めちゃイケ枠で『ドッキリさせちゃうぞGP』レギュラー化。番組のヤラセ、炎上懸念も…

東野幸治・小池栄子

過去4回特番で放送されている『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』(フジテレビ系)がレギュラー化し、11月10日から土曜20時台に放送されることが発表されました。

これまで同番組のMCは、東野幸治さんとウエンツ瑛士さんが務めていましたが、10月からイギリス・ロンドンに留学しているウエンツさんの代わりに、女優・タレントの小池栄子さんが起用されています。

土曜20時台には、1996年10月から今年3月末まで『めちゃ×2イケてるッ!』(めちゃイケ)が放送され、5月から新たに東野幸治さんMCの『世界!極タウンに住んでみる』がスタートしましたが、視聴率が伸びずに9月をもって終了となりました。

そして、後番組として11月からスタートする『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』は、番組側が芸能人らにドッキリを仕掛ける従来のドッキリ番組ではなく、芸能人たちが仕掛け人として今まで無かったようなドッキリを考え、芸能人に仕掛けるという内容となっており、過去4回の特番が好評だったことを受けてレギュラー化が決定したそうです。

過去放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』の動画

ドッキリ番組はフジテレビの“お家芸”とも言われており、1976年から放送の『スターどっきり(秘)報告』では、「ブーブークッションドッキリ」「(おじさんに突然怒鳴られる)コラおじさん」「寝起きドッキリ」などの名物企画が誕生しました。

『スターどっきり(秘)報告』以降には、フジテレビで様々なドッキリ番組が制作されましたが、ドッキリ番組をレギュラー放送するのは1997年以来21年ぶりとなります。

『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』のレギュラー化にあたっては、特番時代から人気だった企画「芸能人が考える超ショートドッキリ」だけでなく、「人気アニメやドラマとコラボしたドッキリ」など、家族で楽しめるドッキリ企画を放送していくとのことです。

この発表を受けてネット上では、

  • たまに見るから面白いんじゃない?昔とは良い悪いの基準も変わってるし言うほど攻めた作りは難しいと思う。
  • 過去の有名番組のリメイクをするのは、年齢層の高いところに理解しやすいし、今の人にも見てもらう工夫もするんだろうけれど…新企画を考えるスタッフもネタ切れなんでしょうか?
  • ドッキリ企画は最初良くても後からヤラセ感出始めるからレギュラー化しない方がいいと思うけど
  • ドッキリって、見てて面白い事もあるけど、内容によっては、かわいそうになったり、後味が悪くなったりすることも多くて、あまり見たいとは思わない。
  • 結局のところドラマ、映画の番宣番組になるんだろうな
  • どっきり程見ていて胸糞が悪くなるテレビ番組はない。受けた方は苦笑いをして我慢しなければならないし、マジギレすれば度量がないと謗られる。ただのいじめでしかない。
  • 多分見ないだろうなぁ。新しい考えの番組とは行かないだろうけど、もっと違うのを見たい。池上とか林とかの頭よくなる番組もいいが、何か真新しいものは無いだろうか?
  • 昔はアイドルが失神するぐらい攻めてたけど、コンプライアンスにうるさい昨今 面白い番組が作れるのか疑問。
  • ほとんどがやらせでしょう、昔は良かったけど今の時代はみんなわかってるから、厳しいと思うけど。

などのコメントが寄せられています。

時代の変化もあり、以前に比べてドッキリ番組は減ってしまった印象がありますが、一般人や芸能人にドッキリを仕掛ける『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)は、2012年10月から深夜帯でレギュラー放送がスタートし、2013年4月には木曜20時台のゴールデンに昇格しました。

さらに、2015年10月からは放送時間が1時間から2時間に拡大され、視聴率低迷を懸念する声もありましたが、現在でも番組の平均視聴率は10%超えを連発しており、番組内容に対してマンネリ化、ヤラセを指摘する声もあるものの、未だに高い視聴率をキープしています。

そして、11月からレギュラー化する『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』の視聴率については、2016年10月の初回放送が10.9%を記録しているのですが、毎週放送となると視聴者に飽きられ、あまりに過激な内容のドッキリだと炎上し、制作サイドの力量が試される難しいジャンルだと思いますので、今のフジテレビでは厳しい結果になりそうな気がしてならないです。

とりあえずは、初回の2時間スペシャルでどれほどの反響を呼ぶか、視聴率は10%を超えられるのかに注目したいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について