NHK紅白歌合戦司会に、白組は嵐、紅組は綾瀬はるかでついに決定!!

ジャニーズ テレビ番組・映画

綾瀬はるか 嵐 紅白

今年で64回目を迎え、12月31日に放送される『第64回NHK紅白歌合戦』の司会が決定したことが分かりました。

白組の司会は、2010年から4年連続でジャニーズのアイドルグループ嵐が務めることが決定し、紅組の司会は今年の大河ドラマ『八重の桜』で主役を務めた綾瀬はるかさん(27)が初起用されます。

紅組司会枠は他にも「梅ちゃん先生」の堀北真希さん(25)や、「おひさま」の井上真央さん(26)、「あまちゃん」の能年玲奈さん(20)が候補に挙がっていましたが、関係者の情報によると、綾瀬さんの朗らかで飾らない性格や、天然な明るい雰囲気を醸し出し、視聴者を楽しませてくれると期待しての起用だといいます。

これにネットでは、

「もうAKBとジャニーズだけでやればいいんじゃないかな」

「あまちゃんじゃないのか」

「えっ!?発表ってもうそんな季節か」

「嵐にするなら、イノッチの方がNHKに貢献してるんだからイノッチにしろよ」

「だんだんジャニタレ&「その年の大河ヒロイン」が司会をやるのが恒例になってきたな。」

などのコメントがありました。

2006年からSMAPの中居正広さんが白組の司会者を務めてから、これで7年連続ジャニーズのタレントが司会起用になっています。

嵐の紅白での司会はこれで4回目となり、SMAPの中居さんがこれまでに6回司会を務めており、これに迫る回数になりました。

そして、紅組の司会者は連続テレビ小説、大河ドラマのヒロインが起用されていて、紅白の司会者がパターン化していますね。

今後は白組の司会者は嵐、紅組はNHKドラマのヒロインが務めるのが定番化していきそうですね。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!