『ONE PIECE』ハリウッドで実写テレビドラマ化の理由、作者の尾田栄一郎コメント発表! ネットでは大コケ必至と厳しい声

ONE PIECE

世界的人気を誇る大人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』が、アメリカ・ハリウッドで実写ドラマ化されることが21日に発表されました。

これは同日行われた連載20周年記念イベントで発表されたもので、日本でもヒットした海外ドラマ『プリズン・ブレイク』などを手掛けたマーティ・アデルスタインさんが率いるトゥモロースタジオが製作を担当し、集英社と原作者・尾田栄一郎さんの共同プロジェクトとなり、海外でテレビドラマ化されるといいます。

製作を手掛けるマーティ・アデルスタインさんは、「私の持っているすべてをかけて、『ONE PIECE』シリーズを絶対に成功させる意気込みです。本作品はテレビシリーズ史上、最も制作費が高い作品になると思います。そして、世界中からの注目度を考えると、このような規模の制作費を投じるべき価値があると考えています」とコメントを寄せています。

『ONE PIECE』を連載している『週刊少年ジャンプ』の中野博之編集長は実写ドラマ化について、「実写化のオファーはいろんな方向からいただいていたが、最後まで着地できなかった。いろいろが要因があるが、発表できたのは我々のいろいろなハードルを超えて企画が成立したということ。期待していただきたい」と自信を見せています。

実写ドラマ版『ONE PIECE』は、『プリズン・ブレイク』を超える制作費が投入されるそうなのですが、「我々が安心できる、納得できる額」と語り、実写化の企画案については3年前から出ていたそうなのですが、ハリウッドで実写ドラマ化する理由については、「いろんな理由はあるが、尾田(栄一郎)先生も我々もマンガのファンを裏切らない、クオリティーが担保できるかどうか。(日本では)なかなかそれがクリアできなかった」と説明しています。

また、映画ではなくテレビドラマという形にした理由については、「いろいろな才能、資金面も含めて、ドラマが一番クオリティー高く作れると判断した」と語り、ストーリーの長さも考えて、映画よりもドラマの方が良いと判断したそうです。

なお、ドラマの放送開始予定日や日本で放送されるかどうかはまだ未定となっており、キャストも明らかにはしていません。

そして、実写ドラマ化にあたって尾田栄一郎さんも直筆コメントを寄せており、「20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。」と明かした上で、「僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を迎える今日、その製作発表に至ったのは実は偶然であり、とても嬉しく思います。」と実写ドラマ化発表までの経緯について説明しています。

続けて、「まず『20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事。』これが僕からの条件です。」として、「不安の声もあがるでしょうがどうか期待の声をください。そして胸を躍らせ、続報をお待ちください。お楽しみに!!」と呼び掛けています。

<↓の画像が、『ONE PIECE』作者・尾田栄一郎さんの直筆コメント>
ONE PIECE作者・尾田栄一郎の直筆コメント

このように実写化の発表が行われたのですが、ONE PIECEファンの反応を見てみると、

  • チョッパーのヴィジュアルが楽しみだわw
  • これはネタ枠として普通に楽しみ もともと原作自体がなんでもありの世界観だし、全く別物でもそれはそれで面白そうw
  • ドラゴンボールの前例があるから不安要素はあるけど、ジャニーズがルフィをキャスティングしそうな日本の実写よりはまだ期待できると思う
  • 登場人物みんな日本人ぽくないし、日本でジャニ主演で作られるよりかまし
  • パイレーツオブカリビアンっぽくすれば結構イケるでしょ 能力は超能力っぽい表現にしてさ
  • 何でもかんでも実写化すればいいと思ってる奴らは頭おかしい
  • 海外でドラマ化!?外見のクオリティは海外のがあるだろうけどまずスベるだろうね。いくらプリズンブレイクの会社でも
  • 集英社よ、ドラゴンボールの事をもう忘れたのか。。。尾田さんも許可しないで欲しかった。。。ほとんどCGならお金かけてやる意味ってないと思うんだけど。。。
  • 尾田栄一郎さんは実写にしないポリシーがあると思っていました。実写云々ではなく、それが残念です。
  • ワンピース、ドラゴンボールは漫画じゃないと表現出来ない世界。実写化全てに反対ではないがこれは無理。
  • やめてほしい アメリカはお金だけはあるから壮大風に見せかけられるけど、見栄えだけで中身のない作品ばかり。それに日本のマンガの世界観を外国人は体現できない。お金だけアメリカが出して日本人に作らせたほうがまだマシ

などのコメントが寄せられています。

アクションシーンが多く、CGも多用するような作品の実写化については、日本よりも海外で行った方が失敗は少ないかと思いますが、『ONE PIECE』はそもそも実写化には向いていない作品で、二次元だから良いと個人的には思いますので、いくらお金を掛けて製作しようが三次元では微妙な出来になるのではないでしょうかね…。

ネット上でも指摘されているように、2009年3月に公開され酷評された実写映画『DRAGONBALL EVOLUTION』のようなビジュアル、内容など全てが残念な仕上がりになるのではないかと心配です。

映画『ドラゴンボールエボリューション』

ハリウッドでは、3DSゲームとしてリリースされた『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』をベースとした実写映画『ディテクティブ・ピカチュウ(Detective Pikachu)』の製作、『カウボーイビバップ』の実写ドラマ化も決定しています。

また、今年春には『攻殻機動隊』を原作とした実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(Ghost in the Shell)』が公開されるなど、日本の作品が最近海外で実写化されるというケースが増えています。

<実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(Ghost in the Shell)』>
『攻殻機動隊』の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(Ghost in the Shell)』

この流れは今後も続いていく可能性があり、今後さらに『NARUTO』など海外で人気が高い作品が実写化されることも考えられるのですが、作品のイメージを壊さないためにも安易に実写化するのは止めた方が良いのではないでしょうかね…。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    ネタとしてみたい

  2. 2
    匿名
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    続報求む

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について