ボクシング世界3階級制覇・長谷川穂積選手が現役引退を表明! WBC世界スーパーバンタム級王者のままで終止符! 今後の活動は…

長谷川穂積

ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者で、WBC世界バンタム級、WBC世界フェザー級と世界3階級制覇を達成した長谷川穂積選手(35)が9日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで会見を行い、現役引退を表明しました。

11日からアメリカ・ハリウッドで開催のWBC総会に出席し、王座を返上する予定とのことです。

長谷川選手は今年9月16日に行ったWBC世界スーパーバンタム級王座をかけた試合で、メキシコの同級王者のウーゴ・ルイス選手と対戦し、ルイス選手が9ラウンド終了時棄権により、5年5ヶ月ぶりに世界王者に返り咲き、世界3階級制覇を達成。

国内では最年長となる35歳9ヶ月で世界王座奪取に成功したことで大きな話題になりましたが、長谷川選手は「これがラストチャレンジだと思う。悔いのない試合をしたい」と明言して世界戦に臨んでおり、11月中旬に現役引退を決断したといいます。

長谷川選手は今回の会見で、「私、長谷川穂積は9月16日の試合を最後に引退することを決めました。」と現役引退を表明し、引退の理由については「自分自身に対してこれ以上証明するものがなくなったというのがひとつ。もうひとつは心と体と一致させて世界戦をして、世界チャンピオンになるという目標で戦ってきて、前回それを達成することができ、戦う理由ももうなくなって、前回以上の気持ちを作るのが難しくなったというのが大きな理由です。」と説明しました。

また、引退を決意した時期については、「試合終わってからやろうかな、もういいかなというのをずっと考えていて、11月の中旬くらいにはっきりした答えが出ました。ボロボロになって辞めるのもひとつの美学だと思いますし、多少の余力残してもひとつの辞め方だと思います。僕はチャンピオンのままできれば引退したい、自分が一番楽しいとき一番かなと思って過ごしてきたので、このタイミングが一番かなと決断しました」と話していました。

<↓の画像は、3つのチャンピオンベルトの前で撮影した写真>
3つのチャンピオンベルトを前に笑顔を見せる長谷川穂積選手

長谷川選手は、元プロボクサーの父親・大二郎さんの指導のもとで、小学校2年生の時からボクシングを始め、定時制高校を卒業後にボクシングジムへ入門し、そこから本格的にボクシングに取り組むようになり、1999年11月にプロデビューを果たし、2003年5月にOPBF東洋太平洋バンタム級王座を獲得。

2005年4月には世界初挑戦し、14度防衛中だったWBC世界バンタム級王者のウィラポン・ナコンルアンプロモーション選手と対戦し、3-0の判定勝ちで初の世界王座奪取に成功し、それ以降は10度の防衛に成功。

しかし、2010年4月に行われた11度目の防衛戦で、WBO世界同級王者のフェルナンド・モンティエル選手と対戦し、長谷川選手は連打を受けてダウン寸前になり、レフェリーストップが掛かってTKO負けとなり、王座陥落となりました。

この試合から7ヶ月後の2010年11月には、2階級上げてWBC世界フェザー級王座決定戦に出場し、同級1位のファン・カルロス・ブルゴス選手と対戦し、3-0の判定勝ちで2階級制覇を達成。

その後2011年4月に行われた初の防衛戦で、WBO世界バンタム級王者であり、WBC世界同級1位のジョニー・ゴンサレス選手と対戦し、TKO負けで防衛に失敗し王座陥落。

それ以降は5年5ヶ月にわたって無冠だったものの、2014年4月以来2年5ヶ月ぶりに挑戦した世界戦で、WBC世界スーパーバンタム級王者のウーゴ・ルイス選手にTKO勝ちし、世界3階級制覇を達成しました。生涯戦績は41戦36勝(16KO)5敗。

そんな長谷川選手の現役引退表明に対してネット上では、

  • 間違いなく歴史に残る名チャンピオンでした。お疲れ様でした!
  • 最後の試合で十分ですよ。歴史に残る試合最高でした
  • これまで十分にやってくれたので、良い決断だと思います。
  • いろんなボクサーがいるけどここ最近では、ボクシングにまっすぐで強く男気のあるボクサーでした。好きだったな長谷川穂積。お疲れ様でした。ありがとう
  • 最後までかっこいいボクサーでした。素晴らしい試合をありがとうございました。
  • 強い時も勝てなかった時も本当にかっこ良かった。歴史に残るチャンピオンです。お疲れ様でした。
  • 名ボクサー、名チャンピオン。そんな言葉が本当にピッタリ。人として言葉遣いや、謙虚さも素晴らしかった、お疲れ様でした。今後も応援してます

などのコメントが寄せられています。

長谷川選手はこれまで17年にわたってボクシングに命を懸け、人生を捧げてきた方で、様々な苦労を乗り越えて世界3階級制覇を達成するなど素晴らしい成績を残してきた方だけに、ボクシングファンらからは多くの労いの言葉が寄せられており、多くの方から愛されていた選手だったのだと改めて感じます。

引退後の活動についてはまだ明らかにはされておらず、今後もボクシング関連の仕事をしていくのかどうかも分かりませんが、長谷川選手は今回の会見で「これからのことは少しずつ考えてはいますけど、少しだけ年内はゆっくりして、来年から新しいステージでチャンピオンになれるように挑戦したい」と語っており、これから始まる第2の人生でも素晴らしい活躍を見せてほしいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について