『相棒17』反町隆史の続投決定か、仲間由紀恵に交代説も妊娠・出産で断念? 視聴率低迷でテコ入れし変化望む声も…

相棒16

人気刑事ドラマ『相棒 season16』(テレビ朝日系 水曜21時)の最終回(第20話)が、14日20時から2時間スペシャルとして放送されるのを前に、次に放送予定の『相棒 season17』のキャスティングに関する記事を週刊誌『週刊女性』と『週刊新潮』が報じています。

『週刊女性』によれば、現在『相棒』の制作サイドはキャスティングに頭を悩ませているそうで、その原因は、これまで警視庁総務部広報課課長・社美彌子(やしろ・みやこ)を演じていた女優・仲間由紀恵さんが第1子を妊娠し、今年夏に出産を予定していることにあるといいます。

2002年10月から毎年放送されている『相棒』シリーズでは、主演の水谷豊さんの相棒役は寺脇康文さん、及川光博さん、成宮寛貴さんが務め、2015年放送の『season14』から反町隆史さんが4代目・相棒役を演じているのですが、反町さんの名前が発表される前には仲間由紀恵さんが有力候補の一人として挙げられており、反町さんは1シーズン限りの相棒で、仲間さんの繋ぎとも報じられていました。

しかし、反町隆史さんは『season16』まで3シーズンにわたって相棒役を演じており、今年10月から放送予定の『season17』でも相棒を務める可能性が高いようです。

テレビ誌ライターはその理由について、『相棒』は一般的な連続ドラマとは違い2クール(6ヶ月)放送され、撮影も1シーズンあたり7ヶ月もかかることから、今年夏に出産予定の仲間由紀恵さんが相棒役を務める可能性は低いとしています。

<↓の画像は、『相棒』出演の反町隆史さん、仲間由紀恵さん、水谷豊さんの写真>
『相棒』出演の仲間由紀恵、反町隆史、水谷豊

ちなみに、初代・相棒を務めた寺脇康文さんを除き、これまで相棒は3シーズンで交代という形になっています。

そのため、そろそろ相棒を交代か?という声も上がっているのですが、仲間由紀恵さんの妊娠に加えて、警視庁ナンバー2の副総監・衣笠藤治を演じていた大杉漣さんが急死したことによって後任に杉本哲太さんを起用し、あまり大きくキャストを変更すると視聴者を困惑させることになるため、反町隆史さんの続投を望む声が上がっているそうで、マンネリを避けるために過去の出演者を復帰させるという案もあるといいます。

<↓の画像左が急死した大杉漣さん、右は後任を務める杉本哲太さんの写真>
大杉漣&杉本哲太

一方の『週刊新潮』は、『相棒』の視聴率が反町隆史さん出演後から低迷傾向にあることや、元法務省のキャリアという役柄に反町さんが相応しくないという声も多いことから、『season16』スタート前の昨年10月以前に、5代目相棒の候補がリストアップされていたそうです。

その当時は、元SMAP・稲垣吾郎さんの名前が挙がっていたそうなのですが、昨年9月にジャニーズ事務所を退社し独立ということがあり、関係各所に配慮する形でこのプランは消えてしまったそうです。

それに続いて、初の女性相棒をという声を受けて仲間由紀恵さんが『season17』の有力候補として浮上したそうです。

しかし、『season17』の最有力候補となっていた中で妊娠が明らかとなり、反町隆史さんの続投がどうやら決定したようなのですが、局関係者は「水谷さんはかねて『平均で15%を切るようなことになれば番組をやめる』と漏らしている。不安を抱えながら、来期も反町さんという流れになるのでしょう」と語っています。

<↓の画像は、『相棒 season17』でも共演とみられている水谷豊さん、反町隆史さんの写真>
水谷豊&反町隆史

そして、これらの報道を受けてネット上では、

  • 反町のままでよくないか。わりと頑張ってると思うけどな。今一つ冴えない理由は脚本の方にあると思うが。
  • そもそも仲間由紀恵相棒説って、勝手にマスコミが言い出して騒いでいるだけで現実味がないと思う。別に年齢的にも反町で充分成り立つし何ら問題ない。
  • 脚本がイマイチな時が多くなってるし、右京さんが、ブルドックのように頬を震わせて決め台詞を言う場面がなんか嫌だ。もっと、スタイリッシュに諭して欲しいんだけどなー。反町さんは、これだけ相棒のキャラが出尽くした感があるなか、頑張ってると思うし、視聴率は関係ない。
  • 反町さんいい味出してて好きですよ。いい相棒だとおもう。仲間さんはあくまでレギュラー枠でいいとおもうなぁ
  • 視聴率重視の俳優起用は、相棒ではしてほしくないなぁ
  • 毎回“仲間由紀恵待望論”がでてくるけど、視聴者で仲間さんに相棒になってほしい!と思っている人はあまりいない気がする。サブレギュラーでちょうどいい。
  • 仲間さんだと相棒2人とも冷静沈着なキレ者同士で、全くメリハリが無くなるからつまらない
  • 反町くんの相棒、見栄えがするし重厚感もあるし、あのなんともいえないキャラ、右京さん以上にウザい時すらある。若手ではない良さ、大人の色気も滲み出ていて、最高です。こういう感じになるなんて思わなかった。あと数年、反町くんでお願いしたいです。

などのコメントが寄せられています。

仲間由紀恵さんの相棒説は以前から浮上してはいるものの、レギュラー出演している中で今さら相棒の役を演じるということに対して疑問の声が多く上がっています。

その一方、当初は不安視されていた4代目・相棒役の反町隆史さんの演技が『相棒』に馴染んでいき、今では水谷豊さんと良いコンビとなっているため、今後はコロコロと変更せずに反町さんに相棒を務め続けてほしいという声もあります。

『相棒』の視聴率だけをみると徐々に低下しているというのは事実で、及川光博さんが出演の『season8』は期間平均視聴率が17.7%、『season9』は20.4%、『season10』は16.6%、成宮寛貴さんが出演の『season11』は17.3%、『season12』と『season13』は17.4%でしたが、反町隆史さんが出演の『season14』は15.3%、『season15』は15.2%、『season16』は17%台に届いたのが第14話だけで、その他は13、14%台で推移しており、明らかに数字が伸び悩んでいます。

そのため、『相棒』も何かしらのテコ入れ、変化を加えることが必要になってくると思いますが、それは脚本なのかキャストなのか、『season17』以降にどういった変化が起こるのか気になるところですね。

視聴率が下がっていると言っても、これまで15年以上にわたって放送しているにも関わらず平均視聴率が15%前後獲得しているため、余計な変化は加えない方が良さそうな気がしますが…。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について