『まだ結婚できない男』第1話視聴率、初回のあらすじ内容紹介。夏川結衣や国仲涼子が出演せずネットでは不満の声も…

阿部寛

阿部寛さん主演ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系 火曜21時)の第1話が9日に放送され、関東地区の初回平均視聴率は11.5%、関西地区は15.7%を記録していたことが明らかになりました。

『まだ結婚できない男』は、2006年7月期に放送された『結婚できない男』の続編となる作品で、阿部寛さんは前作に引き続き、皮肉屋で偏屈、プライドが高くてこだわりも強く独善的、でもどこか憎めない性格をしている建築家・桑野信介を演じており、前作から13年が経ち、53歳になった現在も以前と同じマンションに暮らし、独身生活を謳歌しているという設定です。

ちなみに、前作で交際に発展した夏川結衣さん演じる女医・早坂夏美とは、結婚できずに破局しています。

そんな桑野の周りに新たな女性たちが現れ、ヒロインの弁護士・吉山まどか役には吉田羊さん、離婚裁判中の人妻でカフェの雇われ店長・岡野有希江役に稲森いずみさん、桑野の隣の部屋に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀役には元乃木坂46の深川麻衣さんが起用されています。

<↓の画像は、『まだ結婚できない男』出演の阿部寛さん、稲森いずみさん、吉田羊さんの写真>
『まだ結婚できない男』出演の阿部寛・吉田羊・稲森いずみ

8日放送の第1話のあらすじ内容は、日課としているエゴサーチで、桑野のことを非難している“やっくんのブログ”の検索ランキング順位が上がっていることに気付いた桑野は怒りをあらわにし、近所で弁護士事務所を構える吉山まどかに相談します。

桑野はまどかに対しても偏屈な発言を連発し、まどかに対して桑野が「え、独身なんですか?」と言って含み笑いを浮かべ、まどかが「そういうのって敵を作りやすいスタイル」と指摘するものの、そんな嫌味は気にしない桑野は後日、まどかの実力を見るために裁判所を訪れ、まどかが出廷する離婚裁判を傍聴しました。

その離婚裁判でまどかは、夫からの離婚要求に同意しない妻・岡野有希江の代理人を務めており、この日の裁判では原告の夫の浮気が争点になっていたのですが、夫の浮気を決定づける証拠が無いため有希江は不利な状況でした。

裁判が終わった後にトイレへ行った桑野は偶然、原告の夫と弁護士の話を聞いてしまい、「お金よりも平穏な暮らしがしたい」と和解の提案を受け入れようとする有希江に対して、桑野は「和解はどうかな…」と余計な口出しをしてしまいます。

その後、帰り道に泣きながら歩く有希江のことを放っておけなかった桑野は、有希江が店長を務めるカフェまで送っていくことになりました。

そして、桑野は設計した物件の工事現場へ視察へ行った際に、有希江の夫と愛人とみられる女性が親しげに向かいのマンションに入っていく姿を目撃、夫は財産が少ないとされていたが隠し財産がある様子で、その姿を目撃されたことを知った夫は慌て、桑野に口止め料としてお金を渡そうとします。

一方で、桑野の隣の部屋に戸波早紀が越してきて、桑野は早紀の荷物をジロジロ見ながら話しかけたり、相変わらず大音量でクラシックを聴いたりするのですが、そんな桑野に対して早紀は…というストーリーでした。

