『マツコの日本ボカシ話』が日本生命からの圧力で打ち切り正式決定!!生保レディの過激な暴露が仇に!!

マツコデラックス

10月22日にスタートした『マツコの日本ボカシ話』(TBS系)は、TBSの内規に抵触したことで初回放送のみで番組休止を続けていましたが、番組を打ち切ることをTBSが同日夜の代替番組の人間観察バラエティー「モニタリング」傑作選の放送前に、テロップ画面で「『マツコの日本ボカシ話』は、全編ボカシという表現・演出方法に、局の内規に抵触するおそれがあるため、一旦、番組の放送を休止していましたが、慎重に検討した結果、番組を終了することを決定しました」と番組終了を報告し、「番組を楽しみにして頂いた視聴者の皆様や、ご出演頂いたマツコ・デラックスさん、その他、関係者の皆様には、大変ご迷惑をおかけした事を、お詫び申し上げます」と視聴者や司会のマツコ・デラックス(41)らに謝罪しました。

問題となった1回めの放送では生命保険の営業担当の女性2人が登場し、都内の喫茶店でマツコと対談。

常時、2人の顔に濃いボカシを入れて音声も変え「契約を取るために“枕営業”をした」などの体験談を披露していた。

これにネットでは、

「出てたの生保レディですらなかったって噂だけど」

「TBSの大株主が日本生命、ほこたての捏造騒動でこの番組のやらせ、捏造が暴かれるとおもった。以上が敗因」

「生保が圧力かけたんだろ、スポンサー撤退と天秤にかけたら終わって当然」

「こんなんだから、テレビ離れが進むw生保業界も酷いな。冗談半分という態度でいればいいのに。大人気ない。」

「深夜くらい自由にやらせればいいのに」

などのコメントがありました。

保険業界のイメージを悪くし、会社の存続を揺るがすような発言をしていたので、日本生命?はTBS側に強く抗議したのでしょうね…。

幻となってしまいましたが、第2回の放送では銀行員が出演するはずだったのですが、これもお蔵入りとなってしまいましたね。
生保レディの暴露ぶりからかなりのものを期待していたので、残念です。

今回この騒動についてマツコさんは全く語っていませんが、この番組打ち切りをどう思っているのでしょうかね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について