アンサング・シンデレラ放送延期回避も…新型コロナ影響で病院ロケ場所変更、撮影NGトラブルで田中圭が苦難?

田中圭

新型コロナウイルスの感染拡大によって、各テレビ局はロケやスタジオでの収録休止などの対応を相次いで発表しており、4月スタート予定だったドラマも次々に放送延期が決定しています。

その中でも特に新型コロナウイルス感染拡大による煽りを受けているのが、実際の病院でも撮影が行われる医療ドラマだと言われており、週刊誌『週刊女性』によれば、院内感染の恐れがあることから、当初はドラマ撮影に協力していた病院側からロケNGを告げられるケースも増えているそうです。

9日スタート予定の石原さとみさん主演の実写ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系 木曜22時)も影響を受けているといいます。

<↓の画像は、石原さとみさん主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』のキャスト・ビジュアル写真>
実写ドラマ『アンサングシンデレラ』石原さとみが主演

記事ではフジテレビ関係者が、「予定していた都内の病院からNGが出てしまい、群馬県にほど近い埼玉県内の病院にロケ先が変更になりました。また感染リスクを減らすため都内でのスタジオ収録を増やし、病院内でのロケは最小限にとどめています。撮影場所も院内でも人の往来の少ないエリアを使用。エキストラなどの出演者を減らし、除菌も徹底的に行うなどの対策をしています」と明かしています。

こうしたロケ先の変更などによって、メインキャストの田中圭さんは大変な思いをしているそうで、「田中さんはテレ東系の主演ドラマで、安田顕さんと共演する『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』の撮影も並行して行っているんです。『アンサング』のロケ地が遠くなり、移動時間が増えてしまったことで、ただでさえ少ないオフの時間が減り、かなりお疲れの様子でした」と制作会社関係者が語っています。

そんな中で、テレビ東京が「3日から生放送を除く収録を中断する」と発表したため、田中圭さんのスケジュールにも余裕が生まれたようです。

『アンサング・シンデレラ』予告映像

週刊女性はこのように『アンサング・シンデレラ』で発生したトラブルについて報じているのですが、これに対してネット上では、

  • 今は誰もドラマも楽しく見れないと思うし、わざわざ最も今混乱している医療現場で撮影しようとは、、神経を疑う。
  • ただでさえ混乱している医療現場に余計な仕事をさせないで欲しい。テレビ局ってなんでこんなに危機感ないんだろう?
    そのドラマ、どうしても今観たい人はほとんどいない。
  • ドクターXの二番煎じで猫も杓子も安易に医療ドラマ制作に走った代償が来たのだと思う。
    現場に負担かけて迷惑かけるし医療ドラマを減らしてもらいたい。
  • ドラマよりまずは人命。撮影のために仕事の邪魔されたら困るし、何より感染を拡大させる危険だってあるのだから、病院での撮影自体今は特にありえない。
    スタジオにセット作ったり、CGでなんとかならないんですか?
  • 今そんな事を嘆いている場合じゃないでしょ。本当の現場もっと大変だし、院内感染も始まってるのだから、部外者が立ち入れる隙などないし、撮影を自粛する事が一番。
  • この状況でまだ撮影を続行していることに疑問を感じます。しかも病院を借りての撮影、今病院に負担をかける状況でもないし、他の医療ドラマの撮影でアルコール消毒液やマスク等の物資不足を備品の備え付けを流用して回避したとの記事を見た。
    調剤の仕事をしていますが、アルコール消毒液は病棟への設置も追いついてない病院もあります
    マスクは在庫もかなり少なくなり納品の予定も時期が未定です。感染者が出てからでは遅いと思う

などのコメントが寄せられています。

田中圭さんはドラマ出演だけでなく、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画『グルメチキンレース・ゴチになります!』にもレギュラー出演していますが、日本テレビも6日に、「バラエティ番組のスタジオ収録、報道・スポーツ・情報番組以外の番組でのロケ、ドラマのスタジオ収録やロケについて、6日から2週間休止する」と発表しています。

『アンサング・シンデレラ』を放送予定のフジテレビの対応についてですが、現時点では番組収録の休止などは行わずに、「バラエティ、ドラマの収録・撮影では、スタッフ、出演者のマスク着用、検温、消毒を徹底。ロケの場合も多くの人が集まらないように心がけている」としています。

3月27日に行われた定例社長会見では、新型コロナウイルスの影響で撮影が止まり、放送が間に合わないという状況にはなっていないといい、「今のところロケ場所が完全に使えなくなったとか、ロケが不可能になったという話は聞いておりません」としています。

しかし、「今後、そういったこと(ロケが不可能になる状況)が起きる可能性も視野に入れていかないといけない。スケジュールを含めて撮影の準備を、スタジオの方に出来るものは持って行くとか、ロケの場所を考え直すこととか、いろいろな選択肢を持って準備している」と明かしていました。

『アンサング・シンデレラ』は幸い、代わりの病院が見つかったことで現時点では放送延期といった事態にはなっていないようですが、4月放送予定だった『半沢直樹』などTBSドラマ3本、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』などNHKドラマ3本、日本テレビの『ハケンの品格』と『未満警察 ミッドナイトランナー』、テレビ朝日の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)は放送延期が発表されています。

これに対して放送を楽しみにしていた方からは残念といった声が上がってはいますが、国内での感染拡大が続き、芸能界でも新型コロナウイルス感染者が相次いでいる状況から、ドラマの放送延期は仕方が無いという声が多数となっており、ある程度状況が落ち着くまでは春ドラマを放送予定だった枠で、過去作品の再放送をすればいいのではとの声も多く見受けられます。

感染者数の急激な増加によって医療崩壊の危機に瀕していることから、特に医療ドラマに関しては、これ以上の感染拡大などを招かないように医療施設でのロケは自粛する必要があると思います。

様々な事情があるのだろうと思いますが、今はスケジュール通りの撮影、番組の放送よりも、新型コロナウイルス感染のリスクを最小限に抑えることに努めてもらいたいですね。

フジテレビが7日に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、9日からスタート予定だった『アンサング・シンデレラ』の放送延期を発表しました。

フジテレビは放送延期の理由について、「撮影スケジュールに多大な影響が出ており、やむを得ず放送スタートを遅らせて頂くことになりました」と説明しており、当面の間、連続ドラマの撮影を中止するとしています。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/17384
  • https://www.jprime.jp/articles/-/17604
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/27/kiji/20200327s00041000271000c.html
  • https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1245311.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzcyMzU3ODQx

    この時期に病院でロケって、テレビ局の人間って、何故にこんなに危機意識が欠落してるんだろ。緊急事態宣言が出るというのに、本気で病院に詰まらん負荷を掛ける気かね。

  2. 2
    匿名
    ID:MTAxNDg5NzMx

    フジテレビ、対応遅いよ。
    キャストは逃げられないのだから制作側が早く判断しないと。
    逆に延期したドラマは放送された時は必ず見ます。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    医療ドラマいらない

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4Njg5NTEx

    フジは時々失礼な所あるからなぁ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について