『リーガルV』第1話視聴率発表、ドクターX枠で米倉涼子の新ドラマ開始。初回内容に視聴者の反応は…大門未知子とカブる?

米倉涼子(よねくらりょうこ)

女優・米倉涼子さん(よねくら・りょうこ 43歳)主演の新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系 木曜21時)の第1話が11日に放送され、初回平均視聴率が15.0%(関東地区)だったことが明らかになりました。

テレビ朝日系の木曜ドラマ枠では、今年1月期に木村拓哉さん主演の『BG~身辺警護人~』が放送され、初回平均視聴率は15.7%、最終回は17.3%、全9話の期間平均視聴率は15.2%でした。

4月期放送の波瑠さん主演『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、初回が14.7%、最終回が13.9%、全8話の期間平均が12.9%。

7月期放送の綾野剛さん主演『ハゲタカ』は、初回が11.9%、最終回が11.1%、全8話の期間平均が10.4%となっています。

昨年10月期に放送された米倉涼子さん主演『ドクターX~外科医・大門未知子~ 第5シリーズ』は、初回が20.9%、最終回が25.3%、全10話の期間平均は20.9%と相変わらずの高視聴率を記録していました。

『BG』や『ドクターX』の初回視聴率を『リーガルV』では抜けませんでしたが、今期民放のゴールデン・プライム帯(19~23時)にスタートした連ドラの中では現時点でトップとなっており、2位は織田裕二さん主演の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系 月曜21時)で初回14.2%、3位は新垣結衣さん主演の『獣になれない私たち』(日本テレビ系 水曜22時)で初回11.5%となっています。

米倉涼子さんは2012年以降、毎年10月期に木曜ドラマ枠で『ドクターX』の主演を務めるというのが定番化していたものの、米倉さんが制作サイドに「ぜひ新しい挑戦をさせてください」とお願いしたことにより、米倉さんやスタッフらが内容を相談し、弁護士の活躍を描いた『リーガルV』が誕生したといいます。

米倉涼子さんが『リーガルV』で演じるのは、弁護士資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)で、そんな翔子がワケありの弁護士仲間らを集めて法律事務所を作り、かつて自身が所属していた大手弁護士事務所を相手に無謀な戦いを繰り広げていくといった内容です。

<11日スタートの米倉涼子さん主演ドラマ『リーガルV』>
米倉涼子の新ドラマ『リーガルV』

キャストは米倉涼子さんのほかに、翔子が率いる「京極法律事務所」の若手弁護士・青島圭太役を林遣都さん、元検事のヤメ検弁護士・大鷹高志役を勝村政信さん、「京極法律事務所」の代表弁護士・京極雅彦役に高橋英樹さんが起用されています。

この他に、「京極法律事務所」で法律事務などの補佐をするパラリーガル役を荒川良々さん、三浦翔平さん、安達祐実さん、翔子が対決を挑む大手弁護士事務所「Felix&Temma法律事務所」の代表で、弁護士会会長の天馬壮一郎役を小日向文世さん、エリート弁護士・海崎勇人役を向井理さん、翔子をライバル視しているアソシエイト弁護士・白鳥美奈子役を菜々緒さんが演じています。

<↓の画像は、『リーガルV』人物相関図の写真>
リーガルV人物相関図の画像

11日に放送された第1話のあらすじは、弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix&Temma法律事務所」をクビになった元弁護士・小鳥遊翔子が、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦に「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と声をかけ、さらに敗訴が原因で依頼人の母親を自殺に追い込んでしまい自殺寸前の状態にあった若手弁護士・青島圭太をスカウトし、京極を代表弁護士とした「京極法律事務所」を立ち上げます。

<↓の画像は、『リーガルV』第1話のワンシーン>
リーガルVの林遣都(はやしけんと)&米倉涼子(ヨネクラリョウコ)

そうした中で、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は駅のホームで痴漢トラブルに遭遇し、一流企業勤務の安田勉(アンジャッシュ・児嶋一哉さん)が若い女性(山谷花純さん)から「お尻を触られた」と糾弾されているのですが、安田は無実を主張しており、この痴漢冤罪事件を見過ごせなかった青島が安田の弁護を引き受けたところ…という展開となっていました。

テレ朝ドラマ・リーガルV第1話のシーン画像

第1話を終えてネット上では、

  • 米倉はドクターXとは違う味のキャラを出しているが、取り巻きがドクターXのノリだからね。まぁ、内容は面白いし今後の展開に期待できる。
  • 大門先生ちょっと抜けてないけど見ててスカッとする 平凡だけどキャストも豪華だし、安達祐実と荒川良々がいい味だしてる!
  • 米倉さんの毒気はまだそれほど発揮されていない感じだけど、脚本的には今後面白くなる気配は感じた。法律を盾に裏をかく、またその裏をかいていくようなストーリー展開を期待。米倉さんが前面に出てくる分、菜々緒さんがどんなキャラで設定されているのかも少し楽しみ。
  • 職業が変わって、組織の中の立ち位置を変えて、違うものを見せようとしているけど、1話完結のスカッとする展開がいい。ドクターXの大門未知子が強烈なキャラクターだから、その後となるとなかなか難しいと思う。脚本家がかなり苦労しそうだなと思う。それなりにおもしろかったので、来週も観ようと思う。
  • ドクターXと同じテンポの良さ、同じ軽快さがあっていいと思いました。勝村さんの続投はうれしいですし、髙橋さんが三の線でいっているところがものすごくいいです
  • 面白かった。来週からも見たい。演出がそうなのかもしれないけど、主役のキャラがあまりにも未知子過ぎて、少し変えて欲しかった。
  • ドラマとしてはおもしろかったけれど、米倉さんってこういう破天荒な役しかできないのかなって思うほど、路線は大門と同じだった。もう少し違う米倉さんを観たい気がする。
  • スカッとする場面が割とあっていい感じ。劇中音楽が何気にレベル高くて高揚感煽ってくれる。登場人物のキャラが立ってて無駄がなく、米倉さんの抜群のスタイルのファッションなり色白林くんのポチ可愛さ、向井理かっけーとかそういったお楽しみもあり、久々面白いドラマと思った。

などのコメントが寄せられています。

米倉涼子さんが『ドクターX』以外の連ドラで主演するのは5年半ぶりで、今回は元弁護士役に挑戦するということで大きな期待が寄せられていたのですが、第1話終了時点では内容を評価する声が多く上がっています。

『リーガルV』は『ドクターX』とスタッフが同じことから、主人公のキャラが同じといった指摘も上がってはいますが、『ドクターX』と同様に見た後にスカッとする勧善懲悪のストーリーを評価する声や、米倉涼子さんの脇を固める高橋英樹さん、荒川良々さん、安達祐実さんなどの演技も良いという反応がみられ、まずまずの好感触といった感じかなと思います。

そのため、今期トップの視聴率をこのままキープできるのかに注目で、今期は14日から阿部寛さん主演の『下町ロケット2』(TBS系 日曜21時)がスタートするため、激しいトップ争いが繰り広げられそうです。

ちなみに、2015年10月期放送の『下町ロケット』は、初回16.1%、第5話が20.2%、第8話が20.4%、最終回が22.3%で、全10話の期間平均視聴率は18.5%となっており、果たして今期は『リーガルV』か『下町ロケット2』か、それとも別の作品がトップとなるか今後の展開に注目ですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について