浅田舞が個人事務所ロリーズ設立し独立、需要なしと厳しい声も…ワンオクTakaと破局し新たな道へ

浅田舞

プロフィギュアスケーター・タレントの浅田舞さん(あさだ・まい 32歳)が15日、現役時代から15年にわたって所属していた事務所『IMG Japan』から独立したことを発表しました。

浅田舞さんは15日に、自身の公式サイトやインスタグラム上で、「私、浅田舞は2020年8月31日を持ちまして、15年間お世話になりましたIMG Japanを退所し、独立させて頂く事となりました。これまで私を自分の娘のように育てて下さったマネージャーさん及び事務所関係者の皆さま、いつも応援して下さるファンの皆さまには心から感謝申し上げます。」と独立を報告しています。

今後については、「更に自分の可能性を信じて、様々な事に挑戦し、より一層皆様に笑顔をお届け出来るよう努めてまいりますので、暖かく見守って頂けますと幸いです。宜しくお願い致します。」と綴っています。

また、関係者向けに発表のコメントでは、「2020年8月31日にてインターナショナル マネージメント グループ・オーヴァーシーズLLC 東京支社(IMG Japan)との専属契約を終了し、9月1日より予てより設立しておりました個人事務所『株式会社ロリーズ』にてマネジメント業務を行なう事になりましたので、ご報告申し上げます」と、個人事務所の設立を報告しています。

そして、浅田舞さんの事務所独立発表に対してネット上では、

  • 事務所にも、妹にも頼らず、是非頑張って
  • タレント?としての需要がそんなにあるのかな
  • 水着グラビアの復活を期待します
  • 一時期、結婚に向けて仕事を制限してたのに別れちゃったからね。これを機にまた色々な仕事に挑戦して頑張ってください。応援してます。
  • 「自分の可能性」?15年間そこそこの露出があっても冴えない現状なのに?そういう勘違いな所が冴えない原因じゃないのかね!?
  • アスリート事務所だからタレント擬きのこの人に合わないのも分かる
  • この人の場合はスポーツビジネス中心のIMGから離れるってだけで、他の人の独立話とは違うような。
  • タレントとしての需要はないだろ。いいとこ地元名古屋のローカルタレントぐらい

などの声が上がっています。

浅田舞さんが所属していた『IMG(インターナショナル・マネジメント・グループ)』は、主にアスリートのマネージメントなどを行っている事務所で、日本では妹の浅田真央さんも所属しているほか、フィギュアスケートの宮原知子選手、三原舞依選手、本田真凜選手、テニスの錦織圭選手、大坂なおみ選手、松岡修造さん、ゴルフの大山志保選手、宮里美香選手、卓球の石川佳純選手らが所属しています。

浅田舞さんは2018年末に浅田真央さんのアイススケートショーを卒業して以降、スケートの仕事からは離れてタレント活動がメインとなっていたこともあり、事務所独立を決意したのでしょうかね。

また、結婚も囁かれていたロックバンド『ONE OK ROCK』(略称:ワンオク)のボーカル・Takaさんとは昨年破局しており、プライベートの変化も関係しているのでしょうか。

事務所独立後はどういった活動をしていくのか、浅田真央さんとの共演は可能なのかなど、色々と気になるところはありますが、浅田さんは舞台に出演するなど女優活動もかつて行っており、事務所独立で今後は仕事のオファーが減っていく可能性はあるものの、ファンが喜ぶような新たな活動を展開していってほしいです。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/15/kiji/20200915s00041000089000c.html
  • https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000065554.html
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NjkzNzc4

    妹の七光りのイメージです

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について