『絶対零度』上戸彩から沢村一樹に主演交代の理由…新シリーズ月9で7月放送決定、内容・あらすじは?

沢村一樹

上戸彩さん(うえと・あや 32歳)主演の刑事ドラマ『絶対零度』シリーズ(フジテレビ系)が新たに、沢村一樹さん(さわむら・いっき 本名=野村耕蔵 50歳)主演で『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』として、今年7月期に月9枠(月曜21時)で放送されることが明らかになりました。

『絶対零度』シリーズの1作目『絶対零度~未解決事件特命捜査~』は2010年4月期に火曜21時のドラマ枠で放送され、主演の上戸彩さんの他に、雨上がり決死隊・宮迫博之さん、山口紗弥加さん、丸山智己さん、北川弘美さん、杉本哲太さん、北大路欣也さんらが出演し、初回平均視聴率は18.0%、第2話~最終話までは12~15%台で推移し、全11話の期間平均視聴率は14.4%でした。

その後2011年7月期には第2シリーズ『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』の放送がスタートし、新たに桐谷健太さんらが主要キャストとして加わり、初回15.4%、最終回で自己最高の16.3%を記録し、全11話の期間平均は13.1%という結果になっていました。

<↓の画像は、上戸彩さん主演で2010年に放送された『絶対零度~未解決事件特命捜査~』>
上戸彩の主演ドラマ『絶対零度』

『絶対零度』シリーズは、警視庁捜査一課内に「コールド・ケース」と呼ばれる時効直前の未解決事件を検証し直す捜査部署が新設され、上戸彩さん演じる新米刑事らが、未解決事件を解決するために奮闘し、成長していく姿を描いていました。

主演を上戸彩さんから沢村一樹さんに交代し、7月期から新たに月9枠でスタートする『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、国家を脅かす事案などに対応する元公安のエリート刑事・井沢範人(いざわ・のりと)らの活躍を描いた内容となっています。

<↓の画像は、主演に起用された沢村一樹さんの写真>
沢村一樹

あらすじは、井沢範人がある事件を起こしたことがきっかけで公安から総務部資料課に室長として転属することになり、そこには警視庁内で厄介払いされたトラブルメーカー達が集められていたのですが、そこで「未然犯罪捜査システム(ミハンシステム)の実用化」という重要なプロジェクトの任務を託されます。

「未然犯罪捜査システム(ミハンシステム)の実用化」プロジェクトは、国民のあらゆる個人情報、全国各地の監視カメラ映像、メール・電話などの通信データといったビッグデータを解析していき、過去15年分の犯罪データと照らし合わせた上で、AI(人工知能)が統計学的に今後怒る重大犯罪、主に殺人を犯す可能生が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム『ミハンシステム』を実用化するために行うものです。

そして、総務部資料課はこのシステムを使ったミッションとして、未然犯罪捜査チーム(通称:ミハン)として、ミハンシステムが割り出した、未来の危険人物が起こすかもしれない重大犯罪(主に殺人)を阻止するという任務を任され、いつ、どこで発生するかも分からない事件を潜入捜査などをしながら突き止めていくのだが…というストーリーとなっています。

なお、上戸彩さんが演じた特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班捜査員・桜木泉は、ストーリー全体の謎のカギを握る存在として登場するそうなのですが、今シリーズではある捜査中に突然失踪してしまったというところからスタートするそうです。

<↓の画像は、第3シリーズにも出演する上戸彩さんの写真>
上戸彩

主演を務める沢村一樹さんは今作について、「物語は多くの謎をはらんだまま進行していきます。謎の失踪を遂げた上戸彩さん演じる桜木が“ミハン”と、今後どのような形で絡み合うのか……。井沢の、冒頭で見せる凶行と班長としてのギャップの裏にはなにがあるのか?“未然犯罪の捜査”というまだ起こっていない、これから起こる可能性の高い犯罪の捜査をすることでの葛藤、これでもかというほど、クセの強い登場人物たちの背景に一体、何があったのか、今後のストーリーの展開が気になります。そして“コレ、本当にできるのか?”というアクションシーンや、これぞ刑事ドラマと言わしめるチームワーク、など見どころが満載です!」と説明し、月9初主演を務めるにあたっての意気込みも語っています。

このドラマに対してネット上では、、

  • 過去の人気作品でないと視聴率が取れなくなってきましたね。
  • 上戸彩は主演じゃないのか。今の月9だと主演は間違いなく叩かれるし、メリットなんて全然ないから回避したな。
  • どこの局のドラマも、医療ものと刑事物ばかり。
  • フジテレビで沢村一樹 なんとなく違和感あるな テレビ朝日で見たい
  • 月9は恋愛モノやめたんだね。まぁそのほうがいいと思う
  • 沢村さんなら、久しぶりに月9見てみようかな。
  • 沢村一樹がどうこうじゃなくてきちんと上戸彩が本格的に復帰出来てから作ればいいのに。沢村一樹を主演にしたいなら別タイトルかスピンオフにすればいいのに。
  • やっぱり中高年の視聴者を取り込まないと数字は上がらないと見たか…。
  • 沢村さんが主演なのはいいが、なんでまた絶対零度復活なのかな?ネタギレ感がハンパない
  • 『上戸演じる桜木は今回、出演はするが捜査中に失踪という設定』1回目と最終回にしか出演しないパターンですね

などのコメントが寄せられています。

『絶対零度』シリーズの流れを汲んだ作品が放送されることは4月の時点で『日刊スポーツ』が報じており、上戸彩さんが子供を出産後初の連ドラ出演とのことで注目されていたのですが、まさかの主演を沢村一樹さんに交代するという珍しいパターンになっていて、現段階では賛否両論となっています。

そもそも『絶対零度』シリーズは当時、決して高い視聴率を記録していた人気作というわけでもなく、上戸彩さんが今主演を務めたとしてもそこまで注目を集められるかどうかは微妙なところだと思います。

新たに主演に起用された沢村一樹さんは演技に定評があるため、月9のメインターゲットとなる10代、20代の若者だけでなく中高年層の視聴率を上げられる可能性があり、そこそこの視聴率は見込めるとみられ、恐らく大コケするということはないでしょうね。

月9では今期、長澤まさみさんが詐欺師役を演じている『コンフィデンスマンJP』を放送し、初回9.4%、第2話7.7%、第3話9.1%、第4話9.2%、第5話9.3%、第6話8.2%と9%前後で推移し、一度も2ケタに到達出来ていないのですが、沢村一樹さん主演の『絶対零度』はどれほどの数字を獲得できるのか注目したいところです。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804170000005.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について