「なんで多チャンネル活かさないのかねえ」

「バラエティーで死ぬほどやってるワイプ芸をここで生かせばいいと思う。GOLFなら別に音声無しでワイプの中でもわかるし」

「で、競馬をカットしてゴルフ放送してたら競馬ファン激怒とか書くんだろ???」

「プレーオフで朝鮮人が松山に負けたのでカットされましたw」

「オリンピックもフジが中継すると、むごいことになりそうだな」

などのコメントがありました。

フジテレビは、8月の平均視聴率がゴールデンとプライムの両時間帯で、TBSにも抜かれてしまい4位に転落してしまいました。

このような放送をしていたら当たり前ですよね。視聴者を馬鹿にしているとしか思えませんよ。

J-CASTニュースの「主要テレビ局、どこが一番嫌いですか?」とのアンケート調査では、フジテレビに62.7%の投票がされ断トツで1位の結果になっています。

かつては好きな局1位だったフジテレビですが、この急落ぶりは凄まじいですね。

民放最下位になる日も近いかもしれませんね…

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について