ドラえもんの放送時間変更は大失敗? 視聴率低迷で映画も大コケ、作品離れ発生か。クレヨンしんちゃんと共に危機的状況…

ドラえもん のび太の月面探査記

テレビ朝日が昨年10月、国民的アニメ『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』(共にテレビ朝日系)の放送枠を金曜19時台から土曜夕方に枠移動し、この大胆な放送時間の変更が物議を醸しましたが、これによってリアルタイム視聴率が大幅ダウンしており、2月末に地上波初放送された映画も大コケしていたことが判明しています。

『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』は、長年にわたって金曜19時台に放送され、世代を超えて親しまれている人気作品で、放送枠移動前まで6~7%前後の視聴率で推移していました。

しかし、他局で放送の裏番組は2ケタを獲得しており、テレビ朝日は金曜日のゴールデン帯(19~22時)の視聴率を上げるために、『クレヨンしんちゃん』を金曜19時半→土曜16時半、『ドラえもん』を金曜19時→土曜17時への枠移動を決定しました。

<↓の画像は、昨年10月に放送時間が変更された『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』の写真>
ドラえもん&クレヨンしんちゃん放送時間お引越し

これによって昨年10月から金曜19時台には『ザワつく!金曜日』、20時台は『マツコ&有吉 かりそめ天国』、21時台は『ミュージックステーション』を放送しています。

そして、枠移動後のそれぞれの平均視聴率は、『クレヨンしんちゃん』が4.9%、『ドラえもん』が6.0%で、金曜19時台の頃と比較してそれぞれ1%ほどダウンしていました。

さらに、昨年10月~11月には『クレヨンしんちゃん』が2%台、『ドラえもん』が3%台にまでダウンし、今年に入ってからもそれぞれ3~4%台での推移を続けています。

そうした中で2月末に地上波初放送された『ドラえもん のび太の月面探査記』も、視聴率が大コケしていたことを週刊誌『週刊新潮』のWeb版が伝えています。

『ドラえもん のび太の月面探査記』は、今年春公開予定の最新作『ドラえもん のび太の新恐竜』の公開を記念して、2月29日(土曜)18時56分~20時54分のゴールデン帯に地上波初放送されました。

テレビ朝日は「大ヒット作品がテレビ初放送!」などと宣伝を行っていましたが、『ドラえもん のび太の月面探査記』の平均視聴率は5.2%と大コケとなっていました。

週刊新潮によると、テレビ朝日は毎年3月の第1週に『ドラえもん』の映画を特番として放送し、2015年の平均視聴率は11.7%、2016年は11.3%、2017年は10.9%、2018年は9.6%、2019年は8.4%を記録し、今年は過去5年で最も低く、それも半分ほどにまで落ち込んでいたことが明らかになっています。

テレビ担当記者はこれについて、「映画の評判が悪かったのなら理解できますが、『月面探査記』の興行収入は50.2億円の大ヒット作品です。なぜ視聴率が苦戦したのか、全く理由が分かりません」と語り、一方の民放キー局関係者はこの結果について、「深刻な“ドラえもん離れ”が起きたと考えて間違いないでしょう」と指摘しています。

実際に『ドラえもん のび太の月面探査記』放送の前週、2月22日の視聴率を見ると、19時台の『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』が8.7%、20時台の『池上彰のニュースそうだったのか!!』は10.6%を記録していました。

また、2月29日19~21時台の各テレビ局の視聴率を見ると、NHKの『NHKニュース7』が21.3%。『ブラタモリ』が16.5%、『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』が10.8%。

日本テレビ系の『天才!志村どうぶつ園』が10.5%、『世界一受けたい授業』が10.1%、TBS系の『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!SP』が10.3%。

テレビ東京系の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?SP』が9.7%、フジテレビ系の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP SP』が7.3%となっていて、テレビ朝日で放送の『ドラえもん のび太の月面探査記』が5.2%と、同時間帯最下位となっています。

こうした視聴率低迷の要因として、少子高齢化がよく挙げられますが、前出の民放関係者はその説を否定し、「(放送枠の移動によって)子供たちはドラえもんへの関心が低下してしまい、特番の視聴率も低迷したのでは」と推測しています。

また、「ドラえもんの映画特番が視聴率で惨敗したのはテレビ朝日さんにとっては予想外だったはずですし、この状況に真っ青になっているかもしれません」とした上で、「ドラえもんの視聴習慣が消滅し、土曜のレギュラー放送の視聴率が不振となった。映画版を放送した特番も視聴率が低迷。そうなれば誰だって、『次はドラえもんの映画版で興行収入が下落してしまうのではないか』と不安視すると思います。テレ朝は金曜夜という目先の視聴率だけにとらわれ、ドラえもん映画版というドル箱を失おうとしている可能性があります。」と語っています。

