SMAP・中居正広は光GENJIに加入するはずだった!?加入出来なかった理由とは!?

中居正広 デビュー

スマップの中居正広(41)さんが、11日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、光GENJIに入る可能性があったことを明かしています。

中居さんは、1987年3月にジャニーズ事務所に入所しその年の秋には、前身の男性アイドルグループである『スケートボーイズ』に選ばれ、その後その中の6人で『SMAP』は結成されました。

今回中居さんが話した内容は、ジャニーズ事務所に正式に所属する前のレッスン生だった頃のことのようです。

話しのきっかけは、同番組の出演者の土田さんが「ジャニーズにはどうやってる入るのか?」と中居さんに聞いたことからだった。

中居さんはまず、ジャニーズに入るためには、ジャニーズ事務所に履歴書を送るのだと言い、その書類にジャニー社長が目を通し「いいな」と思った人に、レッスン参加の返事をしているという。

しかし、ジャニー社長が書類を見るのもタイミング次第、さらにレッスンに参加したからといって、ジャニーズ事務所に所属というわけではないそうだ。

中居さんがジャニーズ事務所に書類を送ったきっかけは、中学生の同級生がジャニーズに入っていたからだという。

そこで、友人5,6人で書類を送ってみたところ、中居さんにだけ返事が来たためレッスンに通うことになったようだ。

その後、元々ジャニーズに入っていた同級生は受験を理由にジャニーズを辞めたのだが、中居さんは受験勉強の必要がない高校を志望していたため、レッスンに通い続けることになったという。

しかし、中学2年生頃、後の光GENJIとなるメンバーとローラースケートの練習場に通っていたと明かし、レッスンのある土曜日は中居さんの遊びの日と決めていたため、結局練習には2回程参加しただけだったため、中居さんはこの頃のことを「ちゃんと行っていれば、光GENJIだったよね」と話した。

もしも練習日が土曜日ではなかったら、「光GENJIの中居正広」となっていたのか。

これにネットでは、

「中居が光GENJIに居たら何かウケるわ」

「結果SMAPで良かったよな」

「光GENJIのメンバーと大して歳が変わらないことに驚いた」

「光GENJIに加入してたら今頃普通のオッサンになってただろうね」

「こんなふざけた奴を事務所が雇ってくれるなんて、ジャニーズも寛容なところだな」

などのコメントがありました。

もし光GENJIに加入していたらと想像してしまいますが、光GENJIには中居さんと似たようなタイプの諸星和己さんが居ましたから、うまくいかなかったのではないでしょうかね。

またSMAPのメンバーを束ねるには中居正広さんは必要不可欠で、中居さんが居たからこそ、SMAPがここまでの国民的アイドルグループになれたと個人的には思いますね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTkxMzk0MjUz

    SMAPで良かった

コメントを残す