『いだてん』全話視聴率大コケ、NHK大河ドラマワースト記録大幅更新。宮藤官九郎脚本、ネットでは話題になるも…

中村勘九郎&阿部サダヲ

歌舞伎俳優・中村勘九郎さんと俳優・阿部サダヲさんがW主演、宮藤官九郎さんが脚本を手掛けたNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK 日曜20時)が15日に最終回を迎え、最終回(第47話)の平均視聴率が関東地区8.3%、関西地区7.0%だったことが明らかになりました。

全話の期間平均視聴率は、関東地区が8.2%、関西地区が7.1%となっており、NHK大河ドラマ史上初めて1ケタの視聴率で終わり、歴代ワースト記録を大幅に更新する結果となっています。

『いだてん』はリアルタイム視聴率が伸び悩み、放送開始から1ヶ月後の2月10日に放送の第6話で初の1ケタとなる9.9%までダウン、それ以降は10%を下回り、42回連続の1ケタという記録的な低視聴率となっており、10月13日放送の第39話ではNHK大河ドラマ史上最低となる視聴率3.7%を叩き出しています。

NHK大河ドラマの1話あたりのワースト視聴率もTOP20をほぼ独占しており、ワースト視聴率1位から19位まで『いだてん』が占めるというコケっぷりで、5度にわたってNHK大河ドラマの歴代ワースト視聴率を更新しています。

ちなみに、『いだてん』放送前のNHK大河ドラマワースト期間視聴率は、2012年放送の松山ケンイチさん主演『平清盛』、2015年放送の井上真央さん主演『花燃ゆ』が記録した12.0%でした。

<↓の画像は、NHK大河ドラマ過去10作の期間平均視聴率>
NHK大河ドラマ近年の平均視聴率

そして、この結果を受けてネット上では、

  • 予算ものすごくかけたらしいけど、同じ予算で時代劇作ってほしかった
  • 初回15.5%やったのが6話で1桁になって、それ以降ずっと2桁にならなかったのが全てや
  • いだてんは余計なことしすぎだなあ。大河枠にああいうの期待されてない。長々と1年も見る気が起きなかった
  • 食卓で垂れ流してたからおおかたは見たけど、バカにされるほどつまらんわけではない。掴みが悪かったのと視聴層かなぁ
  • 大好きなクドカン作品、しかもオリンピックがらみ、勘九郎主演!と、何年かぶりに大河を楽しみに観始めましたが、3回くらいで観て、あとは飛び飛びになり、まったく観なくなってしまった。
    面白かった、という声がネットでは多いが もう少し我慢して観続けたらよかったってこと?やはり初回でグッと掴んで欲しかった。
  • 結局最後まで見ちゃったけど、ここ数年の大河の中じゃ1番楽しかった。近代以降はもっと取り上げて欲しい
    戦前の芸能界なんか割と面白い人物や逸話があるんだけどな
  • 個人的には面白かった。特に後半の半年ぐらいはぐっと引き込まれた。
    戦後復興の象徴でもある東京オリンピックの成功の影には選手たちも含めこんなに汗と涙が流れてたことを知った。
    時代劇の大河もいいんですけど、たまにはこういう大河も悪くないと思った
  • 1年間見続けてよかった。楽しかった。一話たりとも時間を返せと思う回が無かった。
    低視聴率ゆえに叩かれたりもしたけど面白い作品を見せていただいて感謝
  • 結論から言えば、後半の内容がすごく良かったので、前半でファンを失ったのが痛かったのかな。
    平清盛の時も思ったけど、最初の数カ月で視聴者に与える印象って大事なんだろうな。

などのコメントが寄せられています。

『スポーツニッポン』(スポニチ)によれば、『いだてん』はネット上で大きな反響を呼んでいたものの、序盤にメインターゲットのF4層(女性65歳以上)とM4層(男性65歳以上)が離れてしまい、第1話と最終回直前の第46話の割合を比較すると、F4層は3分の1、M4層は半分以下まで視聴数が激減、F3・M3層(50~64歳の男女)も半減していたといいます。

さらに、同時間帯では昨年10月からレギュラー放送がスタートした『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が、平均視聴率20%前後の高視聴率をキープしており、こうした裏番組の存在によって苦戦が続いていたとしています。

『いだてん』は、2013年放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』などを手掛けた人気脚本家・宮藤官九郎さんが脚本を担当し、2020年の東京五輪を目前に控えて東京と五輪をテーマに、日本が初参加した1912年のストックホルム五輪から1964年の東京五輪まで、激動の半世紀を描いていました。

NHK大河ドラマで近現代を描くのは、1986年放送の三田佳子さん主演『いのち』以来33年ぶりとなっており、NHK大河ドラマファンからは否定的な声が上がる一方で、宮藤官九郎さんが脚本を手掛けるということで期待する声もありました。

<↓の画像は、『いだてん』最終回にタクシー運転手役で登場した宮藤官九郎さんの写真>
いだてん最終回登場のクドカン(宮藤官九郎)

しかし、宮藤官九郎さんが得意とする独特なストーリー展開がNHK大河ドラマ視聴者層に上手くハマらず、序盤に多くの視聴者が離れてしまったことによって、全体の評価はそこそこだった一方で、視聴率獲得に苦戦したのではとみられていますが、それにしてもここまで大コケするとは思いもせず、脚本を手掛けた宮藤さんも大きなショックを受けている様子で、今年2回も胃カメラを飲むほどストレスを感じていたことを明かしています。

宮藤官九郎さんがこれまで手掛けた作品に慣れ親しんでいる比較的若い層から支持を集めていた一方、NHK大河ドラマ特有の重厚感のある作品を支持する層が序盤で離脱してしまい、せっかく東京五輪前に五輪をテーマとして取り上げ、豪華キャストを揃えていたにも関わらず、リアルタイムで視聴していた人が10%以下というのは何とも残念な話です。

『いだてん』が大きく数字を落としてしまったことによって、来年以降のNHK大河ドラマは大丈夫かという不安もありますが、来年は長谷川博己さん主演の『麒麟がくる』が放送され、こちらは戦国大名として有名な明智光秀が主人公の作品ということもあり、数字が大幅に上昇する可能性があります。

今年の『いだてん』は残念な結果でしたが、来年は多くの視聴者から絶賛されるような仕上がりになっていることに期待したいです。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/16/kiji/20191215s00041000482000c.html
  • https://www.sankei.com/entertainments/news/191216/ent1912160001-n1.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/16/kiji/20191216s00041000148000c.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/15/kiji/20191214s00041000322000c.html
  • https://www.j-cast.com/2019/09/24368362.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について