ハリセンボン近藤春菜が24時間テレビチャリティランナーに批判噴出。木村佳乃説は否定、今年はポッチャリ芸人起用?

ハリセンボン近藤春菜

24・25日放送のチャリティ番組『24時間テレビ42 人と人~ともに新たな時代へ~』(日本テレビ系)で、今年は「24時間駅伝」が行われることが決定し、チャリティマラソンランナーをピン芸人・いとうあさこさん、ガンバレルーヤ・よしこさんに加えて、ハリセンボン・近藤春菜さんもランナーを務めることが10日に正式発表されました。

今年は4人のランナーがフルマラソンの距離42.195kmずつを走り、4人で合計168.78kmを走行する「24時間駅伝」への挑戦となっており、7月18日放送の『世界の果てまでイッテQ!』でいとうあさこさん、ガンバレルーヤよしこさんがランナーに抜擢されたことを発表しました。

そして、8月10日放送の『嵐にしやがれ』にてハリセンボン近藤春菜さんもランナーを務めることが発表され、12日放送の『スッキリ』に生出演した春菜さんはランナー決定を生報告した上で、マラソン練習によって「体重が6、7キロくらい落ちた」と明かしました。

<↓の画像が、現在練習を重ねているハリセンボン近藤春菜さんの写真>
24時間テレビのマラソン練習中のハリセンボン近藤春菜

また、ランナーを受けた理由については、「メンバー聞いた時に、このメンバーなら(タスキを)繋ぎたいと思った。一晩考えさせてください、と言ったんですけど」と答え、後日発表となる4人目のチャリティランナーを聞かれると、「知ってます。印象としては頼れる人」と明かすと、極楽とんぼ・加藤浩次さんは「(フォーリンラブの)バービーだな、この流れはバービーだな。4人揃ったらグループ感出る」と予想していました。

なお、ネット上では『イッテQ』に度々出演している女優・木村佳乃さんがランナーを務めるのではと予想の声が上がっていますが、スポーツ紙の取材に対してハリセンボン近藤春菜さんは、「ネットで木村佳乃さんなんじゃないかと(言われたりして)大物じゃないと成り立たない空気感になって、どんどん言いづらくなって、私って何なんだろうと考える時間でした」「(木村佳乃さんのランナー説は私が)裏切る形に…」と噂を否定しています。

また、いとうあさこさんも木村佳乃さんがランナーを務めるという噂を否定しており、4人目のランナーは一体誰なのかと注目を集めている一方、現在までに発表されている3人の顔ぶれからネット上では、

  • ぽっちゃりばっかりじゃん!これじゃ、チャリティーじゃなくて、ダイエット企画じゃん!
  • 何で太ってる人をランナーにするのか。危険だよ。そもそも誰も走らなくて良いし……
  • わざわざ体力のない芸人を使って最期らへんでへとへとになった絵を使って必死に頑張ってるアピールで稼ぎたいのだろうね。
  • この暑さでマラソンは危ない。しかも、普段スポーツやらない人を意図して選んでいる。何かあったらどうするんだ?
  • 来年のオリンピックのことでもこの暑さの中でマラソンをやるのかと言われているのに、そもそも真夏に走るなんてクレイジー。
    汗を大量にかいて、血管を痛める。将来の動脈硬化を誘発するよ
  • なんで、こんないかにも運動していないだろうなぁって人をわざわざ選ぶのかね。こういう人がヒィヒィ言いながら走ると感動するのかね
    このつまらないかけっこがお寒い感動ドラマに必須だと言うのであれば、アスリートがスマートに駆け抜けるってのも良いと思うけど。事故が起きる前に見直した方が良いと思うけどなぁ

などと批判の声が噴出しています。

いとうあさこさん、ガンバレルーヤよしこさんがランナーとして発表された時点で、残り2人の名前を聞いたいとうさんは「心強い」、よしこさんは「でも太ってない?」とリアクションしており、他にもポッチャリしている方がランナーを務めるのは予想されていたのですが、あえて普段運動をしていないような方を選んでいるのは明らかなので、さらに物議を醸す事態となっていますね。

<↓の画像が、24時間駅伝ランナーを務める3人の写真>
24時間駅伝ランナーのガンバレルーヤよしこ・ハリセンボン近藤春菜・いとうあさこ
(左からガンバレルーヤよしこさん、ハリセンボン近藤春菜さん、いとうあさこさん)

『24時間テレビ』のチャリティマラソンでは過去にも、山田花子さん、北斗晶さんら家族、森三中・大島美幸さん、ブルゾンちえみさん等をランナーに抜擢しており、ポッチャリ体型の芸能人が辛い練習を重ね、ゴールするまでの姿を放送することによって、視聴者は感動し視聴率もアップすると考えているのが分かります。

実際にメイン企画のチャリティマラソンは高い数字を取っており、毎年番組ラストのゴールシーン付近では瞬間最高視聴率を記録してはいるのですが、毎年ネット上では多くの批判が寄せられており、今年もランナー発表前から批判的な声で溢れかえっています。

また、3人の体型などからマラソン中のトラブルを心配する声も多いのですが、多くの批判が寄せられながらもマラソン企画を強行するからには、安全面に配慮し、決して無理はさせないようにしてもらいたいです。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908100001105.html
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    もう走れる話題の芸能人がいないの

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    闇営業芸人
    ひとり250kmくらい走ったら御祓とみてやる

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について