羽生結弦選手が会見で現役続行や次の五輪出場に前向き発言。足ケガで棄権レベルの状態を告白。ネットで厳しい声も…

スポーツ
  • 5

羽生結弦選手

北京冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで、94年ぶりとなる五輪3連覇を逃し、4位入賞となった羽生結弦選手(はにゅう・ゆづる 27歳)が14日に記者会見を行い、試合前の練習で完全に棄権レベルの捻挫をしていたことを初告白したほか、現役引退も囁かれる中で、現役続行に前向きな姿勢を示したことで話題になっています。

14日に行われた記者会見は、羽生結弦選手が何かを発表するために開いたものではなく、国内外の複数のメディアから個別の取材申請が多く寄せられ、それぞれに対応するのが困難なことなら、記者会見形式でメディアの取材に応じました。

会見の冒頭では、会場に集った報道陣に対して感謝の言葉を述べたほか、金メダルを獲得したアメリカのネイサン・チェン選手の努力や演技を讃えた上で、「この大会に関係している方々、ボランティアの方々、そして今回氷を作ってくださった方にも感謝を申し上げたいです。もちろんショートプログラム(SP)の時に氷にひっかかってしまって、ちょっと不運なミスだなっていうか、悔しかった部分ももちろんあります。けど本当に滑りやすくて飛びやすくて気持ちのいい会場で、気持ちの良いリンクでした。本当にこの場を借りて、感謝したいと思います。ありがとうございました。」と語り、質疑応答に移りました。

10日に競技を終えて14日に練習を再開するまで、この数日間の気持ちの変化を聞かれると、「色んなことを考えました。自分が4回転半というものに挑んだこと、成功させきれなかったっていうこと、今まで頑張ってきたこと、道のりだとか、そしてその道のりの価値とか、結果としての価値とかいろんなことを考えました。けど、やっぱり足首がちょっと痛いこともあって、今日も練習であんまりジャンプやっちゃいけないって思ってはいたんですけど。痛み止めも飲んではいるんですけど、かなり強いものを許容量以上に。それでもやっぱりここで滑りたいなと思って今日滑らせていただきました。」と、足首を痛めていることを明かしました。

続けて、「足首に関しても今回この3日間ですごくたくさんケアしてくださったりとか、本当にまだ歩くのでさえもちょっと痛いんですけど、それでも最大限治療して下さったりとか。本当にサポートして下さったり、食事の面でも栄養の面でもケアしていただいたり本当にたくさん支えていただいているので、それにもっと感謝したいなって思わされた3日間でした」と振り返りました。

今後も4回転半ジャンプ(クワッドアクセル)に挑戦するのかについて聞かれると、「まだ自分の中でまとまってはないです」とした上で、「今回これを言うことが正しいのかどうかは分からないですし、言い訳臭くなってそれで色々言われるのも嫌だなっていう。平昌五輪の時もそうだったんですけど、何か言ったら絶対嫌われるっていうか、何かしら言われるんだろうなっていう怖い気持ちもあるんですけど、でも事実なので。前日の練習で足を痛めて4回転半で思いっきり、自分の中でも一番に(回転を)しめて、片足で降りにいって、その時に捻挫しました。その捻挫の程度も思ったより酷くて、普通の試合だったら完全に棄権していたと思います。今も安静にしていないといけない期間で、ドクターからは『10日は絶対安静にしてね』と言われている。当日の朝の公式練習であまりにも痛かったので、どうしようかなって思ったんですけど、6分間練習の直前、10分前ぐらいに注射を打ってもらって、出場することを決めました。」と、痛みを誤魔化して試合に出場したことを告白しています。

そして、「ケガをしていて追い込まれていて、ショートも悔しくて、色んな思いが渦巻いた結果としてアドレナリンがすごく出て、自分の中でも最高のアクセルができたと思っています。(中略)やっぱり自分自身はジャンプで『負けたくない』というか、あのジャンプだからこそ綺麗だって言ってもらえるし、僕はあのジャンプしかできないし。だから絶対に思い切り飛んで、思いっきり高いアクセルで、思いっきり早くしめてっていうことを追求しました。その結果としてジャンプとしての最高点にはたどり着けたと思っていますし、回転の判定も色々ありますけど、僕の中ではある意味納得しています。満足した4回転半だったと思っています。」「あれがアンダーだったとしても転倒だったとしても、うん。やっぱりいつか見返したときに、『羽生結弦のアクセルって軸が細くて高くて、やっぱりきれいだね』って思える、誇れるアクセルだったなと思っています」と、自身も納得のジャンプだったと語っています。

今大会が最後の五輪になるのか聞かれると、「ちょっと分からないです。えへへ。」とした上で、「やっぱりオリンピックをやってみて、オリンピックって特別だなって思いましたし。何より、ケガしていても立ち上がって挑戦するべき舞台ということもあって、フィギュアスケーターとしてそんなところは他には無いので、すごく幸せな気持ちになっていたので、また滑ってみたいなという気持ちはもちろんあります。」と、次の五輪出場について前向きな発言をしています。

その上で今後の目標については、「4回転半を降りたいなっていう気持ちはもちろんあって、それと共に自分のプログラムを完成させたいなっていう気持ちはあります。ただ、自分のアクセルが完成しちゃったんじゃないかなって思っている自分もいるので、これから先、フィギュアスケートをやっていくとして、どういう演技を目指したいかとか、どういう風にみなさんに見ていただきたいかとか色んなことを今考えています。まだ次のオリンピックとかどこでやるのかとか、まだちゃんと自分の中でも把握できていない自分がいますし、正直、混乱しているんですけど。でも、これからも羽生結弦として羽生結弦が大好きなフィギュアスケートを大切にしながら極めていけたらいいなって思っています。」と語っていました。

