めちゃイケ最後の抜き打ちテスト、ネバーエンディングバカは誰? 重盛さと美は最下位脱出? 爆走数取団も復活で好視聴率獲得か?

めちゃイケ・抜き打ちテスト

来年春で打ち切り終了となるバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の2時間半スペシャルが2日18時半から放送され、番組の人気企画『抜き打ちテスト』がファイナルを迎えるほか、2002年~2006年まで放送された企画『単位上等!爆走数取団』が一夜限りの復活を果たすことで注目を集めています。

『抜き打ちテスト』は2000年7月からスタートし、昨年年10月までに合計17回放送されている人気企画となっており、事前に何も知らされていないレギュラーメンバーやゲストたちに、短時間勉強した上で中学生レベルの5教科(国語・数学・社会・理科・英語)の試験を受けさせ、合計点数が最も低い受験者に「〇〇バカ」の称号を与えるという内容で、受験者たちの様々な珍回答発表が企画のメインとなっています。

今回企画に参加するのは、めちゃイケメンバーを含めた総勢15名となっており、前回の『めちゃイケ20周年記念抜き打ち中間テスト』で最下位となっためちゃイケメンバーの重盛さと美さんには、全世界に拡散されるバカ「ヤフートップバカ」の称号を与えられました。

<↓の画像は、前回の『抜き打ちテスト』でヤフートップバカとなった重盛さと美さんの写真>
ヤフートップバカの重盛さと美

<↓の画像は、重盛さと美さんの5教科の成績>
ヤフートップバカの重盛さと美の成績

そんな重盛さと美さんは『めちゃイケ』終了発表後のアンケートで、「最後に、もう1回テストを受けて、バカを卒業したい」と汚名返上に燃えているといい、果たして最下位脱出となるのか、誰に名誉挽回のチャンスがない「ネバーエンディングバカ」という不名誉な称号が与えられるのか注目です。

■『めちゃ女学園期末テスト FINAL』の受験者(カッコ内は前回受験時の合計点数)

  • オアシズ・光浦靖子(452点)
  • オアシズ・大久保佳代子(379点)
  • たんぽぽ・川村エミコ(350点)
  • たんぽぽ・白鳥久美子(356点)
  • タレント・鈴木紗理奈(302点)
  • タレント・重盛さと美(207点)
  • 熊本県議会議員・元女子マラソン選手の松野明美(256点)
  • 尼神インター・渚(初)
  • メイプル超合金・安藤なつ(初)
  • タレント・清水ミチコ(初)
  • タレント・モデルの池田美優(初)
  • タレント・モデルの鈴木奈々(初)
  • 元NHKアナウンサー神田愛花(初)
  • 元日本テレビアナウンサー・馬場典子(初)
  • 元サッカー女子日本代表・丸山桂里奈(初)

<↓の画像は、最後の『抜き打ちテスト』を受けた出演者たちの写真>
最後の抜き打ちテスト参加者

■【めちゃイケ「抜き打ちテスト」歴代バカ】(カギ括弧内は称号名)

  • 第1回(2000年7月放送):よゐこ・濱口優「バカ」
  • 第2回(2002年10月):濱口優「スペシャルバカ」
  • 第3回(2003年4月):元モーニング娘。辻希美「バカ女」
  • 第4回(2003年12月):濱口優「年末ジャンボバカ」
  • 第5回(2004年7月):濱口優「真のサマージャンボバカ」
  • 第6回(同10月):タレント・若槻千夏「バカまん」
  • 第7回(2005年4月):モデル・タレントの梨花「ウルトラのバカ」
  • 第8回(2006年10月):濱口優「WBC」
  • 第9回(2008年4月):元サッカー日本代表・武田修宏「三ツ星バカ」
  • 第10回(2011年4月):重盛さと美「東京スカイバカ」
  • 第11回(同10月):重盛さと美「国民栄誉バカ」
  • 第12回(2012年3月):元格闘家・武蔵「霊長類最強バカ」
  • 第13回(2013年4月):元AKB48・川栄李奈「センターバカ」
  • 第14回(2014年3月):濱口優「バカゴジラ」
  • 第15回(2015年4月):元プロ野球選手・元木大介「バカ世界新」
  • 第16回(同10月):タレント・モデルのダレノガレ明美「とにかく明るいバカ」
  • 第17回(2016年10月):重盛さと美「ヤフートップバカ」

そして、2日放送の2時間半SPでは抜き打ちテストの他に、『単位上等!爆走数取団』が2006年5月以来、11年半ぶりに一夜限りの復活を果たします。

『単位上等!爆走数取団』は、前身の企画「七人のしりとり侍」が『放送と青少年に関する委員会』(現在の『放送倫理・番組向上機構(BPO)』)の審議結果を受けて2001年に打ち切り終了となったため、2002年6月から放送がスタートし人気企画となりました。

しかし、当時めちゃイケメンバーの極楽とんぼ・山本圭壱さんが未成年との飲酒・性的暴行事件(不起訴)を起こし、吉本興業を解雇されるというトラブルが発生したことによって、2006年5月の放送分をもって打ち切り終了となりました。

それから11年半が経ち一夜限りの復活をする『単位上等!爆走数取団』は、カリスマ暴走族という設定の数取団(プレーヤー)たちが、人物や物体などの固有名詞とその単位を言っていくというルールで、1人目が「車」と言ったら2人目は「1台」と答えます。

2人目は続けて3人目に対しお題(前者と同じでも可)を出し、3人目は数だけ増やして単位を答え、次にお題を出すというのを続けていくという内容で、単位を間違えたり、答えるのが遅くリズムを崩すなどした場合にはアウトとなり、罰ゲームとして力士集団「関取団」と相撲を取ります。

今回復活となる『単位上等!爆走数取団』には、めちゃイケメンバーの他に、野性爆弾・くっきーさん、博多華丸・大吉の博多大吉さん、原口あきまささん、ピーマンズスタンダード・南川聡史さん、おぎやはぎ・矢作兼さんがゲストで参加します。

<↓の画像が、『単位上等!爆走数取団』出演者の写真>
一夜限りの復活となる『単位上等!爆走数取団』出演者

そして、今回がラストとなる両企画に対しネット上では、期待する声が数多く寄せられているほか、『抜き打ちテスト』企画などについては番組終了後も、特番などで放送して欲しいという声も多く上がっています。

『抜き打ちテスト』は今回「ネバーエンディングバカ」を決めるとしていることや、近年は同企画をスペシャルで放送しても、高い視聴率を取れなくなっていたため、今後も特番で復活する可能性は現時点では低そうです。

ちなみに、2004年10月放送分で4回目の『抜き打ちテスト』などを放送した際には、番組史上最高の平均視聴率33.2%を記録しましたが、徐々に数字が下がっていき、昨年10月に放送された20周年を記念した17回目の『抜き打ちテスト』は平均視聴率11.9%でした。

しかし、番組終了後の反響が大きく、今回の2時間半SPが好視聴率を記録すれば特番で復活となる可能性も出てくると思いますので、ラストとなる『抜き打ちテスト』の結果とともに、どれほどの視聴率を獲得出来るのかに注目したいところですね。

【追記 12月2日 21時00分】
今回で最後となる『抜き打ちテスト』が2日に放送され、重盛さと美さんがまたしても最下位となり、「ネバーエンディングバカ」の称号が与えられました。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTczMzQwMjMw

    ヘキサゴンと似てるよね
    面白くない

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMzM3MDc1

    17年も前からやってるのにヘキサゴンが2番煎じなことに気づかないあなたもやばい

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について