ラグビーカナダ代表選手が岩手県釜石市で清掃ボランティア活動。ナミビア代表は宮古市で交流会開催。試合中止も粋な対応

ラグビーワールドカップ2019

13日に予定していた『ラグビーワールドカップ』の1次リーグB組「カナダ×ナミビア」の試合が台風19号の影響で中止となり、両チームの選手たちが滞在先の岩手県でボランティア活動に参加したり、ファンとの交流会を行っていたことが明らかになりました。

カナダ代表の選手やコーチらは13日に、滞在先の岩手県釜石市でこれまでの応援などに対する感謝を示すため、台風の影響で約1メートル冠水した地域の土砂を片付ける清掃ボランティアに参加しました。

<↓の画像が、岩手県釜石市内で清掃ボランティア活動をしたカナダ代表選手等の写真>
ラグビーカナダ選手が岩手県釜石市でボランティア活動を行った画像

選手等はスコップやブラシなどを持ち、道路や家屋に流れ込んだ土砂を掻き集める作業を2時間にわたって行ったそうで、地元男性はメディアの取材に対して、「たくましいけど、やさしい心を持っている人たちだと思いました。手伝ってくれてうれしかったです」と話しています。

ラグビーカナダ選手が岩手県釜石市で清掃ボランティアに参加、泥掻きをしている姿

また、カナダ代表のアンドリュー・コー選手は取材に、「釜石の思いやりに触れ、素晴らしい時間を過ごすことができました。日本で貴重な経験をすることができたことを感謝したい」、ジョシュ・ラーセン選手は「試合ができずに失望したが、後かたづけの手伝いができ、(住民らに)勇気づけられた」とコメントしています。

一方でナミビア代表の選手等は、台風で被害を受けた滞在先の岩手県宮古市の市民を元気付けたいとして、ナミビア代表側から宮古市に打診し、市内の駅前広場や市民交流センターを訪問して交流会を行いました。

なお、カナダ代表とナミビア代表は最終戦が中止になったことで引き分け扱いとなり、0勝1分3敗で共にリーグ敗退となっています。

<↓の画像が、岩手県宮古市で交流会を行ったナミビア代表選手等の写真>
ナミビア代表選手が岩手県宮古市で交流会をした画像

そして、両チームの活動に対してネット上では、

  • ありがとうカナダ、ありがとうナミビア。
  • 何と素晴らしい行動だろう。試合が出来ず悔しい気持ちもあっただろうに、頭が下がります。
  • 自分達のラグビーに集中するだけでなく、被災した人々を救う心の温かさと余裕が凄すぎる。感謝です。
  • 本当に素晴らしい。いくら気象の条件とはいえ4年に1度の大会が中止になってしまったのに文句を言わずボランティアまでしていくなんて…
  • 本当に素晴らしい。感動しました。ラクビーは、他者に対する「リスペクトの精神」をとても大事にするスポーツだと常々思ってきましたが、それを証明していただいた思いです。ありがとう!
  • 自然と涙が出ました。カナダ代表の皆さん、ありがとうございます。試合の中止は残念でしたが、日本は試合以上の感動を頂きました。
    4年後のW杯では更なる飛躍を期待します。
  • カナダ代表には感謝しかない!!まだ勝ててないチームがゲームとは別に助け合いの心を持っていた事に感動を受けます。素晴らしい代表チームです。
  • カナダも、ナミビアも、本当にありがとう。いつか必ず両国代表が釜石でテストマッチをできるよう、関係者の尽力をお願いしたい。
  • 本当にありがたいことです。是非ともカナダ、ナミビアの選手をご招待して実現できなかった試合を今後恩返しで満員の釜石の競技場でやらせてあがたい。
  • 今大会勝ちはできなかったがカナダもナミビアも多くの日本ファンができただろう。
    だからこそどちらかに今大会初勝利(ナミビアは大会初勝利)をして欲しかったし、なにより両国の試合をみたかった。
    でも安全を考えたらしょうがないし、選手の心意気にただ感謝

などと、両代表チームの行動に対して感謝や称賛の声が多数上がっています。

ナミビア代表は1999年からラグビーワールドカップへの出場を続けているのですが、いずれも予選リーグ敗退に終わっているほか、ワールドカップでの勝利がまだないことから、カナダ戦に最後の望みをかけていましたが、残念ながら台風の影響で試合中止となり、悲願の初勝利は持ち越しとなりました。

一方のカナダ代表も今大会では、イタリア、ニュージーランド、南アフリカに3連敗を喫しており、ナミビア代表と同様に予選敗退は決定していたものの、最後のナミビア戦こそ勝利して今大会を締めくくりたかったと思います。

両代表の選手たちもまさか台風で試合中止となり、4年に1度のワールドカップが終了するとは思わなかったでしょうし、相当悔しい気持ちだったのではと思いますが、合宿地の方々に感謝の意を示すために、清掃ボランティア活動に参加したり、市民との交流会を急遽行うというというのは本当に素晴らしく、今後もしカナダやナミビアで災害などがあった際には、何らかの形で協力したいという思いになりましたね。

両代表とも今大会は残念な結果となりましたが、さらに4年後の2023年にフランスで開催されるラグビーワールドカップでは、最高の結果を残してもらいたいです。

参照元
  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191013/k10012129691000.html
  • https://www.sankei.com/sports/news/191013/spo1910130025-n1.html
  • https://www.facebook.com/city.miyako/posts/3014580798768087
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    すばらしい光景だね。こういう感動的な行動は、世界中でドンドンマネして欲しいね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について