『愛してたって、秘密はある。』最終回後の完結編、Hulu配信で物議! 有料動画を無料視聴の方法あり?

福士蒼汰&川口春奈

福士蒼汰さん主演のドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系 日曜22時30分)が17日に最終回を迎えたのですが、本当の完結編となるドラマ「僕は誰だ?」が、有料のオンライン動画配信サービス『Hulu』で独占配信されることが発表され、ドラマ視聴者から批判の声が噴出しています。

真の完結編とされる「僕は誰だ」は前後編に分かれており、最終回終了後から前編が配信され、24日からは後編が配信されることが発表されています。

『愛してたって、秘密はある。』は、「愛する人の秘密はどこまで許されるのか」をテーマとした作品で、AKB48グループのプロデューサーとしても知られる秋元康さんが企画・原案を手掛けています。

<17日に最終回を迎えたドラマ『愛してたって、秘密はある。』>
ドラマ『愛してたって、秘密はある。』

ストーリーは、母親をDVから守るため中学3年生の時に父親を殺害した過去を持つ主人公・奥森黎(福士蒼汰さん)が、事件から8年後に大学院で検事志望の天真爛漫な立花爽(川口春奈さん)と出会い、2人はその後交際に発展し結婚を決意。

しかし、結婚が決まった直後から、自分と母親しか知らないはずの“秘密”を知る何者かから、不気味なメッセージが届き始め…という展開となっています。

最終回前までの平均視聴率は、第1話が8.2%、第2話が8.7%、第3話が9.2%、第4話が8.0%、第5話が8.5%、第6話が7.8%、第7話が8.5%、第8話が8.5%、第9話が8.5%でした。

17日放送の最終回では、黎が「解離性同一性障害」(旧称:多重人格障害)だったことが明らかになり、全ての事件の黒幕は自分自身だったという展開となっていました。

こうした衝撃展開を迎えた最終回終了後から、真の完結編「僕は誰だ?」の配信が『Hulu』でスタートし、前編では福士蒼汰さんが『解離性同一性障害』の2つの人格「黎」と「朔」を演じ分け、それぞれの人格同士の対話、さらに恋人・爽との愛の行方が描かれているとのことです。

<↓の画像は、「僕は誰だ?」のワンシーン>
ドラマ『愛してたって、秘密はある。』真の完結編「僕は誰だ?」のワンシーン

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』真の完結編「僕は誰だ?」のワンシーン

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』真の完結編「僕は誰だ?」のワンシーン

視聴者にとっては見逃せないこうした真の完結編が地上波では放送されずに、登録が必要な有料(月額:税抜き933円)の動画配信サービス『Hulu』限定で配信されることが判明し物議を醸しており、ネット上の反応を見てみると、

  • このドラマは殆ど見ていないが、CDを売るのに握手券商法、投票権商法を考え出した秋元康らしい悪徳手法だと思う。反発を喰らうのは当然だと思う。
  • 悪どいな。視聴者、金づるとしか思ってないな
  • シリーズが始まる前に告知すべき。そうと知ってたら見なかった人もいるだろうし、このドラマにハマってた人は続きが気になるだろうし、そのためにhuluに加入するとしたら詐欺みたいな商法だよ。
  • 最初から楽しみに見てたのに最後はHuluでって加入しなきゃ見れないパターンですね。最低な番組です。信じられない。だったら最初から放送しなければって思います。ショックだった。
  • こういうことを今後もやっていくとますますテレビ離れが進みそう。
  • だからテレビ離れが加速するんだよ。賀来賢人の演技力や福士蒼汰の新たな魅力が発見できたドラマだっただけに残念。hulu宣伝のために私はこのドラマを観ていたの?
  • やっちゃったな!こういうある種のAKB商法は、一般視聴者の怒りを買うだけ!福士さんもせっかく頑張ったのにある意味とばっちり!

などの批判コメントが殺到しています。

なお、『Hulu』は2週間の無料体験期間を設けていることから、「僕は誰だ?」の前後編を無料で視聴することは可能で、2週間が経過する前に解約をすればお金は取られません。

また、過去に一度登録して2週間の無料体験をした方でも、メールアドレスとクレジットカードさえ変更すれば再び無料体験が受けられるようです。

しかし、会員登録する手間などがかかり、個人情報を登録することに抵抗がある方もいますし、うっかり忘れて期限までに解約しなかった場合には、1000円近いお金を取られてしまうため、やり方が汚いなどと批判されるのは当然かと思います。

秋元康さんは過去にもこうした手法で批判されたことがあり、2015年8月から放送された『マジすか学園5』(日本テレビ系)では、第2話まで地上波で放送、第3話~第12話は『Hulu』で配信されるという形となっていました。

この理由について日本テレビは、「内容が過激になりすぎて地上波の放送が困難」と判断し、ネット配信限定にしたと説明をしていたのですが、これに対してファンからは「マジすか程度の内容でダメだったら『アウトレイジ』放送できないだろ」、「スポンサーがつかないからオタから直接金を取る方向になったのか」といった声が上がるなど物議を醸していました。

日本テレビは2014年に『Hulu』の日本向けサービスを買収しており、会員数を増やしたいという考えから、このような手法を取っているとみられますが、事前告知無く最後に続編はネットでというやり方は今回のような批判を生むため、こうした手法は避けるべきでしょうね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTczMzM2MzE2

    おいこら、みたいじゃねーか
    YouTubeに挙げられるまで我慢するか、ネタバレ見るわ!
    でもHuluって結構ドラマあってるから見ようかな

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について