ノンストップ!視聴率低迷で打ち切り危機? バゲットやアンパンマンにも敗北、原因は番組内容や出演者にあり?

ノンストップ司会のバナナマン設楽統&三上真奈アナ

バナナマン・設楽統さんが司会を務める情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系 平日午前9時50分)の視聴率が低迷し、打ち切りの可能性も浮上しているようです。

『ノンストップ!』は2012年4月に、『知りたがり!』(2010年3月~)の後番組としてスタートし、司会はバナナマン設楽統さんと山崎夕貴アナウンサーが起用され、2014年と2015年の年間平均視聴率は4.7%で民放同時間帯1位を2年連続で獲得、2016年以降は2~3%台まで落ち込むようになりました。

そして、2018年3月には視聴者から支持されていた山崎夕貴アナが降板、後任に三上真奈アナが起用されましたが、これによる効果は無く低迷を続けているようです。

<↓の画像は、バナナマン・設楽統さんと山崎夕貴アナの写真>
ノンストップ元司会の山崎夕貴アナ&バナナマン設楽統

週刊誌『週刊新潮』の記事では、ライバル民放キー局で番組制作に携わる関係者が、「今年の3月に入って、『バゲット』(日本テレビ系 月~木午前10時25分)に負けっぱなしなんです。正確に言うなら、1回だけ日テレを上回りましたが、それは『バゲット』ではなく『それいけ!アンパンマン』(金曜10時55分)だったのです。そして3月13日には、そのアンパンマンにも敗れました。これは一大事です」と語っています。

『バゲット』は2018年10月に、ますだおかだ・岡田圭右さんとビビる大木さんが司会を務めていた『PON!』の後番組としてスタートし、司会は青木源太アナと尾崎里紗アナが務め、日替わりレギュラーも局アナという地味さもあり、しばらくは数字獲得に苦戦していました。

<↓の画像は、『バゲット』司会の青木源太アナ、尾崎里紗アナの写真>
バゲット司会の青木源太アナ&尾崎里紗アナ

しかし、現在は『バゲット』の視聴率が『ノンストップ!』を上回る日もあり、その原因について前出の関係者は、「番組全体の魅力が低下しているということでしょう。コメンテーターや企画のマンネリ化を随所に感じます。」と指摘した上で、「4月から、よゐこの濱口優さん(48)とユージさん(32)が新レギュラーとして出演しますが、正直なところ、テコ入れとしてはインパクト不足です。このまま視聴率が回復しないと、たとえ放送9年目を迎える看板番組でも、改編期には打ち切りの議論が起きる可能性があります」と、番組打ち切りの可能性もあるとしています。

<↓の画像は、新隔週レギュラーのよゐこ・濱口優さん&ユージさんの写真>
ノンストップ新レギュラーのよゐこ濱口優&ユージ

そして、この報道に対してネット上では、

  • コロナで子供たちが家にいるからアンパンマンの視聴率が伸びたんじゃないの?個人的には今の女子アナが真面目すぎると思う。
    もっと明るくて面白いアナウンサーの方が合っていると思う。
  • 視聴率が悪いのは内容が面白くないしどうでもいいかんじだから。
    エッセのレシピだのクックパッドのレシピだの通販だの本当にどうでもいい内容。
  • 内容がつまらない。通販になったらチャンネルを即変える。
    ヒデさんが大袈裟でうるさいし、一部の人にしか需要がないだろう商品、かなりの演技がかった売り方に拒絶反応がおきてしまう。
    メンバーはそのままで内容を変更すれば?と思う
  • 山崎アナから変わった辺りが潮目。三上アナ…悪くはないけど表情やコメントがまったくつまらない。主婦に気に入られるタイプではない気がします。
  • ずっーとノンストップを見てるけど、千原せいじ・カンニング竹山あたりが嫌気さすかなぁ~
    千原せいじは不倫を重ねてもシレッーと出てるし、カンニング竹山はねじ伏せるようなデカい声で自分の主張を通すし…見ていて不愉快になるだけ。
    今はズン飯尾さんのワリカツが楽しみかな。
  • 千原せいじ、これが一番の原因。主婦層ターゲットにしてる番組なのに、何故あんな問題2回も起こして出演させるのかまったくわからない。
    地方のローカル番組のレギュラーは2回目の不貞で降板した。千原せいじが大嫌いなので不貞発覚した時からノンストップは見てない
  • コメンテーターが問題ありすぎ。不倫芸人に、顔だけで結婚相手を選ぶ女性タレント。主婦ウケしないコメンテーターを使いながら、主婦ウケを狙った番組構成。
    主婦は、そんなコメンテーターに自分たちが抱える問題を語って欲しくないと思うのは必然。コメンテーターの一掃が必要でしょう。

などのコメントが寄せられています。

3月に入ってから『アンパンマン』の視聴率が上がり、『ノンストップ!』を上回ったというのは、新型コロナウイルス感染拡大の防止で行われた臨時休校措置が関係しているとみられますが、3月に入ってから『バゲット』に視聴率が負けっぱなしというのは危険信号と言えそうですね。

『ノンストップ!』は2015年まで同時間帯トップの数字をキープしていたものの、その後は『ひるおび!』(TBS系)が1位、続いて2、3位を『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)と争う形で、4位が『PON!』という状態でした。

しかし、現在は2018年スタートの『バゲット』にも負け続きとのことで、コメンテーターの交代や番組内容の大幅リニューアルも必要かもしれないですね。

ネット上でも番組内容に対する不満、さらに不倫スキャンダルをスクープされた千原兄弟・千原せいじさん等の出演に対する批判の声が上がっており、この時間帯は主に主婦層をターゲットにしていることから、主婦受けするタレントを起用する必要がありそうです。

ちなみに、千原せいじさんは3月17日放送回をもって番組を降板、矢野・兵動の兵動大樹さんは25日をもって降板となり、4月からよゐこ濱口優さんが月曜の隔週レギュラー、ユージさんが火曜の隔週レギュラーとして出演します。

このようにコメンテーターの交代がまず行われ、ネット上では他にも山崎夕貴アナから三上真奈アナに交代してから視聴を止めたとの声も少ないのですが、視聴率低迷を受けて今後どのようなテコ入れを行うのか、来年春などの改編期に番組打ち切りとなってしまうのか否か、引き続き動向を見守っていきたいですね。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2020/03261100/
  • https://news.mynavi.jp/article/20160105-a331/
  • https://www.cyzo.com/2018/10/post_178336_entry.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20140525_257256.html
  • https://www.cyzowoman.com/2018/03/post_178415_1.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について