羽生結弦選手の会見ノーカット動画

このように現役続行にも前向きな発言をした羽生結弦選手の会見に対してネット上では、

  • 引退会見かと思ったら、え?
  • 今日じゃないといかん内容だったん?オリンピックって終わってないよね
  • 10日安静にしなきゃいけない状態でトリプルアクセル飛んで笑顔。流石、元金メダリストは普通の人間の感覚と違う
  • 万全ではないなか、最大限の力を出して演技をみせてくれてありがとうございました。
    今回のオリンピック、悔いが残る事も多いと思いますが、私は貴方様の表現力、磨かれた演技に感動しました。
  • 羽生選手は捻挫を繰り返し、捻挫癖がついてしまっている可能性かあるので4Aにチャレンジすることはそれ自体大変なリスクがあったはず。
    本当に大変なチャレンジだったと思う。でも羽生選手にしかできないチャレンジだったとも思う。彼の努力は普通の人の限界を有に超えてる。
  • もういいよ。足首痛めてようが練習で飛べてない四回転半は飛べなかった。既に構成でネイサンに勝ち目も無かった。言い訳大王カッコ悪い
  • 大事な大会前にコンディション合わせられないなんて、チャンピオンとしてあるまじき恥を隠さず、曝け出せるユズくん素敵。普通なら恥ずかしくて公にできないよ!
  • 今後についての明言は無かったが、やり終えた感があるのは伝わってきたね。まぁまだ進退を決めるには時間が浅すぎると思うが、しっかり考えて決断して欲しい。
    まぁ競技は引退してもアイスショーとかの道もあるわけだし
    しかし、インタビュー中も徹頭徹尾「羽生結弦」だったね。それが嫌とかキャラを作ってるとか言われるけど、あそこまでブレなければ立派
  • 点数制の個人競技なのになんで試合前に言わないんだろう。本人も言ってるけど言い訳に聞こえるのはやっぱ後付けなのがダサすぎる。
    あとリトル羽生結弦の話もおとぎ話みたいでヤバかった。
  • 羽生結弦選手の謙虚でいて力強い日本の武士を思わせる、会見だった。心の優しさの中に、しっかりと芯のある受け答えに感動した
    本番前に強い痛みがあった事など、全く知られずに、あのような素晴らしい演技が出来る選手は、やはり稀有な選手だ
    沢山の感動はこれからも見せてくれる可能性は大いにあると感じた。年齢を重ねた別の大人の魅力を引き出して、次のチャレンジに向かって欲しい️今後もずっと応援します

などの声が上がっています。

『日本オリンピック委員会(JOC)』が13日に、羽生結弦選手が記者会見を開くことを発表したことで様々な憶測が飛び交う事態になったため、JOCが「羽生選手からの発表会見ではございません」と異例の補足説明を行っていたのですが、それを知らずに会見を見た人も少なくなかったようで、現役引退を発表するのかと思ったとの声も多く上がっています。

また、羽生結弦選手が試合前の練習で再び足を負傷し、それが全治10日の捻挫だったこと、普通だったら棄権するレベルだったことを告白したことに対して、言い訳するために開いた会見だったのか、そんな話は今聞きたくないと否定的な声も上がるなど物議を醸しています。

羽生結弦選手は4回転半ジャンプ(クワッドアクセル)といった新技への挑戦などで、身体を酷使し過ぎてこれまでに何度も足をケガしており、2018年には練習中に着地に失敗して古傷の右足首を負傷し、2019年にも右足を負傷して、そこから数ヶ月ケガの治療に専念するなどしていました。

そうしたケガを何度も乗り越えながら、羽生結弦選手は4回転半ジャンプへの挑戦を続け、今大会では残念ながら転倒によって、回転不足の判定が下されましたが、『国際スケート連盟(ISU)』が4回転半ジャンプを公式に認定しました。

そして、羽生結弦選手は今大会での演技にある程度満足していているとした上で、今後の五輪出場、競技継続に対しては前向きな発言をしており、羽生選手のことを応援しているファンは国内外に多くいるため、これからも羽生選手らしい演技に挑戦していってほしいですね。

5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    あと出しはダサいという意見がある。確かにそうだけど、あのとことんストイックな羽生選手が言及したところをみると、調整できず万全の状態で挑めなかったことが悔しくて、口から出たんだろうさ。言い訳めいて恥ずかしい発言なのは、自分が一番わかってるはず。

    これまで数々の栄光を築いて、その上で前人未到の大技にオリンピックで命懸けで挑戦して、失敗したら会見までして。そこまでしてるんだから、悪く言わないでもいいと思うんだけどな。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    悪く言う人の気持ちが知れない!

  3. 3
    匿名
    ID:MzA2OTkzOTk3

    悪口しか言えない人はその人の事が羨ましいんだよ!
    どんだけ大変か自分で経験してみろ!
    なんで素直にお疲れ様が言えないんだろうね!

  4. 4
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    先に言っても後に言っても叩かれる…
    出る杭は打たれるかな…
    映像見ても痛そうだね
    色々言う人は妬ましいから言うのかな…

  5. 5
    匿名
    ID:MjI0NzYxNjY3

    常に批判から入る人は可愛そうですね。自分ならここまでかも、病気に負けてるかも(実際私は重病です)と認識してその上で、羽生さんは意思が強い、前向き度がはんぱじゃないと喜んでもいいのでは?そんな救世主のような日本の、いや世界のスケートで金字塔を建てまだその先を行こうとしている、そんな方がいると素直に喜んで感謝してもいいのでは?

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!