『初めて恋をした日に読む話』深田恭子がTBS冬ドラマ主演。イケメン俳優3人と四角関係、超鈍感アラサー女子演じる

深田恭子(ふかだきょうこ)

女優の“深キョン”こと深田恭子さん(ふかだ・きょうこ 35歳)が、来年1月スタートの冬ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系 火曜22時)で主演し、芯はあるけどどこか抜けていて、いちいち残念というしくじり超鈍感アラサー女子を演じることが明らかになりました。

共演は、中村倫也さん(なかむら・ともや 31歳)、永山絢斗さん(ながやま・けんと 29歳)、横浜流星さん(よこはま・りゅうせい 22歳)で、3人のイケメンたちとの四角関係を繰り広げる作品となっています。

<↓の画像が、『初めて恋をした日に読む話』出演のイケメン俳優3人の写真>
永山絢斗・横浜流星・中村倫也
(左から永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さん)

『初めて恋をした日に読む話』は、少女漫画雑誌『Cookie(クッキー)』で2006年から連載されている漫画家・持田あきさん(34)の同名ラブコメディを実写ドラマ化したものです。

深田恭子さん演じる主人公・春見順子(32)は、高校時代まで優等生だったものの、東大受験で失敗してからは就職活動でも失敗、さらに婚活サイトで出会った男性との交際も失敗し、現在は塾講師をしています。

そんなしくじり鈍感アラサー女子・順子が、タイプの違うイケメン3人と出会ったことで人生が大きく変化し、これがきっかけで人生のリベンジをかけた闘いが始まっていき…というラブコメとなっています。

<↓の画像は、持田あきさん原作の漫画『初めて恋をした日に読む話』の写真>
原作漫画『初めて恋をした日に読む話』

脚本を手がけるのは脚本家・吉澤智子さんで、TBS火曜ドラマ枠で1月期放送の吉岡里帆さん主演『きみが心に棲みついた』を担当したほか、昨年4月期放送の波瑠さん主演『あなたのことはそれほど』、深田恭子さんが主演した2016年1月期放送の『ダメな私に恋してください』、他に2013年に綾瀬はるかさんが主演したNHK大河ドラマ『八重の桜』で数話の脚本を担当していました。

演出を手がける福田亮介さん(40)は、深田恭子さんが出演した『ダメな私に恋してください』『下剋上受験』のほか、TBS系で放送の『ごめんね青春!』、『重版出来!』、『あなたのことはそれほど』、『きみが心に棲みついた』、『チア☆ダン』など、様々なドラマの演出を担当しています。

そして、このドラマに対してネット上では、

  • どうしていつも、こういう役ばかりなんだろ?
  • なんかこう、深キョンは深キョンのドラマって感じの扱いになってきてるな。
  • 深キョンが残念役は無理がないですか?全部可愛いから残念な要素がない。
  • ちょっと顎引いた上目遣いで、相手を見つめる役させたら日本一上手い女優。逆に言えばそれしか引き出しがない。
  • 中村倫也は巧いので見たいけど、いい年した深田恭子がキョトン顔でカワイイバカ女ブリッコする為の脚本と言うのがミエミエ。ワンパターンの芝居に飽き飽きなので見たくない。視聴層の設定の絞り込みがヘタでチグハグで残念なドラマになりそう。
  • 以前も残念なダサいOLの役を、完璧なメイクと可愛らしい衣装で演じていたが、今回も同じかな?
  • 深キョンがイメージに合うかというとちょっとなー。たとえば北川景子さんみたいなキリっとしたタイプな気も…。原作は好きなのでひとまず1話は見ます。

などのコメントが寄せられています。

深田恭子さんは、トボけているぶりっ子、ちょっと抜けた天然系の女性の役を長年演じ続けており、深田さんは今年でも36歳となり、年齢的にはそうした役を演じるのはキツイものがありますが、昔と変わらず今も可愛らしい容姿であるため、30歳を過ぎた深田さんが演じてもそこまで違和感はなく、『初めて恋をした日に読む話』でも、これまでと同じような安定の演技を見せてくれるのだろうと思います

しかし、現時点でネット上では深田恭子さんが演じる役が同じようなものばかりでつまらないといった反応や、既視感のある内容に対する厳しい声も見受けられるのですが、そうした中でどれほどの数字を取れるのかに注目ですね。

ちなみに、『初めて恋をした日に読む話』と同じく脚本家・吉澤智子さんが脚本を担当した『ダメな私に恋してください』は、ディーン・フジオカさんとの共演で大きな反響を呼び、全10話の期間平均視聴率は9.5%と2ケタには届かなかったものの、視聴者の間では「ダメ恋ロス」「主任ロス」が起きるなどしていました。

今作も深田恭子さんとイケメン俳優という組み合わせのラブコメとなっており、年下俳優3人と深田さんの四角関係はどのようになっていくのか楽しみにしたいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について