ドクターXに打ち切り終了説、理由は視聴率低迷? 米倉涼子が第7シリーズ放送に難色でテレビ朝日が必死の説得か

米倉涼子

1月からゴールデン・プライム帯(19~23時)でスタートしたドラマ17本のうち、6本が医療ドラマ、さらに刑事ドラマも6本という偏った異例の編成となっており、これに対して視聴者からは不満の声など様々な反応が上がっています。

そうした中で、医療ドラマブームを作った米倉涼子さん(44)主演の『ドクターX 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)に、打ち切り終了説が浮上していると夕刊紙『日刊ゲンダイ』が報じています。

『ドクターX』シリーズの1作目は2012年10月期に放送され、米倉涼子さん演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子が様々な患者の命を救うだけでなく、権力争いが渦巻く大学病院に立ち向かっていき、悪を成敗していく勇敢な姿が視聴者から高く評価され、第1シリーズの最終回はテレビ朝日系の木曜ドラマ枠では当時過去最高、2012年放送の民放ドラマでもトップとなる24.4%を叩き出し、全8話の期間平均視聴率も19.1%と高い視聴率を記録しました。

『ドクターX』シリーズスタート当時の米倉涼子さんの映像

大門未知子の決め台詞「私、失敗しないので」なども話題となり、2013年10月期放送の第2シリーズは、初回から22.8%、その後も第2話を除いて20%以上の高視聴率を記録し、最終回では自己最高の26.9%、全9話の期間平均も23.0%となっていました。

2014年10月期放送の第3シリーズは全話20%超えを達成し、最終回では27.4%を記録、全11話の期間平均は22.9%で、同年に放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』を上回り、2014年放送の全ドラマで1位を獲得しました。

その後も高視聴率を連発しており、米倉涼子さんの代表作となったのですが、『日刊ゲンダイ』によると現在「終了する可能性が浮上している」といい、その原因は昨年10月期放送の第6シリーズの視聴率がイマイチだったことにあるとしています。

2017年10月期放送の第5シリーズ以来、2年ぶりの放送となった第6シリーズは、初回に20.3%と大台超えとなりましたが、第2話以降は20%を下回り、11月放送の第5話ではシリーズ過去最低の15.9%を記録、その後は17~19%台で推移し、最終回視聴率も伸び悩み19.3%、全10話の期間平均視聴率は18.5%で、シリーズ過去最低となっていました。

<↓の画像は、『ドクターX』第6シリーズ出演者の写真>
ドクターX第6シリーズ出演者

しかし、2019年放送の民放ドラマではトップの高視聴率で、高い人気を維持しているのは間違いないのですが、芸能ライター・吉崎まもるさんは、「今のご時世、18%台でも快挙なのですが、数字が落ち目になったことに、米倉本人がご機嫌ナナメらしい。本来なら、今年10月期に放送されるはずの第7弾の主演に、まだ“OK”していないようです。」と明かしています。

米倉涼子さんは『ドクターX』がシリーズ化した当初から、大門未知子のイメージが付きすぎることで役柄が限定されてしまうことを嫌い、『ドクターX』からの卒業を希望しているとの情報も出ていたのですが、「『ドクターX』の大成功で“視聴率女王”の称号を手に入れただけに、数字が下降線をたどり始めることはプライドが許さず、シリーズにもう出たがらない可能性が十分あるのです」と吉崎まもるさんは語っています。

そのため、現在ドラマ関係者たちは『ドクターX』の第7シリーズ実現の有無を巡ってハラハラし始めているといい、今後のテレビ朝日側の対応について吉崎まもるさんは、「6年連続で年間視聴率3冠王を走る日テレに、テレ朝は2位で肉薄しています。悲願の“打倒日テレ”を果たすための最強コンテンツが『ドクターX』や『相棒』などの人気連ドラシリーズ。そんな時に『ドクターX』がなくなれば、3冠王奪取の夢も遠ざかる。これから局を挙げて、何とか続けてもらうように米倉の説得を試みると思われます」と推測しています。

