ビッグダディが三女・林下詩美プロレスデビューの心境語る。スターダム・ロッシー小川社長は絶賛、一躍人気選手に?

ビッグダディこと林下清志

大家族ドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)に出演の三女・林下詩美さん(はやしした・うたみ 19歳)が12日、女子プロレスラーとしてついにリングデビューを果たし、父親でタレント活動もしている“ビッグダディ”こと林下清志さん(はやしした・きよし 53歳)が14日にブログで心境を綴っています。

現在身長165センチ・体重65キロの林下詩美さんは中学生時代からプロレスが好きで、女子プロレスラーになることが夢だったものの、下には弟や妹たちがいたとから昨年3月に高校を卒業後は、飲食店に1年間就職し、学費を援助してあげていたそうです。

しかし、3つ子の妹たちの高校受験も終わって一区切りついたことで、プロレスラーになる夢を叶えるため、今年3月に女子プロレス団体『スターダム』へ履歴書を送り、7月にプロテストを受けて入団を果たしました。

<↓の画像が、プロデビューを果たした林下詩美さんの写真>
ビッグダディの3女で、スターダム所属の女子プロレスラー・林下詩美

そこからはトレーニングに励み、8月12日に東京・後楽園で開催の大会に出場し、『スターダム』の先輩レスラー・ジャングル叫女さん(きょうな 27歳)とのシングルマッチに臨み、中学、高校と柔道部に所属していた詩美さんは「トップのパワーファイターになりたい」と掲げる通り、ジャングル叫女さんを持ち上げてアルゼンチン・バックブリーカーや、大外刈りなどの柔道技も仕掛け、15分間戦い抜いて引き分けに持ち込む大健闘を見せました。

<↓の画像は、林下詩美さんとジャングル叫女さんの写真>
ビッグダディの三女・林下詩美とデビュー戦の相手・ジャングル叫女

試合後のインタビューでは、「勝てなかったことを引いたら95点。(試合を観に来ていた)家族の前でカッコイイところを見せられたかな。ビッグダディの娘としてだけじゃなく、いいプロレスラーだと認められるように頑張りたい。これからはプロレスラー林下詩美として知ってもらいたいと思います」と語り、そんな林下詩美さんに対して『スターダム』のロッシー小川社長は、「センスがあるし、お客さんを引きつけるものがある」「大したものですよ。これで(2021年の)10周年記念大会メインの座は任せられる」などと絶賛していました。

ちなみに、林下詩美さんが裏表紙を今大会のパンフレット(1部2000円)は160部が完売し、写真の売り上げもトップだったといいます。

<↓の画像は、『スターダム』のロッシー小川社長と林下詩美さんの写真>
スターダム・ロッシー小川社長とビッグダディの三女・林下詩美

林下詩美さんのデビュー戦を観戦したビッグダディは、「とにかくプロレスが大好きだったのでその情熱が実った。将来的にはヒールでトップを狙ってほしい」と語っていたのですが、14日更新のブログで詩美さんのプロレスデビューを報告し、「観戦前に心配していたのは、結果よりもとにかくその内容でした。ちゃんとプロレスになっているかどうかということが、勝敗よりも何よりまず大事なことだと思うわけです。チケットを購入してくれている観客の前に立つわけですし、端くれとはいえプロですからね。観た限りでは、その点はなんとかクリアしたように感じてホッとしました。」と、デビュー戦の内容に安堵したことを明かしています。

<↓の画像は、デビュー戦の観戦に訪れたビッグダディファミリーの写真>
三女・詩美のプロレスデビュー戦を観戦したビッグダディの家族写真(次女・柔美の夫も)

続けて、「あの日……彼女はついに自分の夢の扉を、自らの力で開けました。彼女は自らが望む道を歩き始めました。親として……またひとつ安心が増えたのです。ありがたいことです。」と綴っています。

そして、林下詩美さんのプロレスデビューなどに対してネット上では、

  • しばらく見ないうちにみんな大きくなったな。
  • あの親父のムスメにしてはしっかりしてるな
  • 意外と真面目にやっててびっくり。息子はプロレス逃げ出したんだよな
  • 親父がリングで若い女にめったうちにされる未来が見えた
  • そのうちビッグダディがマスクかぶって乱入とかありそうだな
  • デビュー戦とは思えない度胸の良さ、リング上でも華があって良かったよ。これね、ダディの娘って言わない方が色眼鏡で見られなかったかもね。何でもかんでも悪く言われてかわいそう。
  • ビックダディの娘ということを抜きにしても、この子は女子プロレスの将来を担う選手になる気質を持っていますね。
  • アンチが多いけど、私は素直に子育ての結果は失敗ではなかったと思う。
    家庭環境複雑だとかビッグダディのこととか色々いう人いるけどさ。誰でもケチつけることは出来るけど、こうやって大人になってそれぞれの舞台にたってるところ見ると、この人なりの家庭でもきちんと育ったことは素晴らしいと思う。

などのコメントが寄せられています。

2013年にはビッグダディがイベントでプロレスデビュー、2014年には2番目の妻でタレント・美奈子さんもプロレスデビューを果たしたほか、同4月に当時16歳だった四男・源志さん(げんし 21歳)が高校を中退し、プロレス団体『みちのくプロレス』の入団テストに合格したのですが、2ヶ月後には自ら「辛いから辞めさせてほしい」と申し出て退団しています。

<↓の画像は、林下詩美さんと四男・林下源志さんの写真>
ビッグダディの子供・林下詩美と林下源志

このようにビッグダディファミリーは以前からプロレスに挑戦していたのですが、林下詩美さんまでプロレスラーになるとは思わず、これまでのパターンからまた話題作りでもしようとしているのではないかと疑う部分もあったのですが、詩美さんは他の家族とは違ってかなり本気の様子で、これからプロレスラーとしてどこまで成長していくのか楽しみですね。

ビッグダディが父親ということもあり、ネット上では否定的な声が多く見受けられますが、そうした声を跳ね飛ばすような活躍ぶりを見せ、トップ選手になれるように頑張ってほしいなと思います。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について