『得する人損する人』打ち切り終了、後番組は内村光良の『THE 突破ファイル』。日本テレビが改編発表。

内村光良

日本テレビが11日に10月改編発表会を行い、『得する人損する人』(略称:得損 日本テレビ系 木曜19時)が9月をもって終了し、後番組として同枠で、ウッチャンナンチャン・内村光良さんMCの『THE 突破ファイル』(木曜19時)が10月25日からスタートすることを正式発表しました。

<↓の画像は、9月末をもって打ち切り終了する番組『得する人損する人』の写真>
日本テレビ・得する人損する人

年間視聴率が4年連続3冠という好成績を残している日本テレビは、ゴールデン帯(19~22時)の番組入れ替えをほとんどしないという作戦が功を奏し、安定して好視聴率を記録している番組が複数あるのですが、今回は「潮目を見極め、タイムテーブルの『新化&深化』がテーマ」として、2年ぶり(ドラマやミニ番組を除く)にゴールデン・プライム帯に新番組を投入します。

『得する人損する人』の後番組として10月スタートの『THE 突破ファイル』は、今年5月放送の特番をレギュラー化したもので、絶体絶命のピンチを迎えた人たちがユニークで奇想天外な思いもよらぬ方法で問題を解決した突破劇をドラマで再現し、クイズ形式でそのアイディアや知恵を学んでいくという新感覚のドラマ&クイズバラエティとなっています。

特番では内村光良さんがMC、ゲストとしてサンドウィッチマン、元フジテレビでフリーの大島由香里アナウンサー、モデル・タレントの滝沢カレンさんらが出演していたのですが、レギュラー化にあたって内村光良さんがMC、サンドウィッチマンはレギュラー回答者として出演することが発表されています。

番組編成を担当する岡部智洋編成局次長は番組の入れ替えについて、「木曜日19時は5年間『得する人損する人』は4年連続3冠王の大きな立役者であり、貢献度の高い番組。ですが、今後の2019年、2020年を見据えるなかで、内村さんサンドウィッチマンさんとあの時間帯に日本に明るい雰囲気、優しい雰囲気を伝えられる番組になるかと」と語っています。

<↓の画像は、『THE 突破ファイル』に出演する内村光良さん、サンドウィッチマンの写真>
内村光良とサンドウィッチマン

『THE 突破ファイル』の再現ドラマパートでは、新進気鋭の若手女優や俳優を積極的に起用し、番組ならではの出演者たちによるドラマも大きな見どころになるようで、取り扱うジャンルによっては出演者を固定し、番組初のキャラクターを生み出すプランもあるといいます。

そして、10月から新たにスタートする『THE 突破ファイル』に対してネット上では、

  • 早々にネタが尽きそう
  • 番組コンセプト自体は糞つまらなそう。完全に出演者頼りだな
  • 内村さんもサンドも好きだけど、露骨なまでに好感度重視だな笑 内村さんはイッテQで結果だしてるから日テレは重宝するね。くりぃむ上田さんしかり
  • こういう番組って最初は本当に面白いんだけど、ネタがなくなってくるとだいたいグルメ番組みたいになる。
  • 笑神様のレギュラー復活を願う。サンドイッチマンのチーム東北、千鳥の島シリーズ、今考えればスゴいメンバーだった
  • ウッチャンとサンドウイッチマンなので、長く続いてほしいですが、今の日テレじゃ、ダメそう。
  • また内村かよ!なんか同じ人ばかりでつまらない。芸能界ってそんな狭い世界なの?もっとたくさんいたと思うけど、ジャニーズ、AKB、坂上など毎度お馴染みのメンバーばかり!非常につまらん!!!
  • 『新化&深化』って言いながら、ウッチャンとサンドはだいぶ置きにいってるな。

などのコメントが寄せられています。

内村光良さんとサンドウィッチマンは数多くいる芸人の中でも特に高い好感度を持っており、特に内村さんは日テレの『世界の果てまでイッテQ!』(日曜19時58分)や『スクール革命!』(日曜午前11時45分)でMCを務め、視聴率も取れていることから新たに起用されるのも納得です。

しかし、新番組がスタートする木曜19時枠は現在、嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)、くりぃむしちゅーがMCの『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』(テレビ朝日系)、ダウンタウン・浜田雅功さんMCの『プレバト』が放送中で、各番組が10%前後の数字を記録している激戦区となっています。

そうした中で日テレは、決して数字が悪かったわけではない『得する人損する人』の終了に踏み切り、後番組の『THE 突破ファイル』は現時点で明らかにされている内容を見る限り、目新しさが無く、そこまで見たいと思うような番組ではないと感じてしまったのですが、どれほどの視聴率を獲得していくのか楽しみですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について