週刊新潮はこのように指摘しているのですが、ネット上の反応を見てみると、

  • 金曜に戻したらいいんじゃない?
  • 大人しく金曜の19時にしおくべきだった。サザエさんは一貫して日曜18時30分なのがいい
  • 長寿的なアニメ番組を軽く見た結果がこうなる。ドラえもんとしんちゃんは癒しで観てたからあの枠で良かったのに。何度も言うけど、また戻した方が良い!
  • 時間帯が悪いと思う。気付けば見逃したという事が多い。金曜夜7時に子供たちとドラえもんを一緒に観るのがとても楽しみだった。時間帯をまた変更して欲しい
  • うちは引っ越し後は2回ほどしか見てません。夕方は忘れる。映画の特番があったことも知らなかった。
    映画も毎年見てたけど、今年は多分行かないかな?コロナもあるし。
  • 金曜の夜、お母さんたちが子供から解放される一時間だった。
    明日から土曜だし、金曜くらいいいよねって、ドラえもんとしんちゃんを見せながら私もダラダラできたのに。
    観たいのに、土曜は出かけてたりパパがいたりで毎週見る習慣がつかない。戻してください。
  • ドラえもん離れではないと思う。土曜17時の時間帯が悪い。17時って子供の居る家庭は結構バタバタしてる。
    出先だったり、お風呂だったり。我が家も金曜19時を楽しみにしていたけど、土曜になってから『あ!ドラえもんだったー。今日。を』という感じで気付いたら放送が終わってる。
  • 金曜日の夜のテレ朝はドラえもんがずっと定番でした。それを安易に変えたのはまずいよね。
    長年、当たり前にその時間にあった記憶はなかなか変えられない。今、何曜日の何時かハッキリわかりません。

などのコメントが寄せられています。

長年の放送で視聴習慣が根付いていた金曜19時から土曜夕方への大胆な引っ越しによって、こうした結果を招くというのは誰もが予想していたことでした。

テレビ朝日も昨年11月に行った定例社長会見で、「長年親しんで頂いたこともあり、(新たな枠への視聴の)定着に一定の時間が掛かると思っている。土曜のこの時間に定着できるようにしっかりPRなどを行っていきたい」と語っており、視聴習慣が根付けば徐々に数字は回復するだろうと見ているようです。

しかし、金曜夜に比べると土曜夕方は遊びに出かけていたり、習い事をしている割合が高いとみられ、そもそもの在宅率が低いことから、リアルタイム視聴率は今後もほとんど変化はないのではと思います。

その分、タイムシフト視聴率(録画視聴率)などは多少上がるかもしれませんが、もし今後アニメの視聴率だけでなく、劇場版の興行成績にも影響を及ぼすようであれば、放送時間の見直しをする必要があるでしょうね。

現時点で、金曜19時台に放送の『ザワつく!金曜日』は10%以上の好視聴率を記録することが多く、再び『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』を金曜のこの時間帯に戻すことは難しいかもしれません。

そのため、人気アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系 土曜18時)とバッティングしてしまいますが、せめて放送時間を土曜18時台など、もう少し子供たちが視聴しやすい時間帯に枠移動することを検討してもらいたいですね。

BS朝日が23日に、『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』を4月3日から金曜19時台に放送することを発表しました。

BS朝日は、「この2つの人気番組に、子どもたちが触れられる機会を増やしていきたいと4月からゴールデンタイムでの放送を始めます。是非ご覧ください」とコメントしています。

BS朝日は4月3日から、テレビ朝日系で土曜日夕方に放送されたものを、6日遅れで再放送する形になります。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2020/03141101/
  • https://hochi.news/articles/20191203-OHT1T50134.html
10件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NjgwNDQ4

    Mステが9:00になってたけど前より見る気なくなった

  2. 2
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    ドラえもんや長寿アニメの時間変更はやってはいけない事!大人がアニメを見る理由って子供の時からの習慣と言うかアニメの内容がどうとかじゃなく懐かしくて見たりこの曜日この時間にこれを見ないと何曜日って気がしないとかなんだろ…思い出を見ているというか…とにかく今からでも前の時間に戻した方がいい!

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    バラエティーが多すぎるからいらない芸能人が増える
    経費削減はテレビ局の破滅に繋がった

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4NzE0NzE2

    金曜のアニメって子供たちにとって平日と休日のくぎりになってたと思うよ。

  5. 5
    匿名
    ID:MTc4ODY5MDYx

    今の時間帯、大人も子供も落ち着いてTVの前にいられる時間帯じゃない。中途半端な時間帯で見逃してしまう。

  6. 6
    匿名
    ID:MTY3NjU4OTIx

    大至急元の時間に戻せば、まだ視聴者親子は戻ってくると思うで。
    けど一年以上とか過ぎてもうたら、もう遅い思うで…

  7. 7
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    土曜日は家族でお出かけしていてリアルタイムで見られません

  8. 8
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    歌番組もレギュラーはMステだけになってしまった・・・TBS系に中居の司会で歌番組が復活出来ればいいけどな(^ε^)-☆Chu!!

  9. 9
    吉田年男
    ID:MjE3NTQ3MzU=

    ドラえもんとクレヨンしんちゃんが土曜の夕方の放送になってから見るのが激減しました。クレヨンしんちゃんに至っては土曜の夕方の4時30分からの放送になると聞いたときに、「この時間じゃ見れないじゃないか」と思いました。土曜でも仕事に出ていることが圧倒的に多いためですけどね。

  10. 10
    吉田年男
    ID:MjE3NTQ3MzU=

    私からテレビ朝日に警告させてほしいです。ドラえもんとクレヨンしんちゃんの放送時間が土曜の夕方の4時30分及び5時の時間帯のままでは.視聴率は下がって行く一方だと思います。2030年の地点でドラえもんとクレヨンしんちゃんの放送時間が今のままだったらドラえもんの視聴率は2%位に.クレヨンしんちゃんに至っては0.1%にも行かない位になっていると思います。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について