『日刊ゲンダイ』はこのように『ドクターX』の打ち切り終了説を伝えているのですが、これに対してネット上では、

  • 2時間スペシャルでいいと思う。ネタが尽きたんじゃないかなぁ~
  • 昔は脚本が良かったよ。今はふざけすぎて、胸熱ポイントがないし、人間関係も成熟出来ずにいる
  • 本人の意思を尊重すべきだけど、同じドラマが他で続けば飽きるだろうし。出演者も視聴者も。手を引くのが良いかも。
  • 今回どうでもいいキャストが多すぎてぶら下がりが増えた感、しかも訳わからないミュージカル俳優の南米の歌と踊りが親分では視聴率保てないでしょ。で結局釣りバカ演技と双頭にしてる。
    初期の伊東四郎のようなきちんとした演技ができる悪役、脚本をお願いしたい。
  • やはり、医療ドラマはシリアスが基本。その中でも、変わった役柄を入れて、バランス取るのが良いかと。
    今回はキャストも微妙で、内容ももう少し考えてもよかったと思います。
    ただ、数回やってれば飽きも来ますし、それでもこの数字を取る事自体素晴らしいコンテンツである事は確か。私は、まだ続けて欲しいと思いますね。
  • もうワンパターンなんだもん…
    最終回前は道子の前に患者になるであろう人が倒れる→道子のオペに妨害が入る→同僚ドクターのオペ中に問題発生→道子が現れる
    そろそろ、道子がドクターXと言われる名医になるまでの過程を知りたい
  • 長くシリーズ化すると、ストーリーが似たり寄ったりになってしまうから仕方ないかも。院長室も御意もマンネリ化している。
    それを乗り越えると、「相棒」や「科捜研の女」のようになる。脚本家さんの腕次第。
  • シリーズ6を作る段階で7の構想があったから、最終回が次回作の予告ともとれる終わり方だったように思える。
    ここまで育て上げてきたシリーズ、「ドクターX」を尻切れトンボのように打ち切りにして終わらせないで欲しい。
    出来るなら完結編という意味合いで「ドクターX 7」まで続けて欲しい

などのコメントが寄せられています。

『ドクターX』は『水戸黄門』シリーズのような勧善懲悪のストーリー展開によって、高齢層の視聴者からも支持を受け、スタートからすでに7年経つものの、未だに20%前後の高視聴率を記録する唯一無二の医療ドラマとなっています。

『ドクターX』シリーズはテレビ朝日にとって、DVD・ブルーレイなどの関連商品などでも稼げるドル箱コンテンツで、2018年10月期に米倉涼子さん主演の弁護士ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を放送しワンクッション置いたのも、米倉さんに『ドクターX』を続けてもらうためだったという話もあります。

そして、2年ぶりに放送した『ドクターX』の第7シリーズは、各話に様々なゲストを呼ぶなどして話題作りを行っていたものの、これまでと比較するとイマイチ盛り上がりに欠け、完全にピークを過ぎたと感じざるを得ませんでした。

しかし、現在も15%以上の視聴率を獲得できる民放ドラマは『ドクターX』か『相棒』シリーズぐらいで、非常に多くの固定視聴者が付いているからには、テレビ朝日側が必死に米倉涼子さんを説得するのは当然でしょうね。

視聴者の間でも賛否両論あるものの、現時点では放送継続を望む声の方が多いと感じられるので、毎年放送とはいかなくても2年置きに放送するなどして、マンネリ化を防ぎながら少しでも長く放送をしてもらいたいです。

参照元
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/267883
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    タレントのせいじゃないから責任押し付けないであげてほしいです。局は何でもしつこくやり過ぎ、あと西田さんの体調も気になるからもう連ドラはやめてスペシャルでごくたまにやるぐらいがいい

  2. 2
    匿名
    ID:MzcwMDQ2Njk0

    流石にもうネタ切れだよね
    蛭間の逮捕ネタも浅くてつまらなかった

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzE0NjAy

    専門医の医療ドラマがやっぱり良い
    ドクターXみたいな医師は居ないし、何でも外科医だからファンタジードラマで見てるけど

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    東出昌大不倫でそれはなくなり、無理やり続編が出そう

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について