<↓の画像は、『まだ結婚できない男』人物相関図の写真>
まだ結婚できない男の人物相関図

そんな第1話終了時点での視聴者の反応を見てみると、

  • 13年経って偏屈ぶりにも磨きがかかったけど、13年の間に1度古代ローマ人になってるから顔も一段と濃くなった(笑)
  • 夏川結衣と吉田羊、国仲涼子と深川麻衣、高島礼子と稲森いずみを入れ替えた感じ?
    桑野信介のひねくれ度は上がってたね、面白かったです。
  • あの前フリだと女医先生も出てきそうで期待ですね。金魚もさりげなく成長してたしケンちゃん2世も出演し前作ファンにとっては嬉しい要素が散りばめてありました。
    視聴率に関係なく楽しめる続編だと確信しました
  • やはり最高に面白い。時代の変化に合わせてエゴサーチを取り入れたり、細かな演出が所々に散りばめられていて、本当に良かった。
    前作と同じ脚本家スタッフらしいね。十分納得。一時間があっという間だった。これからまだまだ面白くなる予感。期待している。
  • 前作とは明らかに人間味を感じた。お隣さんに声かけたり、泣いてる女性とタクシーなんて以前は考えられない。成長したな、桑野(笑)
    しかし、さらっと早坂先生と付き合ってたって言ってたけど、どうやって付き合ってなんで別れたのかの方が本編より気になる…
  • 面白かったけど13年前の作品のほうが面白かったなー。でもまだ1話目なので今後に期待
  • やはり夏川結衣、高島礼子、国仲涼子の存在は大きかった。特にお隣さんは誰?って感じ。
    シリーズ1のいいところは夏美先生、沢崎、みちるの桑野に向かうベクトルの描き方。
    シリーズ1の完成度が高く、本作は蛇の足になると別に期待はしていなかった。
    新しいドラマとして見れば腹も立たない。シリーズ1を知らないほうが楽しめるかもしれない。
  • 前作と比べ、出会い方が強引な感じがしたかな…。
    高島さんは元から関係があった役だったし、他の2人も桑野の腹痛をめぐるトラブルを気に自然に知り合っていってたが、今回は自身のエゴサをきっかけに知り合っていく…
    エゴサ自体、前作の桑野ならどんな批判的な意見も「勝手に言ってろ、俺は知らないね」で済ましそうなのに、今回はなぜか不自然に気にして…
    稲森いずみにも、なぜか不自然に興味を示してるし…。残り一人の隣人にも「何か?」と声をかけられたとき、これまた不自然に「隣の桑野です」と自己紹介してたり。
    前作なら「いや別に…」と、興味を示しながらも素知らぬ顔をしそうなシーンだったのに…。
    13年の歳月が、桑野を変えたのでしょうか。
  • 相変わらずの桑野で安心した反面、前作と比べるとストーリーに少し人間臭さが入ってきてるような気がした。
    個人的に、前作の強みは桑野が周りの登場人物と比べて圧倒的な変人っぷりが魅力であり、良い意味で癖でもあったから、今作も桑野にはもっとぶっ飛んだ変人っぷりを期待したい。

などのコメントが寄せられています。

前作に出演していた桑野の家族等は引き続き出演となっているのですが、前作でヒロインを演じた夏川結衣さんをはじめ、隣人役の国仲涼子さん、桑野の仕事仲間役の高島礼子さん等は現時点で出演が発表されておらず、前作のファンからはやはり不満の声が上がっています。

<↓の画像は、前作『結婚できない男』のメインキャストの写真>
フジテレビドラマ『結婚できない男』
(左から塚本高史さん、高島礼子さん、阿部寛さん、夏川結衣さん、国仲涼子さん)

その一方で、阿部寛さんの変わらない演技などには絶賛の声が多く上がっており、新たに登場した吉田羊さん、稲森いずみさん、深川麻衣さん等と今後どのような展開を迎えるのかにも注目が集まっており、今後さらに盛り上がっていきそうな感じはしますね。

そして、初回平均視聴率は関東地区が11.5%を記録しましたが、13年前に火曜22時枠で放送の前作は初回20.2%、最終回では自己最高の22.0%、全12話の期間平均視聴率は16.9%でした。

現在は視聴スタイルが大きく変化し、録画視聴する人も多いことから、13年前の数字と単純比較することはできず、今年7月期に火曜21時枠で放送の三浦春馬さん主演『TWO WEEKS』は初回8.4%、同4月期放送の松坂桃李さん主演『パーフェクトワールド』は初回6.9%、同1月期放送の木村佳乃さん主演『後妻業』は初回8.7%と、1ケタで推移しています。

フジテレビ系の関西テレビが制作するこの枠は、2016年10月期から火曜22時から21時に移動し、2017年1月期放送の草彅剛さん主演『嘘の戦争』が最も高い期間視聴率を記録しており、全10話の平均が11.3%、初回は11.8%でした。

初回最高視聴率は、2017年4月期放送の小栗旬さん主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の13.9%(期間平均は10.6%)で、『まだ結婚できない男』は火曜21時枠の中でTOP3に入る好スタートを切ったので、今後視聴率がどのように推移していくのかにも注目したいですね。

5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NjgwNDgx

    よくわからんけど、とても面白かったよ

  2. 2
    匿名
    ID:MjA3NzgxNDk1

    夏川結衣さんは結婚してないし「まだ結婚出来ない男」に出たら生々しくて女のプライドが傷ついたりするかもよ。
    新しいパターンで面白かったからいいんじゃない?ワンパターンになるより。

  3. 3
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    なんかつまんなかったな

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4NzE0NTUw

    やっぱり結男には夏川結衣と国仲涼子と高島礼子がいないとな

  5. 5
    匿名
    ID:MTc5MDYzNTE2

    女優陣は男優さんと違って見た目のブランクとかも気になるのかな。
    だからやはりヒロインは40前後の吉田羊さんだったのかなぁ?
    どのみち、面白かったからこれからも楽しみ!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について