『君の名は。』ハリウッドで実写映画化へ…新海誠監督は期待コメントも、ネットでは批判の声が噴出! 東宝は他作品もリメイクへ

君の名は。

累計興行収入250億円突破という大ヒットを記録しているアニメ映画『君の名は。』(新海誠監督)が、アメリカ・ハリウッドで実写映画化されることが明らかになりました。

『東宝』の発表によると、アメリカの映画会社『パラマウント・ピクチャーズ』と、J・J・エイブラムス監督の制作会社『バッド・ロボット』がすでに実写映画化の権利を獲得し、3社で実写映画化に向けて企画を進行しているといいます。

映画のプロデュースは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『スター・ウォーズ/エピソード9』などの作品を手掛けたJ・J・エイブラムス監督、『スター・トレック BEYOND』などのリンジー・ウェバーさんが担当。

<↓の画像は、J・J・エイブラムス監督の写真>
J・J・エイブラムス

脚本は、『メッセージ』などで脚本を手掛けたエリック・ハイセラーさんが担当し、『君の名は。』の企画・プロデュースを担当した『東宝』の川村元気さんも、プロデューサーとして開発に参加するとのことです。

『君の名は。』が実写映画化されるにあたり、監督・脚本を手掛けた原作者の新海誠監督は、「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています。」とコメントしています。

<↓の画像は、実写映画化が決定したアニメ映画『君の名は。』>
君の名はのワンシーン

実写映画化が決定した『君の名は。』は、東京都内に暮らす男子高校生・立花瀧と、岐阜県の山奥に住む女子高生・宮水三葉の心と体が入れ替わるという不思議な現象が起こり、その後も繰り返す入れ替わりでお互いの存在を知ることによって、運命に翻弄される姿を描いた作品となっています。

君の名はのワンシーン2

配給元の『東宝』は、海外との共同製作・リメイクを進めていく専門チームを立ち上げたそうで、今後は『君の名は。』だけでなく、他の作品についても海外で実写映画化・リメイクという案件を増やしていく予定とのことです。

そして、『君の名は。』の実写映画化に対してネット上では、

  • なぜ安易にアニメでヒットした作品を実写化するのか?壮大にコケること間違いなし。
  • 入れ替わりと彗星だけが類似点の別物になりそう。
  • 実写化するんだ…アニメだから良かったんだけどなあ。
  • まーた日本の原作者がハリウッドに魂を売ったのか。しかしハリウッドはもうネタ切れだね。ピチピチスーツのヒーロー映画か、過去の名作のリメイクか、日本原作の実写しか注目作がない
  • アメリカには神社はねぇだろ(笑)どうやって実写化するんだよ!原作をぶち壊す実写化ならしなくてよし!
  • ハリウッドでリメイクするのはいいけど、舞台はアメリカなのかね?その場合、地方の神社の巫女の家系のヒロインと東京の主人公の入れ替わりという設定は、どうなるんだろう?まさか、どこかのシスターとNYのビジネスマンが入れ替わるとか?まあ、ドラゴンボールやGセイバーの二の舞にならなければいいとは思うけど。
  • アニメなのに背景がリアルで楽しめた。話はそこまで面白いとは思わなかった。アニメだから綺麗だと思えるけど、ストーリーは陳腐なので実写化するメリットはないと思う。

などと否定的なコメントが相次いでおり、ハリウッドでの実写映画化に対して期待する声はほとんどありません。

『君の名は。』は日本を舞台にしている作品で、ヒロイン・三葉は家系の神社で巫女を務めており、これが物語の重要なカギを握っているのですが、ハリウッドで実写映画化となるため、こうした設定などは大幅に書き換えられることになるのでしょうね。

オリジナル版の企画・プロデュースを担当した川村元気さんも開発に参加するそうですが、アメリカを舞台にしたものとなるのであれば、全く別物の作品となる可能性が高いとみられます。

日本国内だけでなく海外でも、日本の漫画・アニメなどを実写映画・ドラマ化するというケースが近年激増しており、その度に原作のファンからは批判の声が噴出し、『君の名は。』も同様にそうした声が多く上がっているのですが、果たしてどのような作品が出来上がるのか、引き続き注目したいところです。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzQwMDYxMzUx

    ドラゴンボールエボリューション同様大惨敗がオチ

  2. 2
    匿名
    ID:MTk4NjgyOTc5

    虹色ほたると時をかける少女のパクリ作品っていうのが恥ずかしいw

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について